入国時の水際対策緩和へ。観光目的じゃないとかなり緩い印象

世界地図

皆様おはこんにちばんは。

ついにプランニングコンテストが終わりました!

12月頭にリーダーに選ばれてから実に3ヶ月間・・・辛かった。。毎日日が変わるまで頑張っていましたがようやく終わりました。

ここから更新頻度戻します!大変おまたせしましたm(_ _)m

んで、気になる海外情勢はというと、コロナ対策の一環として実施されている水際対策が3月1日から変わっています。

個人的に大丈夫だろうか?という内容だったりします。

 

スポンサードリンク

水際対策の緩和

鎖国と揶揄されるくらい外国人への入国に厳しい日本の水際対策ですが、3月1日よりついに観光目的以外の外国人の入国を認めています。

大きな問題となっていた日本への留学生であったり、日本人と結婚している家族なんかは入国できるようになりました。

 

変更後の対策

日本人が帰国した場合は14日間隔離という厳しい義務があります。

3月8日追記
どうやら観光から帰ってきた日本人も緩和対象とのことです。陰性前提なら行けるっちゃ行けるようになるんですね・・・

が、今後外国人が入国する際の条件はけっこう緩い措置となります。

  • 指定対象国からの入国かどうか
  • さらにワクチンを3回摂取しているかどうか

で対応が変わりますのでそれぞれ見てみましょう。

 

指定対象国以外からの入国

まずは比較的安全と見られている、「指定対象国以外からの入国者」を見てみましょう。

  • ワクチン3回接種済み:入国後の自宅待機等は求められない
  • ワクチン3回未接種:原則7日間の自宅待機、ただし3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性の場合、自宅待機解除

ということで比較的安全と言われている国からの入国かつ、ワクチンを3回接種済みの場合は、自宅待機無しなんです・・!まじか!

ワクチンを3回接種していない場合は7日間の自宅待機ですが、3日以降に自主的に受けた検査が陰性であれば待機が解除されます。

 

指定対象国からの入国

続いて比較的危険と見られている、「指定対象国からの入国者」を見てみましょう。

  • ワクチン3回接種済み:原則7日間の自宅待機、ただし3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性の場合、自宅待機解除
  • ワクチン3回未接種:検疫所指定の宿泊施設での3日間待機、宿泊施設で受けた検査の結果が陰性であれば退所後の自宅等待機は求められない

危険な地域からであっても、3回接種しておけば最短3日間の自宅待機でいいということです。

3回接種していない場合では強制隔離があるものの3日間でおさらば可能です。

うーん、緩いw

 

スポンサードリンク

指定対象国

外務省が発表している2月24日時点での、指定対象国はこちら。

  • アラブ首長国連邦
  • アルバニア
  • イスラエル
  • イタリア
  • イラク
  • イラン
  • インド全土
  • インドネシア
  • ウズベキスタン
  • 英国
  • エジプト
  • オマーン
  • カナダ全土
  • 韓国
  • カンボジア
  • サウジアラビア
  • シンガポール
  • スイス
  • スウェーデン
  • スリランカ
  • デンマーク
  • ドイツ
  • トルコ
  • ネパール
  • ノルウェー
  • パキスタン
  • バングラデシュ
  • ブラジル(サンパウロ州、 パラナ州)
  • フランス
  • ペルー
  • ミャンマー
  • メキシコ
  • モルディブ
  • モンゴル
  • ヨルダン
  • レバノン
  • ロシア

と、なっております。

全37ヶ国(地域)ですね。意外と多い。

最新情報は外務省の海外安全ホームページをどうぞ。

これらから逃れている主要な国でいうと、

  • ベトナム
  • 中国
  • フィリピン
  • タイ
  • ラオス

あたりのアジアですかね(;´∀`)

 

自宅への公共交通機関は利用可能

まだまだほとんどが指定対象国となり厳しい現実が見えるわけですが、自宅待機の場合、自宅への公共交通機関の利用は可能です。

個人的にはこれが一番引っかかります。

これを認めてしまうとみんな自由に動き回っちゃうだろうなぁと。

入国後24時間以内に自宅等待機のために自宅等まで移動する場合に限り、自宅等待機期間中であっても公共交通機関の使用を可能とします。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C017.html

あくまで24時間以内かつ自宅へ移動するまでの間だけOKということですが、果たして一度使ってしまったら自制が効くかどうか・・・

まぁ咎める方法が無いのでモラルに任せるしかないのが実態ですが、用があって入国している外国人がどれだけ守れるのか・・・

 

スポンサードリンク

観光はまだ先

今回は観光目的以外の入国が対象となる措置です。

が、今後観光が解禁された場合も同様の仕組みになるのでは?という意味では非常に興味深い措置だと思っています。

海外旅行に行きたい人は皆ワクチンを3回接種済みでしょうから、指定対処国以外の国から戻ってくる場合は自宅隔離無しになる可能性があります。

仮に指定対象国だったとしても、隔離3日目以降に検査が陰性であれば隔離が終了します。

土日含めて9日間の夏休みがあった場合、6日目に帰国すれば3日間自宅待機&検査が陰性であれば10日目に出社できるわけです。

早めに帰国しなければいけませんが、行けないよりはいいですよね。

陽性だった場合に備えて引き継ぎなどいざに備える必要はあると思いますが(;´∀`)

そういう意味ではコロナ明けはむやみに動き回るというよりも、リゾートで短期でゆっくりするような旅行の仕方が主流になるかもしれませんね。

 

我が家の次の海外旅行の予定は2022年の年末年始です。

↑で予約したやつですね。

どうなるかわかりませんがいけるといいな!

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
SPGアメックス 2021年 メインカード

 

 

2 件のコメント

  • こんにちは

    緩くなったとはいえ、元の状態
    すなわち
    ワクチンパスポート
    接種の有無
    隔離
    PCR検査
    マスクなし

    これが完全に無くならないと、観光には程遠いと思いますね…

    早く無くならないかなぁ…

    • しげ様

      こんにちはー!

      ワクチンパスポートが要らなくなる日が早々来るとは思えないですよね、、、
      2022年はゼッタイ必要でしょうし、2023年もまぁ必要なんじゃないかなと思ったり。

      ほんと早く無くなって欲しいですね(;´∀`)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください