カタール航空の柔軟すぎる予約ポリシー 年内旅行に超おすすめ

カタール航空

皆様こんにちは。

いつ海外旅行に行けるようになるかは誰にもわかりません。

だからといって先の予定が何も無いというのはとても辛いことです。

しかし将来の見通しが立たない状態で航空券を予約することはリスクも高く現実的ではありません。

多くの割引運賃はキャンセルや変更ができないためです。

コロナ対応の一環として払い戻しに各社対応してくれていますが、例えばJALの場合、無料で払い戻ししてもらえるのは現時点で6月30日搭乗分までです。

JAL 払い戻し

新型コロナウィルス拡大に伴う国際線航空券の取り扱いについて(2020年5月14日更新)

影響が長引くにつれて都度延長されているものの、将来の安心を保証しているものではありません。

これは多くの航空会社がそうであり、業界の悲惨な状況からすれば対象期間を小出しに延長するやり方は仕方ないことだと思います。少しでもキャッシュが欲しいでしょうから。。。

そんな中またもやカタール航空が利用者のことを考えた素晴らしい予約ポリシーを公開しました。

ちょっとカタール航空さん大丈夫?って心配になるほどです。

ここ最近mosariの中でカタール航空の印象がうなぎのぼりです↑もともと好きな航空会社だっただけにうれしいですね。

カタール航空A380

カタール航空が医療従事者向けに無料の航空券10万枚配布

2020年5月15日

↑のような医療従事者向けのプロモーションも素晴らしい取り組みですよね。

以前利用したときも特典航空券にも関わらず乗継時に無料でホテルを用意してくれるなど、親切な対応をしていただけました。(本来特典航空券は無料ホテル対象外)

年内にどうしても旅行計画を立てたいという場合はカタール航空がおすすめです。

 

スポンサードリンク

柔軟すぎる予約ポリシー

カタール航空 予約ポリシー

簡単にサマると、

  • 対象期間は2020年12月31日搭乗分まで
  • 購入期間は2020年9月30日まで
  • 有効期限が2年間に延長
  • 日付、目的地の変更が何度でも無料
  • Qマイルやトラベルバウチャーでの払い戻しも可能
  • キャンセルされた場合は全額払い戻し

という感じです。

詳しくはカタール航空のプロモーションページを参考にどうぞ。

Qatar Airways

予約期間は9月30日までなのでじっくり考えることができ、搭乗期間は12月31日までになっています。

年内にどうしても海外旅行を計画したい人にぴったりですね。

仮に予約したものの、旅行できないような自体になってしまった場合どうなるかケースごとに見てみましょう。

 

日付を変更したい

例えば9月に予約していたけど、

  • 目的地の安全が確保されていない
  • 会社の個人旅行禁止が解除されなかった
  • 出発前に風邪を引いた

なんてケースが起きたとします。

今はまだ駄目だけど、来月には改善しそうだ。なんて時は無料で日付の変更が何度でも可能です。

何度でも可能なのが安心ですね。

 

スポンサードリンク

目的地を変更したい

パリに行きたくて予約していたけど、直前に感染者が増えて怖くなった・・・じゃあ感染者が全然出ていないロンドンに変えよう!そんなケースもありえそうですよね。

  • 行き先が封鎖されたが近隣の国は開放されている
  • 別の国に興味を持った

なんてケースのときも安心です。

なんとカタール航空は目的地も元の到着地から5,000マイル(約8,000km)以内なら変更ができちゃうんです・・・!

素晴らしいですね!

しかも5,000マイルという距離が寛大すぎます。

東京からシアトルが4,800マイルですから太平洋の超えるくらいの距離なら変更してもらえるというのですw

今の所は目的地を変更しても無料みたいですが、悪用する人が増えると運賃の差額なんかも発生するかも知れませんね(;´∀`)

変更手数料:ご出発前までに変更されたご予約については変更手数料が免除されます。運賃等の差額のお支払いが発生する場合がございます。

サイトにもその可能性は記載されています。

出発地も国内であれば変更可能です。東京で予約したけど関西から出発するといった感じ。(今年から関西に就航予定でしたが現時点では未定になっています)

 

封鎖されていないけど諦める場合

残念ながら何らかの理由により旅行を諦める場合もあるでしょう。

  • 仕事が無くなって旅行どころじゃなくなった
  • 会社から年内の私的旅行が禁止された
  • 旅行は2021年からすることにした

なんてケースですね。

その場合は2つのオプションが用意されています。

ひとつめはトラベルバウチャーに交換する方法です。

諸税などを含む全額をバウチャーにしてもらえるのですが、運賃の10%分を更にボーナスとして上乗せしてもらえます。

10万円の運賃で諸税が2万円だったとすると、

12万円分のバウチャー+1万円分のボーナス(運賃の10%)=13万円のバウチャー

ということですね。

バウチャーの有効期限は発行から2年間とたっぷりなのも嬉しいところ。

カタール航空の付随サービスに利用可能なので、運賃はもちろん、トランジット時の市内観光ツアーやラウンジ利用料金に充当したりできるみたいですね。

 

ふたつめはQマイルに交換する方法です。

1$につき100Qマイルに交換することができます。

1$=107円として見ればほぼ1マイルを1.1円で買うということですね。

カタール航空のプリビレッジクラブで特典航空券に必要なマイル数は日系と比べて多く必要なので微妙なんですけど、1マイル1.1円で買えるなら検討する価値はありそうです。

例えば10万円の航空券を買ってマイルに交換する場合、1$=107円とすると、

93,457Qマイルが手に入ります。

そのままカタール便を予約しようとすると目が飛び出るようなマイル数が必要になるので他社便で使うことになります。

他社便で必要なマイル数はこちら。

 カタール航空 特典航空券 チャート

ちなみにJALの場合はこんな感じ。参考に一番人気のビジネスクラスを見てみます。

JAL ビジネスクラス チャート

必要マイル数のテーブルが異なるので比較しにくいですが、同マイル数の「6,000〜8,000」で見てみると、

  • カタール:150,000
  • JAL:80,000

と、ほぼJALの2倍必要ですね(;´∀`)

ただし、JALマイルを購入しようとすると直販はしておらず、例えばマリオットのポイントを買って移行する〜といったテクが必要になり、現在実施しているセールだとちょうど1マイル=2円で購入することになります。

マリオット ポイントセール

【超お買い得】マリオットのポイントが60%オフセール開始予定

2020年5月16日

なので、必要マイル数は2倍近くかかるものの、半額で購入することができるので結果同じような価値になるんですね。なので損するということは無いと思います。

Qマイルの有効期限は3年間あるので十分ですね。

ただしQマイルの場合は特典航空券でぴったり使い切れるということはなく余りがどうしても出てしまうので、中途半端なマイル数の場合は使い道に困ることになります。

マイルに交換する場合は目的を持って交換することをおすすめします。いつか使うだろう・・・という甘い計画だと後でうんうん悩むことになるので注意。

必要マイル数に応じて色々悩むのが好きなmosariみたいな変態暇人ならいいですが、多くの人はバウチャーにしておいたほうが使い勝手はいいのは間違い有りません。途中でチャートが改悪されるリスクも有りますしね(;´∀`)

 

スポンサードリンク

目的地が封鎖された

こればっかりはどうしようもありませんね。

このような場合はフライトがキャンセルされる可能性が高いです。

その場合は全額払い戻しをしてくれます。

ありがてぇ・・・

一応航空券の有効期限が2年間あるので将来の日付へ変更も可能になるはずです。

2020年6月1日に予約したフライトがキャンセルされた場合、2022年5月31日まで再予約ができるという訳ですね。まぁ全額払い戻してくれるので一度戻してもらってもいいとは思いますが。

 

悪用厳禁

どうでしょうか。素晴らしいと思いませんか?

これなら安心して予約できますよね。

これは間違いなくカタール航空の善意です。

スポンサードリンク

安全してご旅行いただけるよう、より多くの選択肢をご提供いたします。

カタール航空では、お客様の安全を第一に考え、運航を継続しております。
お客様がこれからまたご旅行をお考えになるにあたり、安心してご計画いただけますよう、たくさんの選択肢をご提案させていただきます。

2020年12月31日までのご旅行をすでにご予約のお客様、またはこれからご予約をお考えのお客様には、安心して旅をご計画いただけます。

https://www.qatarairways.com/ja-jp/travel-with-confidence.html

そう、安心して予約できるよう多くの選択肢を用意してくれています。

なので各ケースでも記載したような

  • 風邪引いたから変更しよう
  • 他に行きたいところができたから目的地を変えよう

みたいな直接コロナと関係ないような使い方はできる限り避けて欲しいと思いますし、

  • 10%多めにバウチャーがもらえるからとりあえずバウチャー目的での予約
  • 安い都市の航空券を買って、目的地変更を使って本来行きたいところに安く手配する

みたいな使い方も避けていただけるとありがたい。

ルール的にはできちゃうので後は皆様の良心にて・・・(そういう使い方が多いと封鎖されると思いますが)

もちろんコロナに関係してバウチャーに交換したり、目的地を変更するのは全然OKです。カタール航空さんの善意に感謝して利用させていただきましょう。

今後海外旅行を計画する際はこちらの記事も参考にどうぞ。

StayHome

これから海外旅行を計画する時に気をつけなければいけない5つのこと

2020年5月6日

カタール航空?聞いたことねえな?って人も安心してください。

世界一の航空会社に何度も選ばれている素晴らしいエアラインですよ。

スカイトラックス2019

2019年THE WORLD’S BEST AIRLINESが発表!JALはエコノミー世界1位

2019年6月27日

世界一は伊達じゃない!

カタール航空

引用元:https://www.worldairlineawards.com

各種条件や運賃の検索はカタール航空のHPにて。需要が減っているから結構安い運賃も出ているんですよね。これだけしっかりとした会社で欧州行きで7万円台とか。

Qatar Airways

こういう利用者のことを考えている会社を使いたくなるのが人情ですよね。

頑張れカタール航空!!

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2019年メインカード

 

 

2019年10万マイルを手に入れよう

2 件のコメント

  • 確かにポリシーが劇緩で素敵過ぎますね。「ビジネスだと素敵に見えるけど、エコだと別に…」が利用者としての素直な感想です。

    • kazuwox様

      こんばんはー。

      >>「ビジネスだと素敵に見えるけど、エコだと別に…」
      確かにこれはあるかもしれませんね。しかもビジネスでもコロナ後は色々と削られるかもしれませんね。どこも苦しいでしょうし(;´∀`)

      でもこんな緩いポリシーや医療従事者向けプロモを実施する心意気が○ということで・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください