【プレエコ搭乗記】満足!ブリティッシュ・エアウェイズ BA008便 羽田−ロンドン

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

皆様こんにちは。

更新が滞っており申し訳ございません。

先週末はOKA-SINしてました。

シンガポール

俺はエコノミーでOKA-SINするぞJOJOー!【2020年JGC修行】

2019年12月12日

↑で予約したやつですね。

これで1ヶ月で3回の海外旅行が終わりました。いやー途中で風邪引いたりとなかなかハードでした 笑

さてここから本題。我が家は2019年の年末はロンドンで年越しをしてきました。

その際ロンドンに向かう往路はプレエコにアップグレードしたと先日お伝えしていました。

ブリティッシュ・エアウェイズ プレミアムエコノミー

【ブリティッシュエアウェイズ】当日空港でプレエコにアップグレードが可能(特典航空券もOK)

2020年1月22日

今回は実際に乗ってみてどうだったのか写真を交えて紹介したいと思います。

BA008便

  • 航空会社:ブリティッシュ・エアウェイズ
  • 便名:BA008便
  • 航路:9時45分羽田発−13時25分ロンドン着
  • 機材:B777-300
  • 座席:プレミアムエコノミー

 

スポンサードリンク

チェックイン

BA008便は9:45に羽田発−13:25ロンドン着と午前中のフライトのため始発に乗って羽田空港に向かいました。

アメックスゴールドのおかげで空港まで無料で送っておいたスーツケースをピックアップしてカウンターに並びます。

12月28日だったので激混みを予想するもそこまで混んでおらず一安心。

JAL ABCカウンターのすぐ近くのL列がブリティッシュ・エアウェイズのカウンターになります。

BA008搭乗記

夏に撮った写真ですが中国東方空港と同じ列だったりするので見落としがちなので注意。

せっかく始発で到着したのにチェックインカウンターが空いておらず30分ほど待つことに・・・

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

今回は特典航空券を使ったエコノミーですが、JALグローバルクラブのおかげでワンワールドサファイアとしてクラブワールド(ビジネスクラス)カウンターを使わせていただきます。

先頭で待っていたらカウンターにアップグレードのお知らせが掲載されていたので当日アップグレードすることとなりました。

その時のやりとりや金額などはこちらの記事をどうぞ。

ブリティッシュ・エアウェイズ プレミアムエコノミー

【ブリティッシュエアウェイズ】当日空港でプレエコにアップグレードが可能(特典航空券もOK)

2020年1月22日

エコノミーで12時間と思っていたのでプレエコにアップグレードできてよかったです。

あ、今回の相棒はリモワのトパーズチタニウム(85L)とグローブトロッターのサファリ(21インチ)の2台体制です。もちろんmosari嫁と合わせて2台です。

ブリティッシュ・エアウェイズ BA008便

リモワは当然預け荷物ですが、21インチのサファリは機内持ち込み用として持ってきています。グローブトロッターの21インチは厳密には縦方向の長さが数センチ制限よりも飛び出ているので測られたら厳密にはアウトですが今回もセーフ。

グローブトロッターの21インチは機内持ち込み可能?

2018年10月5日

ブリティッシュ・エアウェイズは制限が厳しい航空会社のイメージがありますが、今回も何も言われず。

かれこれ2年間以上使ってて一度もサイズは測られたことないな。

↑の写真の右側のスーツケースがグローブトロッターです。素敵なトランクだと思ったらこちらの記事もどうぞ。

グローブトロッター

グローブトロッターを購入!早速旅してきたのでレビューも

2017年8月12日

たまに重さは測られますが、航空会社的には大きさよりも重さが重要なんでしょうね。

そんなこんなで無事に荷物を預けたらちゃっちゃと保安検査を受けてラウンジに向かいましょう。

と、ここで実はあるご夫婦と待ち合わせをしていました。(アップグレードのせいでお待たせしてしまい申し訳ございませんでした)

そう、本ブログの読者の方でたまたま似たような時間の便の予約を持っている方がいまして、「よかったらファーストクラスラウンジに招待しますよ。」と素敵なオファーをいただいていたんです!

行き先は全然別なのですが、わざわざお誘いいただき人生初のファーストクラスラウンジに行くことになりました(∩´∀`)∩

ブログやっててよかったぜ!

 

ラウンジへ

人生初のファーストクラスラウンジへ向かいます。

が、実は羽田のファーストクラスラウンジはただいま工事中なので臨時ラウンジになりました。

JAL羽田 ラウンジ

もともとサクララウンジとして運営されていた場所が臨時のファーストクラスラウンジになっています。

平JGCなどの方は4階のSKY LOUNGE ANNEXが臨時のラウンジとなっています。

羽田空港国際線本館ファーストクラス・サクララウンジ改修工事に伴う代替ラウンジのお知らせ

詳しくは↑のリンク先をどうぞ。

2020年3月末まで工事中ですので。

ラウンジの受付で同行者登録をしてもらいラウンジの中へ。

滅多に踏めないのでいっぱい「FirstClass」と書かれたカーペットを踏んでおきました 笑

臨時ラウンジなので写真は撮りませんでしたが、お料理の写真だけ。

ファーストクラス臨時ラウンジ

残念ながら憧れの寿司バーとヌードルバーはやっていませんでした。

それでもJALカレーや明太子なんかはサクララウンジ(ビジネス)と同じっぽいですが、ケーキが置いてあったり、カットフルーツがあったりと、やはりいつものサクララウンジの料理とは別物でした。さすがファーストクラスラウンジ。

靴磨きサービスも行われていましたが残念ながらスニーカーですわ(;´∀`)

読者ご夫婦と軽くお話させていただいたところでお二人はキャセイのラウンジに行ってきます。とのこと。

今日はキャセイのラウンジが本命だったようでわざわざ我々を入室させるためにJALラウンジに寄ってもらったみたいですいませんでした。

美味しくご飯いただきました(∩´∀`)∩

なんとなくラウンジにいる方も金持ちそうな匂いがして客層もいつものサクララウンジとはちょっと違うなーとくつろいでる女性陣を見て思いました。

国内線2倍FOPキャンペーンも改悪が決まっているのでmosariが再びファーストクラスラウンジに入れることは無いんだろうな(;´Д`)

悲しいお知らせ

【改悪】2020年からJMBステータスの維持が難しくなります

2019年12月22日

そんな寂しい思いにふけっていると先程のお方が戻ってきてエビアンのペットボトルをくれました。

エコノミーだとペットボトルの水無いかもしれないからゲート向かう途中で水買わないとねーなんて会話を嫁としていたのを聞いて、わざわざ渡しにラウンジに戻ってきてくれたんです。感動。機内で美味しくいただきました。

お食事を食べて今回の旅の成功を祈って・・・

ファーストクラスラウンジ JAL

トロッターと一緒に乾杯です。

食事後は歯を磨いてカウンターに向かいます。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

ゲートに付くとすでに搭乗が始まっていました。

我々はワンワールドサファイアのおかげでグループ2なので、右側の優先レーンでサクッと機内へ。

 

スポンサードリンク

BA008便

アップグレードしたプレエコの座席がこちら。

ブリティッシュ・エアウェイズ プレミアムエコノミー

最前列のバルクヘッド席でした。

2−4−2並びの真ん中4のところですが、隣は誰もおらず4人席を2人で使えたので気楽なもんでした。隣の空席を荷物置きに使えたので飛んでしまえば荷物置き場が少ないデメリットを感じさせないいいフライトでした。

最前列席は足元が広く開放感がありますが以下のデメリットもあります。

  • テーブルとモニターが脇から出てくるので小さかったり、見にくい
  • フットレストが足元から出てくるタイプになる
  • 離着陸時は荷物をすべて座席上の棚に入れないといけない
  • 離着陸時はモニターを収納しているので映画が見れない
  • 幼児がいることがある(今回はフリーでした)
  • トイレが近いので人が気になる

こうしてみるとデメリットだらけで苦手な人も多いでしょうが、身長が高い人にとっては足元の広さは正義なのです。

それに最前列は前の人がいないのでリクライニングされて狭くなることもありません。BAのプレエコは座席が後ろにそのまま倒れるタイプなので前の人がリクライニングするとこちらの座席は狭くなりますが、最前列はそれが無いのがよいですね。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

こんな感じで身長180Cmオーバーのmosariが足を組んでもこの余裕。圧迫感0。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

足を完全に伸ばせるほどではありませんがかなり余裕があります。

足を伸ばそうと思うと右足のようにちょっと長さが足りませんでした。窓際席なら大丈夫ですが今回は空いておらず。

窓際が空いているなら迷わずそちらをとりましょう。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

座席の前にはバシネットが。使ってる人見たいこと無いけど需要あるのかな。

お行儀悪いですがアメニティで配られた靴下に履き替えればこの壁に足をべったりつけて変な格好で寝れたりできます。横になれないとはいえ姿勢を変えられるのは大きいですよね。これはバルクヘッド席ならでは。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

最前列はフットレストはこんな感じで座席の下が持ち上がってくるタイプです。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

最前列なのでテーブルは肘掛けから展開するタイプになります。ドリンクだけでいい場合は折りたたんで半分のサイズにすることも可能。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

当然モニターも肘掛けが支えているタイプになります。たぶん普通の座席よりも小さいと思います。

多少見にくくなりますが足元の広さの方が大事。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

USBポートは肘掛けの下についています。写真では見切れていますが電源用の穴もあったと思います。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

肘掛けの脇にリクライニング用のボタンとフットレスト用のボタン、イヤホンジャックにリモコンがあります。

この辺は機材の古さを感じさせますね。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

プレエコですがアメニティも配られました。

  • 可愛いポーチ
  • アイマスク
  • 締め付けない靴下
  • 歯ブラシ
  • リップバーム
  • ボールペン

ですかね。

残念ながらスリッパはありません。

我が家はスリッパ持参していたので無問題。

嫁がこのゆるゆる靴下を気に入って持ち帰ってました。

ビニール袋のJALよりもちゃんとしたものがもらえてびっくり。

ポーチも可愛くてGOOD。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

ピローも同じ柄でした。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

ブランケットも同じ柄。厚手でこれかけておけば寒さとは無縁でした。せっかくウルトラライトダウン持ってきたのに不要でした。

フィンエアーほどじゃないけどなかなかオシャレ。

A350

フィンエアーA350 ビジネスクラス搭乗記【AY072 成田−ヘルシンキ】

2017年8月13日

フィンエアーは鼻血出そうになるほど素敵空間だったな・・・

機材周りはこんな感じかな。

搭乗後はすぐにウェルカムドリンクをいただけます。

プレミアムエコノミー ブリティッシュ・エアウェイズ

mosariは再び泡を。嫁は水でかんぱーい!

これもJALには無いサービスですね。いいねいいね。

滞りなく離陸すると、初回のドリンクサービスが始まります。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

mosariはスパークリングウォーターを。嫁はなんかのモクテルを頼んでいました。

 

機内食

離陸から2時間ほどすると初回の機内食がサーブされます。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

プレエコ専用のメニューはこんな感じ。嬉しいことにエコノミーとは違いますよー。

飲み物はこんな感じ。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

オーダーするとその場でカートから出てきてびっくり。

ビジネスクラスばっかり乗ってると駄目ですね。いかんいかん。初心を思い出すんだ。

mosariは牛を、嫁は鶏をチョイス。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

mosariの牛はこんな感じ。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

嫁の鶏はこんな感じ。

パンは温かいやつをバスケットに入れて持ってきてくれるので好きなだけ取らせてくれます。

なんだよ夏にビジネスクラスでサーブされたパンより美味しいじゃないか・・・

というか普通に美味しいです。びっくり。期待していなかったのにな。

ビジネスクラスはまぁそれなりって感じでしたが、プレエコでこれなら超満足。チョコケーキは甘すぎてキツかったですが、メインの食事は牛、鶏ともに美味かったです。特に鳥が出汁が効いてて美味しかったです。

プレエコ専用メニューなのでサラダにもエビが入っておりちょっと気を使っていることがわかります。

ちゃんと陶器のお皿に盛られて出てくるし、これは満足度高いですわ。

ちなみに復路のエコノミーでサーブされた機内食はというと・・

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

こんな感じ。

明らかにクオリティが違いますね。

まぁ味はエコでも想像以上に美味しかったんですけどね。

 

食事後しばらくすると消灯されますが、その間もドリンク持ったクルーの方がちょいちょい巡回してくれており、サービス面もなかなかでした。

ここから到着の2時間前までしばらく食事は出てきませんが、ブリティッシュ・エアウェイズはギャレーにお菓子が置いてあるので小腹が減ったらギャレーを覗いてみましょう。

BA008便は最後尾のギャレーがお菓子スポットですので覚えておきましょう。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

お菓子のラインナップはこんな感じでやたらチョコレートだらけです 笑

注目すべきは日本の誇る非常飯カップヌードル醤油味が置いてあることでしょう。

クルーの方にホットウォータープリーズすればお湯を注いでくれます。

ジュースもコップに注がれて置いてあるので自由に持っていってOKです。

あまり知られていませんがエコノミーの方でも利用できますよ。

カップヌードルで匂いテロをしたらあとはお菓子を食べながら映画を見てれば時間はあっという間です。

ギャレーに飲み物が置いてありますが何度も取りに行くのが面倒なので搭乗前に読者の方がくれたペットボトルが大活躍。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

機内はやっぱ乾燥してますからね。

身体的に喉が乾いていなくても喉を潤すのにちょいちょい口に含める水が手元にあるとやはり快適。

 

到着の2時間前になると2回目の機内食がサーブされます。

↑の方のメニューの写真左下にある軽食と書かれたところからチョイスします。

mosariは先程牛を食べたので軽そうな方にしました。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

トマト味のニョッキですね。

メインは陶器のお皿に入って出てきますが、パンとマフィンは袋入りになりました。

嫁の方はこんな感じ。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

ご飯の上にキャベツが乗っています。お米がパサパサにならないようにしてるのかな。

すき焼きというからどんなもんかと思っていたらこれも美味しくてびっくり。

嫁のは2連続大当たりでした。

機内食の和食って信用していないのですが、BAの東京発の和食は当たりですね。

ご飯を食べて歯を磨いてちょっとゆっくりしていると・・・

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

もうロンドンは目の前でした。

程なくして到着。

頭上の棚からトロッターを取り出すとクルーの方が素敵なトランクだねと声をかけてくれました。

メイド イン イングランドだよ。と教えてあげました。

13時10分に着陸後、沖止めでしたのでバスでターミナルに向かって入国審査を受けました。

ブリティッシュ・エアウェイズ 008便

リモワ君も無事に出てきました。

ロンドンの入国用の申請書は2019年に廃止になったようで手ぶらでOKでした。

悪名高きヒースローの年末年始なので入国審査にすごく並ぶんじゃないかとドキドキしていましたが、日本人は自動化ゲートを使えるようになっているので5分もかからず通過できました。

ここから地下鉄(UNDER GROUND)を使ってコンラッドまで向かいます。

コンラッド ロンドン

コンラッド ロンドン セントジェームス宿泊記 年越しで利用

2020年2月2日

無事にロンドン到着です。

 

スポンサードリンク

まとめ

ロンドン路線のプレエコはエコノミーとの差別化がしっかりと感じられる快適なシートでした。

  • ウェルカムドリンク有り
  • アメニティ有り
  • 機内食はプレエコ専用

と嬉しい誤算でした。

ビジネスクラスは他社と比べると厳しいと言わざるを得ませんでしたが、プレエコでこれは全然有りでした。あまり他社のプレエコに乗ったことはありませんが、今回のような当日アップグレードの金額を考えるとアップグレードしてよかったというのが素直な感想です。

12時間という長時間のフライトでしたがそこまで疲れていませんでした。

やはり足をある程度伸ばせたのは大きかったです。寝てるときは少し通路にはみ出てたかもしれませんが(;´∀`)

往復にするとお値段が・・・という方は行きだけプレエコにして現地を楽しむってのは全然ありかと。

帰りは疲れてエコでもある程度寝れるでしょうし。

まぁ帰りは足がバッキバキになりましたけどね。やはり同じ姿勢で居続けるのは人間の身体的に無理がありすぎる・・・

頑張ってマイルを貯めようと思いました。まる。

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2019年メインカード

 

 

2019年10万マイルを手に入れよう

4 件のコメント

  • mosariさんこんにちはー!
    いつも楽しく拝見させていただいてます!今年に入ってなかなか更新されていなかったので、私の楽しみが1つなくなってしまうのかとひやひやしてました笑

    ロンドン行かれてたんですね!私も10年前に留学でロンドンに行きましたが、当時のBAはエコが狭くて12時間体育座りしてる感じでしたのでプレエコで行けたmosariさんがとても羨ましいです笑

    最近BA乗ってなかったので懐かしい思い出が蘇ってついコメントしてしまいました笑

    コンラッドの宿泊記も楽しみにしてます( ´ ▽ ` )

    • まつ様

      こんばんはー!
      いやー全然更新できずすいませんでした。これからまたペース戻していきますので今後ともよろしくお願いします。

      なんとまつ様ロンドンに留学されていたのですか。
      その時のご飯はどうでしたか?ここ数年でかなり美味しくなったと英国在住の方に聞きました。

      コンラッドもこれから書いてみますね〜(∩´∀`)∩

  • mosariさんこんにちは!

    当時のロンドンの食事ですが、やはり美味しかったという記憶があまりなく、どちらかというと肉やパンが硬かったらパサパサしてた記憶があります( ;∀;)笑
    まぁ当時は学生だったこともあり、コーヒー1杯1£以下で飲めるようなお店で食事していたからかもしれませんが笑

    mosariさんは今回のご旅行中の食事はいかがでした??

    • まつ様

      こんにちはー!
      やっぱり食事はあまり、、、なのですね。
      我々もイギリスらしい食べ物をさがしたのですが結局はフィッシュアンドチップスか、ミートパイに、、
      年末年始ということもあってかメニューが制限されてることも多く、ひたすらフィッシュアンドチップスかミートパイを、、、
      単品としては、ちょっと食べる分には美味しかったですが、量も多く食べ続けるには辛かったです。。。

      あまり食事に拘りが無い国なんだなーと驚きました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください