ロシアの電子ビザが使いやすくなるかも。極東ロシアを気軽に周遊可能に。

ロシア 電子簡易ビザ

皆様こんにちは。

先日仕事中にやほーニュースを見てサボって情報収集していると嬉しい記事を見つけました。

それは極東ロシアで導入されている電子ビザ制度がより柔軟な旅行に対応する法案が提出されたというもの。

これから審議を得て内容が変わる可能性がありますが極東ロシアが好きな私は嬉しいです。

ビザを取る事自体は簡単なのですが手間なのは間違いないですからね。

それではちょっと内容を見てみましょう。

 

スポンサードリンク

ロシアはビザが無いと入れない!

ビザ

まずはこれ。

世界最強の信用度を誇る日本パスポートを持ってしてもロシアにはビザが無いと入れません。

怪しい人を入国させないようにするための仕組みですが、ロシアにとって日本人はそういう風に見られているということです(;´∀`)

どちらかというと日本の背後にいるアメリカ兄さんの影響だとは思いますが・・・

ロシアのビザは以下の方法で取得が可能なのですが、ロシア大使館に行かないと申請と受け取りができないのでひと手間あるのも事実。

ロシア

ロシアの観光ビザの取り方解説 初めてのビザ申請でも簡単でした

2018年4月14日

そんな中2017年8月に「ウラジオストク自由港」制度がスタートし、ウラジオストクのみ電子申請可能な簡易ビザで入出国ができるようになりました。

ウラジオストクってどこよ?って方も多いでしょう。

↑ここです。

札幌と同緯度にあり、成田からなんと飛行機で2時間半で着く極東ロシアに位置します。日本から最も近いヨーロッパとも言われていますね。極東と言えども町並みはヨーロッパ風なのです。

ウラジオストクの町並み

2018年のGWにウラジオストクと近郊のハバロフスクを巡ってきた時の感想を↓の記事に綴っております。

スパソ プレオブラジェンスキー大聖堂

おそロシア→おもロシア 極東ロシアのすすめ【最も近いヨーロッパ】

2018年5月6日

近場でどっかいいとこないかなーって探している方にオヌヌメです。

少し脱線しましたが、ロシアはビザが必要な国であり、2017年8月からはウラジオストクだけならば簡易電子ビザで訪問が可能でした。

その後2018年8月に以下の都市が電子ビザの対象都市として追加されました。

  • ペトロパブロフスク・カムチャツキー(エリゾヴォ)空港
  • ブラゴベシチェンスク空港
  • ハバロフスク空港
  • ユジノ・サハリンスク空港
  • アナデリ空港

どこよ?wって方がほとんどでしょう。

こちらの記事に記載しているので気になる方はどうぞ。

S7航空

8月19日から極東ロシアの観光ビザが5都市追加に!シベリア鉄道が手軽に体験できるように

2018年8月5日

いずれも極東ロシアですがこれを皮切りにロシアへビザが不要なればいいと思っています。長い道のりだとは思いますが・・・

 

電子簡易ビザのデメリット

ロシア大使館に行かずとも手軽に申請が可能なので非常に便利な電子簡易ビザ。

が、簡易なだけあって制限もあります。

  • 滞在は8日以内
  • 入国した空港から出国する必要がある
  • 入国した連邦構成体(日本で言う都道府県)から移動は禁止

というものです。

現在電子簡易ビザの対象は6都市になりますが、対象都市間であっても移動は禁止されています。つまり周遊ができないということ。

mosariがGWの旅行で「ハバロフスクIN」→シベリア鉄道→「ウラジオストクOUT」みたいなことができないんですね。

せっかくロシアに来たらシベリア鉄道に乗りたいでしょう!

オケアン号

見よっ!この無骨でたくましいオケアン号を!

中はこんな感じ。

シベリア鉄道

寝台車なのでソファー部分がベッドにトランスフォームします。

シベリア鉄道

あーまた行きてぇ・・・

シベリア鉄道に乗った時の記事はこちら↓

ハバロフスク駅

おもロシア旅行記 ハバロフスク、ウラジオストク【極東ロシア】2

2018年5月19日

そんな素敵なシベリア鉄道も電子簡易ビザでは使うことができないのです。(実際は移動時にチェックはされないので移動自体は自己責任でできちゃいますが、別都市から出国は絶対にできません)

 

スポンサードリンク

今回の制度変更のポイント

今回の提出された法案のポイントは2つ。

JETRO ロシア極東対象の電子観光ビザ、移動制限緩和の法案提出

  • 入国と出国の都市は別でよい
  • 移動エリアもロシア極東連邦管区全域まで拡大

おぉーー!

これが認められると「ハバロフスクIN」→シベリア鉄道→「ウラジオストクOUT」みたいなことができるようになります。

しかも移動エリアもロシア極東連邦管区全域まで認められるようになるので、

電子ビザの対象外の都市に行くこともできます。

バイカル湖があるイルクーツクも行けるかな?と思って調べてみましたが、イルクーツクはシベリア地方に属するので残念ながら今回の法案が可決されても移動不可ですね。残念。

氷が美しいバイカル湖

ハバロフスク→ウラジオストク→サハリン

といった周遊が主流になるのかな。

極東ロシア旅行は本当に楽しかったので多くの人に勧めたいのですが、ビザが必要というだけでオススメできないのが現実。

もっと多くの人がロシアに訪れてロシアに触れてみて欲しいと思っています。怖いイメージがあるロシアを払拭できでしょうし、日露間の関係性がもっと良くなればいいと思うことでしょう。

今回の法案が通ったら施行されるのは2022年1月からとなっておりますが、審議の過程で内容、時期ともに変わる可能性もあります。前倒しで施行されないかな。

mosariもこの法案はチェケラしていきますので、動きがあればまたご報告します。

そんなに待てないからちょっと電子簡易ビザで行ってくるわ。って方はこちらのサイトから申し込めます。

ちょっと怪しいですが日本語も選択できるので特に困ることは無いでしょう。

電子ビザ – 在日ロシア連邦大使館

電子簡易ビザは、8日以内の旅程で有効で、申請から4日間で発行されます。しかも無料。便利ですねぇ。

ウラジオストクは2018年日本人は2万人しか訪問していないまだまだマイナーな都市ですが、これからも多くの日本人が訪れて関係性がよくなることを願っています。

それでは!



スポンサーリンク

“プレミアムクラス マイレージ情報”

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2019年メインカード

 

 

2019年10万マイルを手に入れよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください