【安心】スターアライアンスは乗り継ぎ時のサポートをデジタル提供

シンガポール航空ビジネスクラス

皆様こんにちは。

海外旅行に慣れていないと乗り継ぎが不安ってことありますよね。

初めて降り立つ空港でどうしたらいいかわからず誰かに助けてもらった・・・なんて経験をお持ちの方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そうならないようにmosariは事前に乗り継ぎ空港のことを調べているわけですが、そんな手間が無くなるかもしれません。

そう、シンガポール航空ならね。

 

スポンサードリンク

デジタル乗り継ぎサポート

シンガポール航空、スターアライアンス乗継サポートのデジタル版導入

こちらの記事によるとシンガポール航空がスターアライアンス加盟航空会社間の乗り継ぎをサポートするデジタル版「スターアライアンス・コネクションサービス」を導入したということです。

  • 主要空港での最新の乗り継ぎ情報の提供
  • 到着ゲートから搭乗ゲートまでのわかりやすい道案内
  • 保安検査場を素早く通過できるエクスプレスカードの提供

なんてことが最初はできるようになるみたいです。

シンガポール航空のアプリ上で機能を提供するようです。

最新の情報に基づいて、到着ゲートから搭乗ゲートまでの最適なルートをスマホアプリ上で表示し、どれくらいの時間がかかるのかを教えてくれます。

これなら初めての空港でも慌てずにすみますね。

いちいち空港のインフォメーションボードで搭乗ゲートと時刻を調べて、空港のマップを見つけてルートを調べる・・・なんてことをしなくてよくなります。

しかも、乗り継ぎ時間が危ない時は保安検査場を優先して通過できるデジタル版のエクスプレスカードも提供してくれるというのだから驚きです。

スターアライアンスとしての提供を目指しているので、シンガポール航空でロンドンに向かってそこからルフトハンザに乗り継ぐ、といった航空会社をまたがった乗り継ぎのサポートができるように目指しているとのこと。

シンガポール航空のリリースはこちら

なお、既に実施されているスターアライアンス・コネクションサービスのアナログ版の概要はこんな感じ。

スターアライアンス コネクションサービス

引用元:https://www.staralliance.com/

 

デジタルサポートのメリット

まずユーザー側は単純に嬉しいですよね。

旅慣れていない人には心強いツールになるんじゃないでしょうか。

ゲートからゲートまでのルートと時刻がわかれば慌てずに済みますし。

ラウンジでくつろいでいるときもアプリ上で最新情報が簡単に手に入るといいですよね。

空港職員としても対面でサポートする必要が無くなるので業務量も減るでしょうし、コロナ禍で対面しなくて済むのは職員の安全に繋がりますよね。

エクスプレスカードの表示には空港側の仕組みと連動も必要でしょうから、そう簡単に広がるものではないと思いますが、どんな空港でも、どんな航空会社間の乗り継ぎでも実現できたらめっちゃ便利ですよね。

将来的にはフライトに乗れなかった場合の代替便の手配なんかもアプリ上でできるようになるんでしょうね。

代替プランが表示されて選択するだけで新しいチケットが手に入る・・的な。

うーん、便利。

mosariは乗り継ぎに失敗しないよう最低でも3時間以上間隔を開けるようにしていますが、こういった取り組みが活発化していくともう少しギリギリを攻められるようになるかもしれませんね(;´∀`)

反面デメリットというか、障壁としては、どうしてもネット環境に繋がっていないといけませんので、初めて降り立った空港でWi-Fiのパスワードを手に入れて・・みたいなのはできない人もいるでしょうね。

そういったケースに備えてやはり人によるサポートはまだまだ必要ですね。

 

スポンサードリンク

すごいぜシンガポール航空

コロナ禍でとんでもないことになっている中、こういった新しい機能を提供できる投資を行っているのは素直にすごいですよね。

JALやANAがやってる非接触で操作できる端末や、手を使わずにトイレのドアが開けられるみたいな、コロナ対策で今すぐ必要ってわけじゃないですからね。

JAL スマートエアポート

JALタッチレスチェックインマシーン実験 アフターコロナの安全を目指して

2020年9月10日

JALやANAの取り組みもすごく大事ですよね。日本人らしい気の利いた仕組みです。

ほんと早く空港にたくさんの笑顔が戻ってくるといいんですけどね。

世界的な予測ではコロナ前の水準に戻るには数年(2〜3年)かかると言われているので、まだまだかかると思いますが、気をつけながらでも海外旅行に行ける日が早く来ることをホント願ってます。

日本としてはオリンピックはやる方向で調整しているので、4月から外国人の受け入れるような動きも出始めています。

帰国後14日間の待機が無くなれば旅行自体はできるようになりますが、アジア人が外国でどういう扱いを受けるようになるのかわかりませんし、そもそも会社が渡航を許してくれない可能性もあります。

アジア人はマスクしていないだけで嫌な思いをするようなことが起きる気がしますよね。

そんなニュースが流れたら会社としても社員の安全を考えると行っていいとは言いにくいでしょうし・・・むーん。

解禁されてもしばらくはアジアに行くのがいいのかな・・・

アムステルダム

2021GW特典航空券 ワンワールドでもスタアラでもないあのチームです

2020年7月26日

と、言いつつ来年のGWはヨーロッパ行きの航空券を発券済み。

が、なんか5月はまだ早い気がしてきました。

GWと言えば2019年はシンガポール航空のビジネスクラスを使って旅行しました。ほんと最高でした。

シンガポール航空 ビジネスクラス

【ビジネスクラス搭乗記】シンガポール航空 関空-シンガポール SQ621

2019年6月11日

チャンギ空港のシルバークリスラウンジもTWG天国でした。

シルバークリスラウンジ

シンガポール航空のシルバークリスラウンジはTWG天国だった

2019年6月13日

シンガポール航空には是非頑張ってもらいたい。

皆さんは乗り継ぎ時間は最低何時間開けるようにしていますか?

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2019年メインカード

 

 

2019年10万マイルを手に入れよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください