スターアライアンスの共通ポイントが貯まるクレジットカードが発行予定

スターアライアンス

皆様おはこんにちばんは。

皆が大好きなマイルを貯めるには大きく分けて2つの獲得方法があります。

  • 搭乗して貯める
  • クレジットカード決済など日常生活で貯める

前者が王道でありながらも、経費で乗れるような人じゃないとガッツリ貯めるのは難しかったりします。

多くの人はクレジットカード決済やポイントサイトなどを利用し、搭乗以外の方法で貯めてるって方が多いんじゃないかなと思います。

日本だとJALカードか、ANAカードといった航空系のクレジットカードが人気です。

それぞれ航空会社と提携したカードなので直接マイルが溜まったり、ポイントとして貯まるものの移行制限が無かったりという点が強みです。

アメックスなどのクレジットカードでは、ポイントから複数の航空会社のマイルを選んで移行することができますが、移行上限があったり、レートが悪かったりします。

多くのケースでは1社のマイルを貯められれば問題無いのですが、複数から選べると、行き先に応じて有利なマイレージプログラムに移行できるため、効率よくマイルを活用することができます。

今回はスターアライアンスの共通ポイントが貯まるクレジットカードが発行されるかもしれない、というお話です。

 

スポンサードリンク

スターアライアンス共通ポイントが貯まるクレジットカード

世界最大の航空連合であるスターアライアンスがメンバー26社と提携したクレジットカードを発行するかもしれません。

スターアライアンスといえばANAも加入しています。

スターアライアンス
  • エーゲ航空
  • エア・カナダ
  • エアチャイナ
  • エアインディア
  • ニュージーランド航空
  • ANA
  • アシアナ航空
  • オースリア航空
  • アビアンカ航空
  • ブリュッセル航空
  • コパ航空
  • クロアチア航空
  • エジプト航空
  • エチオピア航空
  • エバー航空
  • LOTポーランド航空
  • ルフトハンザ航空
  • スカンジナビア航空
  • 深セン航空
  • シンガポール航空
  • 南アフリカ航空
  • スイス航空
  • TAPポルトガル航空
  • タイ国際航空
  • ターキッシュエアラインズ
  • ユナイテッド航空

うーん、凄まじいネットワークですね。

これら26社のマイレージプログラムと提携したクレジットカードが登場するかもしれないのです。

Star Alliance Plans Credit Card For Redeeming Points Across 26 Airlines

The card, to be launched later this year, will allow users to earn points via their spending, like a regular credit card, and then redeem those points via the frequent-flyer programs of any of the airlines, Star Alliance CEO Jeffrey Goh said at a briefing Thursday.

Google翻訳

スターアライアンスのジェフリー・ゴー最高経営責任者(CEO)は、今年後半に発売されるこのカードにより、ユーザーは通常のクレジットカードのように支出でポイントを獲得し、その後、いずれかの航空会社のマイレージプログラムでポイントを利用できるようになると語った。

上記ニュースサイトによると、2022年後半に登場予定となっています。

ポイントを獲得し、その後、いずれかの航空会社のマイレージプログラムでポイントを利用できるようになる。

としているので、一度ポイントとして蓄積されて、その後好きなマイレージプログラムに”移行”する感じですかね。

それとも各マイレージプログラムに共通ポイントを使う、みたいな項目が追加されて直接ポイントを使えるのか・・・いや、各社の改修の手間が半端ないので移行形式な気がしますね・・・

 

日本で流行るかは微妙

画期的な取り組みだと思うのですが、日本にはANAカードがいるので単純に共通ポイントが貯まるだけだと流行らないですよね。

だってANAのマイルを使ってスターアライアンス加盟航空会社の特典航空券がとれるわけですから・・・

ポイントの還元率が高いと一気に人気になりますが、航空会社からの批判待ったなしなのでそんなこともなさそう。

各社のマイルの価値を下げることに繋がりますからね・・・

もし流行らせるのであれば還元率以外の特典をいかに充実させるかですね。

例えば、

スターアライアンス共通クレジットカードを持っていると、ポイントを使って航空会社のラウンジに入室できる。

年間○万円以上の決済で無料といったパターンもあるかもしれません。

複数社による提携カードであることを活かして、2社以上を利用した旅程の場合、特典航空券発行に必要なポイント(マイル)が少なくなる、なんてことがあると面白いですよね。

うまく単一の提携カードとの差別化をすることができたら刺さる人には刺さる魅力的なクレジットカードになる可能性を秘めています。

 

まだ全容が見えていませんが新しい取り組みであることは間違いないので楽しみですね!

コロナ後の海外旅行需要を刺激する魅力的な1枚になることを願っています。

日本はいつになったら海外旅行に行けるようになるのやら。

海外からの観光ツアーの受け入れが始まるなど少しずつ開国に向かっていますので、このまま落ち着いてくれるといいのですけれど。

年末に予約もあるし・・・

フィンエアー 新ビジネスクラス

フィンエアーの新シートがモダンでいい感じなので予約してみたぞ!

2022年2月19日

行けるかな?いけるといいな。

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
SPGアメックス 2021年 メインカード

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください