これで安心!海外ATMキャッシング方法【シンガポール編】

お金

スポンサーリンク



皆様こんにちは。

すっかり遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

実は、新年早々腰をやってしまい今も悶えながら記事を書いています。ようやく椅子に座れるまで回復しました。皆様も腰は大事にしてくださいね。

新年一発目のネタは・・・そうですね。お年玉を海外で引き出せるようにATMキャッシング方法をお伝えしたいと思います。非常に質問が多い項目でもありますしね。使えるようになると海外旅行でとても便利なのでぜひ使い方を覚えてくださいね。

ATMによって微妙に操作方法が変わりますが一度慣れてしまえばなんとなくわかりますので。

 

海外キャッシングのメリット

外貨を手に入れようと思ったら一番最初に誰もが経験するのが成田などの日本の空港での両替だと思います。日本語で対応してもらえますし、ありがちなお札の抜き取られなんかも心配しなくていいですし、一番安全な交換方法ですよね。現地到着時に現地通貨を持っているという安心感もあります。

では何故、海外のキャッシングができると便利かというと・・・

  • 手数料が低い(お得)
  • 至る所にATMがあるのでいつでも補充可能
  • 基本的に機械なので間違いが無い(詐欺られない)

と言ったところでしょうか。

基本的に両替所での交換は手数料がとっても高いです。人が対応してくれるので仕方がない部分ではありますが、ついつい高額な出費となる海外旅行では無駄なお金は少しでも減らしたいですよね。海外ATMでのキャッシングは両替所よりも手数料が低いことで有名です。

さらに見逃せない点として、ATMは空港はもちろんのこと街の至る所にありますし、夜間や早朝でも引き出すことができます。なので足りなくなったらどうしよう・・・とはなりません。最低限の金額を引き出しておき、足りなくなったらすぐに補充可能です。

前回訪れたシンガポールでも空港で最低限の金額をキャッシングし、2日目に地下鉄にあるATMで追加補充することで両替所を探す無駄な時間を取られることなくサクッと現金を手にすることができました。両替所だとついついお得なレートの場所を探そうとしてしまいますから貴重な時間の節約にもなりますね。

他にも、機械が対応してくれるので基本的に間違いがありません。両替所で交換したら数枚が足りなかった・・・なんて経験がある方も多いと思います。ガイドブックにはその場でお札の枚数を数えよ!と書いてありますが、日本人はその場で確認するのが苦手ですし、慣れない通貨だとよくわからないんですよね。後ろに人が並んでいると焦って余計に訳わかんなくなります。

なので、海外に関していえば人間よりも機械の方がよっぽど安心ができます。

機械が安全でも危険な輩に見られていたらアウトです。できるだけ安全な場所や時間帯に利用することをお勧めします。夜間の道路沿いにある埋め込み式のやつなんかは危ないですよ。

何が起こるかわからない海外ですから、財布を取られた(無くした)場合を考えると、やっぱり手持ちの現金は最低限にしておきたいところです。有金全部持って移動なんて危険なだけですよ。

 

事前準備

キャッシングするには海外キャッシング対応のクレジットカードを持つ必要があります。

ATM対応クレジットカード

引用元:http://www.saisoncard.co.jp/guide/gu016.html

お手持ちのクレジットカードに上記画像内にあるような「PLUS」、「Cirrus」のマークがあれば海外キャッシング対応のカードです。本家アメックスはキャッシングできませんが、Saisonカードといった提携カードでは一部キャッシング可能なようです。

海外キャッシングに対応したカードはお持ちでしたか?でも、まだ安心できません。

キャッシング枠を設定していますか?

mosariも初めてクレジットカードを持った際「キャッシング=怖いもの」としてキャッシング枠を0で申し込んでいます。

その後、JALカードを申し込んだ際にATMキャッシグを使うこともあるかな?と思って初めてキャッシング枠を設定しています。利用明細やWEB明細サービスにログインしてキャッシング枠が設定されているか確認してみてくださいね。

無事にキャッシング枠が設定されていましたか?でも、まだ安心できませんよー。

キャッシングには暗証番号が必要です。普段サインばかりで暗証番号を忘れてしまっていませんか?暗証番号が無いとキャッシングできませんので、忘れてしまっている方はカード裏面に記載されている電話番号に連絡してみてください。

暗証番号はWEBや電話口で教えてもらうことはできず「暗証番号通知書」なるもので送られてきます。なので1週間程度かかると思ってください。急ぎの場合はその旨お願いしてみましょう。

無事に暗証番号がわかれば事前の準備はバッチリです。

それでは実際に画面を見ながら試して見ましょう。

 

キャッシング方法

今回登場してもらうATMは皆大好きシンガポールにある「DBS」さんです。選んだ理由は特にありませんが、チャンギ空港にも街中にもありますので。

ATMキャッシング

赤と白と黒を使っているのでよく目立ちますね。

チャンギ空港到着ロビー

引用元:https://www.jal.co.jp/inter/airport/asia/sin/sin_00.html

チャンギ空港の到着ロビーの真ん中にATMが設置されています。両替所に挟まれているのでとっても目立ちます。

キャッシングを始める前に注意なのが、荷物を絶対に目から離れるところに置かないこと。キャッシングに夢中になるあまり荷物への注意が散漫になりがちなので要注意。

まずは画面の右下にある読取口にクレジットカードを挿入します。

ATMキャッシング

クレジットカードが読み込まれると”Welcome”の文字が表示されます。

ATMキャッシング

画面の案内に従って”4桁のパスワード(暗証番号)”を入力して”ENTER”を押しましょう。カード挿入口の脇にボタンがあります。

暗証番号が確認されるとメニューが表示されます。

ATMキャッシング

現金引出しを意味する”Cash Withdrawal”を選択してください。”Balance Enquiry”は残高照会です。

すると取引明細(レシート)が必要か聞かれます。

ATMキャッシング

もちろん”With Receipt”を選択してくださいね。

すると今度はどの口座を使って取引するかを聞かれます。

ATMキャッシング

ここは”Credit”が正解かと思われますが、mosariはいつも”Current”を選択していました。日本で作ったカードでしたら当然口座なんて存在しませんから、どれを選んでも結局のところクレジットカードによるキャッシングしかできませんからね。結果オーライです。

するとやっといくら欲しいのか聞いてきます。

ATMキャッシング

カード挿入口の脇にあるボタンを使って金額を入力しましょう。

ここでは60シンガポールドルにして見ました。なお、50ドル刻みにすると、50ドル紙幣のみで出てくる可能性が高いです。高額紙幣は非常に使いにくいので中途半端な数字がおすすめです。

ATMキャッシング

欲しい金額を入力したら”Proceed”を選択してください。間違えた場合は”Amend”で修正を。

Proceed”を押すと最終的な取引金額が日本円でも表示されます。DBSさんは親切ですね。

ATMキャッシング

Withdraw:引出現地通貨額
Rate by DBS Bank:レート
Total amount:請求日本円

取引内容に問題無ければ”Continue with conversion”を選択してください。

コメント欄にて”Continue without conversion”の方がレートが安いと情報をいただきました。”Continue without conversion”を選択しましょう!

お疲れ様でした。これで取引完了ですので、

現金とレシートとクレジットカードを忘れずに回収してくださいね。焦らず荷物に注意して現金を確認してしまいましょう。

コメント欄に情報をいただきましたので追記します。

一部のATMで「銀行の為替レートか,クレジットカード(VISA/Master)のレートか,好きな方を選べ」「銀行のレートなら手数料なしだぞ」みたいな表記が出る場合があるそうです。その場合はクレジットカードのレートを選択した方が安くなるケースが多いそうです。「USE MASTERCARD(VISA) CONVERSION」を選択するという訳ですね。

 

ATMによっては最初に言語選択できるものや、画面の順番が異なりますが、一度やって見るとなんとなくわかるようになります。もし、どうしてもわからなければ別のATMを使うとあっさりできたりしますよ。

 

帰国したら

海外でのキャッシング分は通常のショッピングと同様に利用明細に上がってきますので、特に何もせずとも翌月ショッピング分とまとめて引き落とされます。ただし、キャッシングは借金なので請求額に対して年利18%ほどの手数料が発生します。

年利18%といっても10日で返せば0.5%、55日でも2.7%程度です。

繰り上げ返済も可能ですので、その場合はカード裏面の電話番号に連絡して海外でキャッシングしたので繰り上げ返済したい旨を伝えれば振込先と振込金額を教えてくれると思います。

ただし、電話代や振込手数料を考えると、そっちの方が高くなる場合があります。今回のケースもまさにそうでしたので放っておきました。

52日間の利用で手数料は123円でした。

18%➗365日=0.049%/1日あたり

0.049%✖️52日=2.56%

4,825円✖️2.56%=123円

銀行の振込手数料だけで300円近くしますからね。放っておいた方が安い訳ですね。

キャッシングの確認だけでなく、海外ではスキミングなどの不正利用被害を受けている可能性もありますので、帰国後はちょくちょくWEBで明細を確認する癖をつけておくといいですよ。

 

まとめ

海外キャッシングは慣れると本当に簡単・便利!

是非使いこなして海外旅行レベルを1ランク上げて見てはいかがですか。旅行前に幾ら両替する?といった計算から解き放たれますよ。最低限の金額を空港でキャッシングして様子見て足せばいいんですから。

改めてATMキャッシングのメリットはこちら

  • 手数料が低い(お得)
  • 至る所にATMがあるのでいつでも補充可能
  • 基本的に機械なので間違いが無い(詐欺られない)

あえてデメリットをあげるとするならば、クレジットカードが機械に飲み込まれたらどうしよう・・という点でしょうか。こればかりは運みたいなもんですから、できるだけ利用者の多い所で使うようにしましょう。

英語の機械を操作することに不安もあるかと思いますが、多額の現金を持ち歩いている方が危ないケースも多いです。もし現金を無くしてしまってもキャッシングができると旅行を続けることが可能です。不測の事態に備えるためにも使い方は覚えておくことを強くお勧めします。

友達からも「おおっ!」と思われること間違いなしですよ。

 

ATMコーナーの脇の両替所ではSIMも販売されているので、SIMフリースマホの方は現地SIMに挑戦してみてはいかがですか?

シンガポールのチャンギ空港でsimを購入!2016年版(2017年も対応)

2016.01.17

そしてシンガポールといえばベイサンズですよね。でも高いのでせめて屋上からの景色だけでも・・という方はこちら。

ベイサンズに宿泊していなくても屋上からお得に夜景を見る方法

2016.02.17

それでは2017年も楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2017年メインカード

10 件のコメント

  • mosari様
    おはようございます。
    いつも参考にさせていただいております。
    次回はキャッシングを使ってみたいと思います。
    地下鉄の切符をついホテルに置いてきてまた買うはめになりました。慣れが必要ですね。
    さて、本日帰国なのですが、最終日はとこに行こうか悩んでいます。
    東京だと駅から余り歩かないので、シンガポールは意外と歩くので疲れてしまいました。
    歩けない距離ではないのですが、バスに乗れたらもっと便利だなと感じました。
    mosari様はバスには乗らないのですか?
    もし乗ったことがあれば是非お教え願います。
    いやぁ、毎日暑かったです。この時期でこれだから夏のシンガポール修行は大変かな感じた数日でした。

    • KAZU様

      こんばんは。
      もう帰国されていますよね?お疲れ様でした!

      私もバスは使った事ないんですよねー。私は歩くの好きなので、意外とバスくらいの距離だと歩いちゃうんですよね(゚o゚;;
      もしバスに乗られるのでしたらイージーリンクカードを買った方がいいと思います。日本でいうSuicaです。駅かセブンイレブンで買う事ができますので。
      そうすれば電車もバスも乗れますし、対応した自販機やコンビニでも使えて便利ですから。

      今回はリトルインディアにあるムスタファセンターに行かれましたか?日本でいうドンキホーテのような場所で凄い品数でびっくりしますよ。結構楽しめますので次回行ってみてはどうでしょうか。
      今日はゆっくり休まれてください。

      • mosari様

        今回は初めてなので有名どころを周りました。セラビも行きましたよ~。
        次回は教えていただいたあたりを見ていこうと思います。
        お勧めがあれば今後の更新でご紹介いただけるとありがたいです。
        今回でMRTの乗り方も分かったし、次はいろいろとスムーズにいけそうです。
        あ、そうそう。プライマリーパスのハシゴをしようと使ってみました。
        審査前だったので、第3ターミナルのJetQuayを使いましたが、搭乗前にシャワーを使えると帰国日も安心して汗を書けますね。
        第一ターミナルでは、プレエコで使えるところと同じだったので、航空券で入りました。
        帰りの飛行機はお尻が痛くて大変でした。何か座布団みたいなのがないか探します。
        いろいろありがとうございました。

        • KAZU様

          色々楽しめたようで良かったです。
          シャワーと食事、時間潰しができるラウンジが使えるとホント便利ですよね。
          深夜便を使う場合シャワー無しはキツいですからね・・・

          個人的にオススメなのがチキンライスで有名な文東記(ブン・トン・キー)でしょうか。
          http://tripping.jp/asean/singapore/36146

          前回見つけて、絶対次回も行こうと思っているのはラウ・パ・サ・サテーストリートです。
          マレーシア風の焼き鳥の屋台のストリートです。雰囲気最高です。

          http://www.huffingtonpost.jp/taviicom/singapore-yakitori_b_7767050.html

          是非是非

  • ATMで,「銀行のレートか,クレジットカード(VISA/Master)のレートか,好きな方を選べ」「銀行のレートなら手数料なしだぞ」みたいな表示が出たら,私の経験では,クレジットカードのレートを選ぶのを進めます。かなりの差が出ます。 https://goo.gl/yOCpz1

    • sato様

      こんばんは〜。
      コメントありがとうございます。

      こんな表示が出ることがあるんですね!知りませんでした!
      情報ありがとうございます。
      本文内にも追記しておきますね!

  • mosari様
    お久しぶりです、こんばんは
    今シンガポールに着いたところです。
    初めてATMのキャッシングを使ってみました。
    以前の記事が参考になりました。
    記事を最後まで見ずに、50ドル出金手続きをしました。
    すると、なんと困ったことに50ドル札が出てきました。
    最後まで読んだらきちんと書いてましたね。
    気を付けていたつもりですが、「やってもうたと」思いつつもそのまま空港でezlinkカードを買うときに使いました。
    乗り物に乗る場合、シンガポールは10$札が使えなくて困りますね。

    • KAZU様

      こんにちは。
      お返事遅くなり申し訳ございません。

      ATMのキャッシングは便利ですが、切りがいい数字を下ろしちゃうと大きなお札で出てくるのは気をつけないといけませんよね。つい油断してるとやりがちです。

      EZLINKカードにチャージする際はお釣りが出ないことがあるので今後もお気をつけください!

  • 23日まで、シンガポールへ行って来ました。海外キャッシング不安がありましたが、mosariさんの記事のおかげで無事キャッシングできました。ありがとうございました。ただ、DBSの場合、最後の画面で、”Continue without conversion”を選んだ方が、クレジット会社のレートとなり、レートが良かったです。色々試しましたが。ご参考まで。

    • KN様

      こんばんは〜。はじめまして〜。

      おっ、当記事が参考になったようで嬉しいかぎりです。
      最初はなかなか怖いですけど、一度使うと今後すっごく便利になりますからね。

      ”Continue without conversion”の方がレートが良いのですね。貴重な情報ありがとうございます!記事に補足させていtだきました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です