2019年12月の燃油サーチャージは据え置きだぞ

燃油サーチャージ

皆様こんにちは。

2019年12月と2020年1月の燃油サーチャージがJALとANAから発表されました。

前回の改定で1ランク下がっていましたが、その水準で据え置きとなりました。

燃油サーチャージは上がるときはポンポンあがるのになかなか下がりませんからね。

あがらなくてよかった・・・ 国際線の予約を予定している方は特に焦ったり待ったりしなくてOKです。

現在の燃油サーチャージはこちら。

燃油サーチャージ

2019年10月から燃油サーチャージが安くなるぞー!

2019年9月4日

 

スポンサードリンク

燃油サーチャージ変更時期

燃油サーチャージはシンガポールケロシンという燃油の取引価格の集計期間中の平均額に基づいて決定します。

JALとANAの燃油サーチャージの適用期間と、発表時期、集計期間の関係はこんな感じです。

適用期間 適用額発表時期 集計期間
4月〜5月 2月中旬頃 12月〜1月の平均
6月〜7月 4月中旬頃 2月〜3月の平均
8月〜9月 6月中旬頃 4月〜5月の平均
10月〜11月 8月中旬頃 6月〜7月の平均
12月〜1月 10月中旬頃 8月〜9月の平均
2月〜3月 12月中旬頃 10月〜11月の平均

今回発表があったのは5番目の12月〜1月の発券分になります。

8月〜9月のシンガポールケロシンという燃油代の平均を元に算出されています。

勘違いしやすいのが燃油サーチャージは発券時に適用されます。搭乗時点ではなく発券時です。これにより同じ時期の旅行でも発券タイミングによって支払い燃油サーチャージが変わります。

 

燃油サーチャージ変更について

今回は据え置きですので、現在と変わりません。

燃油サーチャージの価格テーブルはこちら。

ゾーンA ゾーンB ゾーンC ゾーンD ゾーンE
韓国・極東ロシア 400円 600円 1,000円 2,000円 3,000円
中国・台湾・香港(東アジア) 1,000円 3,000円 5,000円 7,000円 9,000円
グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円
タイ・シンガポール・マレーシア 3,000円 6,000円 9,000円 13,000円 17,000円
インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 4,000円 8,000円 12,000円 17,000円 22,000円
北米・欧州・中東・オセアニア 7,000円 14,000円 21,000円 28,000円 35,000円

※往復分、片道の場合は半分

現在および次回の適用ゾーンは「C」

ゾーンCだとシンガポールくらいの中長距離路線になると9,000円かかります。

運賃から1万円近く追加費用がかかるのでダメージがそれなりにあります。

欧米のような長距離だと21,000円もかかります(;´∀`)

JALとANAのリリースページはこちら。

JAL 燃油特別付加運賃

ANA 燃油特別付加運賃

もっと安くならんかなー。

 

スポンサードリンク

特典航空券の場合

タダで飛行機に乗ることができる特典航空券ですが、実際は燃油サーチャージがかかることがほとんどなので注意。(諸税は絶対かかる)

  1. 燃油特別付加運賃は大人・小児・幼児(お座席使用の場合)ともに同額となります。お座席を使用されない幼児は対象外となります。また、JALマイレージバンク国際線特典航空券をご利用の場合にも、同額を適用いたします。

https://www.jal.co.jp/inter/fare/fuel/detail.html

こんな感じでだいたい規約に書いてあります。

ただ、2017年に発券したエミレーツは燃油サーチャージ不要で諸税の10,000円だけでドイツに行くことができました。最高か!

エミレーツ ビジネスクラス

【ビジネスクラス搭乗記】エミレーツ航空 成田-ドバイ EK319

2018年9月9日

こんなビジネスクラスに10,000円で乗れてしまいました。合計4区間ともビジネスクラスで・・・

エミレーツ A380 ビジネスクラス

エミレーツは特典航空券に燃油サーチャージがかかったり、かからなかったりするので発券前に聞いてみるといいと思います。

一方で今年発券したブリティッシュエアウェイズでは諸税+燃油サーチャージで50,000円でした。

去年が1万円だっただけに5万円は異様に高く感じてしまいました。

それで内容がこれですからね。

BA008搭乗記

【ビジネスクラス搭乗記】不安なブリティッシュエアウェイズ 羽田−ロンドン BA008

2019年10月20日

せっかくの特典航空券なんだからいっそ燃油サーチャージ無しにしてくれると皆ヒャッハーなんですけどねぇ。

いや、そもそも燃油サーチャージというものをなくせばいいんじゃなかろうか。

各社ダイナミックプライシングで航空券の値段を高くしたり操作しているわけだからいくらでも吸収できそうなもんだけどな・・・

流石に運賃が固定式だったらわかりますけど、変動性だからなぁ・・・

燃油サーチャージが0だった時期に戻りたい。

 

過去の推移

時期 ゾーン 参考(欧州行き)
2016/4〜5月 無し 0円
2016/6〜7月 無し 0円
2016/8〜9月 無し 0円
2016/10〜11月 無し 0円
2016/12〜1月 無し 0円
2017/2〜3月 A 7,000円
2017/4〜5月 B 14,000円
2017/6〜7月 B 14,000円
2017/8〜9月 A 7,000円
2017/10〜11月 A 7,000円
2017/12〜1月 B 14,000円
2018/2〜3月 C 21,000円
2018/4〜5月 C 21,000円
2018/6〜7月 C 21,000円
2018/8〜9月 D 28,000円
2018/10〜11月 D 28,000円
2018/12〜1月 D 28,000円
2019/2〜3月 E 35,000円
2019/4〜5月 B 14,000円
2019/6〜7月 C 21,000円
2019/8〜9月 D 28,000円
2019/10〜11月 C 21,000円
2019/12〜1月 C 21,000円

上がった月を赤字下がった月を青字にしています。

2016年はずっと燃油サーチャージが0でした。いい時代だ。

2017年に上昇トレンドに入ってからは、2019年2月にピークを迎えるものの、2019年4月に大幅に3段階(E→B)下がりました。

が、直後の6月に1段階上がり、さらに8月からも1段階上がってしまっていました。

前回は1段階下がり、1年ぶりに据え置きとなりました。

このまま下がれー下がれー下がれー!

それでは!



スポンサーリンク

“プレミアムクラス マイレージ情報”

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2019年メインカード

 

 

2019年10万マイルを手に入れよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください