ワンワールド加盟で就航都市が一番多い航空会社はどこか?

ワンワールドアライアンス

皆様こんにちは。

世界の空は3つの航空連合によって結ばれています。

  • ワンワールドアライアンス
  • スターアライアンス
  • スカイチーム

ですね。もちろん無所属の航空会社も沢山ありますが、日本でも馴染みがあるような国のフラッグキャリアはいずれかに所属していることが多いです。

日本の航空会社で言うと、JALはワンワールドに、ANAはスターアライアンスに加盟しています。

アライアンスごとに加盟している航空会社数はこんな感じ。

  • ワンワールド:13社(2020年に1社加盟予定)
  • スターアライアンス:27社
  • スカイチーム:19社

JALが加盟しているワンワールドは13社とANAの所属しているスターアライアンスの27社の半分・・・

が、がんばれワンワールド!

今回はmosariの好きなJALが所属しているワンワールドに加盟している航空会社に焦点を当ててみたいと思います。

ワンワールドは人気がない?いえ、少数精鋭ってやつです。はい。

 

スポンサードリンク

ワンワールド

ワンワールド

ワンワールドは1998年に発足し、現在加盟している航空会社は13社です。2020年にはロイヤル エア モロッコの加盟が決まっています。

アメリカン航空 アメリカ
ブリティッシュ・エアウェイズ イギリス
フィンエアー フィンランド
イベリア航空 スペイン
S7航空 ロシア
ロイヤルヨルダン航空 ヨルダン
カタール航空 カタール
マレーシア航空 マレーシア
キャセイパシフィック航空 香港
日本航空 日本
スリランカ航空 スリランカ
LATAM航空 チリ
カンタス航空 オーストラリア
ロイヤル エア モロッコ(2020年予定) モロッコ

世界地図上に各社のハブ空港をプロットしてみるとこんな感じ。

one world

アフリカ大陸が空白ですが2020年にロイヤル エア モロッコが加盟してくれる予定です。これでアフリカ北部はロイヤル エア モロッコ、アフリカ南部はブリティッシュ・エアウェイズの関連会社であるComairである程度カバーが可能です。(まだまだ弱いですが)

これらの航空会社を組み合わせることで我々旅行者は世界各国にスムーズにアクセスすることができます。

ワンワールドのネットワークを駆使すれば160カ国、1,000都市にアクセスできるみたいです。

ワンワールド

引用元:https://ja.oneworld.com/

1つのアライアンスだけでこれほどまでのネットワークになるんですね。世界の距離は確実に縮まっていると感じます。

160か国と聞くとすごく多く感じるのですが、冷静に考えると13社で160か国なので、1社あたりの平均は12.3か国ということになります。あれ、少ないですね。

もちろんイギリスとかアメリカには各社飛ばしているのでダブりまくっている国が多いので実際は各社もっと飛んでいますが、アライアンスの重要性が垣間見えた気がします。

ということで各社ごとに何か国くらい就航しているのかざっくり見てみましょう。

 

就航国、都市数一覧

国数 都市数
アメリカン航空 50 350
ブリティッシュ・エアウェイズ 90 250
フィンエアー 45 150
イベリア航空 47 135
S7航空 33 196
ロイヤルヨルダン航空 30 45
カタール航空 100 200
マレーシア航空 17 55
キャセイパシフィック航空 35 90
日本航空 20 80
スリランカ航空 48 111
LATAM航空 26 143
カンタス航空 20 80
ロイヤル エア モロッコ 49 94

青字は最も多く赤字は最も少ない

数字は全てワンワールドのサイトより

じゃーーん!

就航国数が最も多いのはカタール航空の100か国でした!

カタール航空A380

すごいですね!

まさに中東という地の利を活かした国数と言えるでしょう。

カタール航空

引用元:https://www.qatarairways.com/ja-jp/

なんとアジア、オセアニア、中東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米の全てにアクセスができちゃうんです・・・まじかぁ。

日本は南米とアフリカに就航していませんからね。。。

逆に最も少ないのはマレーシア航空の17か国。

マレーシア航空

引用元:https://www.malaysiaairlines.com/jp/ja.html

カタール航空と比べると実に5分の1。がんばれーって言いたいところですが、日本航空、カンタス航空も20か国なんですよね・・・

ある意味いずれも地理上は極東みたいなもんですからね。どうしても不利なのでしょう(;´∀`)

ヨーロッパとアフリカに就航できれば国数が一気に稼げますからね。

一方で就航都市数で見ると1位はアメリカン航空の350都市!

アメリカン航空

引用元:https://www.facebook.com/AmericanAirlines/

国数だと50か国とそこまで多いわけではないのですが、都市数で見るとNo.1なんです。

アメリカの国内線だけでもすごい数なんだろうな・・・

ちょっと見てみると、

アメリカン航空

引用元:http://www.airlineroutemaps.com/maps/American_Airlines_from_Dallas

うわっ。すごっ。

アメリカ国内はもちろん、中米のネットワークも凄まじいですね。

逆に最も少ないのはロイヤルヨルダン航空の45都市でした。

ロイヤルヨルダン航空ってなんじゃ?って方も多いでしょう。mosariも乗ったことありません。

中東にあるヨルダンの航空会社ですね。見た目はけっこうかっこいいんですよ。

引用元:https://flyteam.jp/photo/2499342 Photographer corniche

が、同じ中東のカタール航空と比べて非常に小規模で運営していることがわかりました。

日本航空は80都市なのでこちらも多いとは言えませんね・・・

個人的にはキャセイが思っていたよりも少ない印象を受けました。もっと飛ばしているのかと思ってました。

こうして一覧にしてみると航空会社の規模がなんとなく見えてきて面白いですね。

 

スポンサードリンク

おまけ

2018年12月5日からフィジー・エアウェイズが「ワンワールドコネクトパートナー」に認定されています。

フィジー・エアウェイズ

引用元:https://www.facebook.com/oneworldalliance/

これはワンワールドの正会員ではなく準会員のような立ち位置になるそうで、正会員になるには既存の航空会社全ての承認を得る必要がありますが、コネクトパートナーは3社の承認だけあればいいそうです。

そのかわりマイルの積算や上級会員のラウンジ利用権なんかは、コネクトパートナーとして認定した会社間だけになるみたいです。

フィジー・エアウェイズをコネクトパートナーとして承認している会社は4つ。

  • アメリカン航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • カンタス航空
  • キャセイパシフィック航空

これらの会社のマイレージ会員であればフィジー・エアウェイズに乗ることでマイルの積算が可能だったり、上級会員であればラウンジが使えます。

つまり、パートナー認定していないJALのJGC会員が乗ってもマイルは付かないし、ラウンジも利用できません。

フィジーエアウェイズと言えば昨年9年ぶりに成田に戻ってきましたよね。これから日本からの旅行者が増えることが予想されているので、JALもしっかりと提携してくれると助かりますね。JALはハワイがあるから・・・とか大人な事情がなければいいですが。

昨年mosariの友人夫婦がフィジーに訪れているのですがのんびりできてとってもよかったそうですよ。

 

ということでワンワールドに加盟している航空会社の就航国数と都市数でした。

数字化してみると新たな発見があった方も多いのではないでしょうか。

ワンワールド

引用元:https://ja.oneworld.com/

これからも頑張れワンワールド!

そうそう、ワンワールドのネットワークを使って世界一周するワンワールド世界一周旅行券というものがあります。

これを使うと全路線ビジネスクラスで超格安で世界一周ができちゃうんですよ。(もちろんファーストもエコノミーもありますヨ)

世界一周

ワンワールド世界一周旅行券のルールと世界一周ルートを考えてみる

2019年2月23日

JALのマイルを使って特典航空券で利用することもできます。

oneworld

ワンワールド特典航空券のルールと有償の世界一周旅行券との違いを解説

2019年4月3日

アライアンスのおかげで我々旅行者の選択肢は確実に増えますからね。これからも拡大していくことを願いましょう。

それでは!



スポンサーリンク

“プレミアムクラス マイレージ情報”

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2019年メインカード

 

 

2019年10万マイルを手に入れよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください