ヒルトンハノイ ゴールド特典でチェックイン前にアップグレード!

ヒルトンハノイオペラ

2015年12月にベトナムの首都ハノイに嫁と二人で海外旅行に行ってきました。

海外旅行初心者のmosari夫婦がハノイの滞在先に選んだのはヒルトンハノイオペラです。

ハノイでのホテル選びの参考になればと思い、お部屋のアメニティなど忘備録を兼ねてご紹介したいと思います。

ヒルトンハノイオペラ

引用元:http://hiltonhotels.jp/hotel/hanoi/hilton-hanoi-opera

 

ヒルトンハノイオペラの立地

ハノイの玄関口であるノイバイ国際空港からヒルトンハノイオペラまではタクシーで40分ほどです。これは渋滞に巻き込まれなかった場合の時間となりますので昼に到着する便の場合はもう少しかかると思います。

場所はホアンキエム湖の南西に位置します。観光の中心となる旧市街へは歩いて15分程度で到着です。旧市街周辺は大変賑やかなのでホテルはこれくらい離れていたほうがいいと思います。

ホアンキエム湖沿いを歩けば車に気をつかわないで済みますのでそちらを通るのがおすすめです。

立地は文句なしですね。

 

宿泊プラン

宿泊のおよそ2ヶ月前にキングヒルトンデラックスルームを予約しました。パッと見よさそうなお部屋の名前ですが一番安い部屋です。

予約状況

ちょうどアジアのヒルトンが安くなるディスカバーアジアというプロモーションがありましたのでそちらを利用して1泊あたり100ドルでした。予約段階では1ドルおよそ120円でしたので約12,000円ですね。2泊分なので24,000円にサービス税やら消費税がかかって最終的にはおよそ28,000円での予約となりました。

1人あたり1泊7,000円とみれば十分ですね。

GOLD特典のアップグレードは?

mosariはヒルトングループの会員組織ヒルトンHオナーズのGOLD会員です。もちろん生粋のGOLD会員ではなく、所謂なんちゃってGOLDです。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。簡単にGOLD会員になれる裏技を紹介しています。

ヒルトンに予約する前に必見!安くお得に宿泊する方法

2015.08.22

GOLD会員ですとお部屋のアップグレードが期待できるようになります。最安のプランではエグゼクティブラウンジが使えませんから是非ともアップグレードされて欲しい!

チェックイン時にドキドキするものかと思っていたらなんと宿泊当日の朝にはアップグレードが確定していました!

ヒルトン予約状況

こちらは「Hilton HHonorsアプリ」での宿泊予約画面です。当日の朝アクセスしてみると赤枠で囲った部分が「KING HILTON EXECUTIVE」になっていました!これは嬉しいサプライズ!エグゼクティブルームにアップグレード確定です!

ということでラウンジアクセス付き、朝食付きで1泊1人あたり7,000円というハイパフォーマンスでの宿泊となりました。

 

チェックイン

アップグレード確定してましたので安心してチェックインです。タクシーから降りるとポーターさんがスーツケースを運んでくださいますのでそのままフロントへ。

ヒルトンハノイ

こちらは翌朝2階から撮影したものです。ロビーは吹き抜けで解放感があります。クリスマスツリーもイルミネーションが綺麗ですね。

右奥にある入口から入ってすぐ目の前にフロントがあります。mosariは24時頃のチェックインでしたので他に並んでいる方もおらずスムーズでした。

ヒルトンHオナーズの会員カードを見せれば特に個人情報を記載せずに手続きが可能ですので、会員カード片手にフロントに挨拶するところからチェックイン手続きの始まりです。

Hオナーズ会員カード

小学生レベルの英語力であるmosariが一番緊張する瞬間です。

 

m「やぁ、チェックインお願いします(会員カード提出)」

紳士「お待ちしておりました。mosari様ですね」

 

紳士「お部屋はアップグレードしておきましたよ」

m「ありがとう!!(知ってたけどね)」

 

紳士「予約時に使ったクレジットカードをいただけますか?」

m「このカードです」

 

紳士「ありがとう。事前に決済しているけどコピーにサインだけください。何か利用したものがあればこちらから引き落としますね」

m「わかりました」

 

m「朝食会場はどこになりますか?」

紳士「7階のエグゼグティブラウンジになります。こちらをご覧ください。(エグゼクティブラウンジの詳細が記載されたペーパーをもらう)」

 

紳士「こちらがルームキーです」

m「わかりました。ありがとうございます」

 

こんな感じのやりとりをしました。

最初の挨拶の時点で「あ、こいつ英語しゃべれんな」と察してくれたのか、とてもゆっくりしゃべってくださいました。本当にありがとうございました・・・!

上記会話はたぶんこんなことを言っているのだろうなぁと適当に妄想した会話内容です。特にクレジットカードのくだりの部分はかなり怪しいです 笑

無事?にルームキーをゲットしましたのでお部屋に向かいたいと思います。

 

キングヒルトンエグゼクティブルーム

ポーターさんにスーツケースを運んでもらいエレベーターに乗り込みます。6階で降りてお部屋に向かいます。

ヒルトンハノイ2

エレベーターホールです。よくある感じのホールですね。こうやって写真で見るとカーペットが少しさびれた感じがしますね・・・滞在中は気になりませんでしたが。

さぁお部屋に入りますよー!

 

ヒルトンハノイルーム16 ヒルトンハノイルーム18 ヒルトンハノイルーム17

間接照明を上手く取り入れた落ち着いたお部屋です。部屋の広さも十分で余裕をもってスーツケースを広げられました。

さっそくお部屋を漁ってみましょう。

ヒルトンハノイルーム3

クローゼット左側を開けるとポットがありました。赤ちゃんがいても安心してミルクが作れますね。

ヒルトンハノイルーム4

高級なネスプレッソマシーンではありませんが十分です。エグゼグティブラウンジが使えるとそもそも部屋で飲もうということになりませんしね。

ヒルトンハノイルーム5

こちらはミニバーです。スペースに余裕があるので持ち込みも可能ですね。

ヒルトンハノイルーム6

こちらは価格表です。通貨はベトナムドンですね。

桁が多くてわかりにくのですが、ざっくり下2桁の0を取った後に2で割ればおおよその金額感がわかります。(2015年12月現在)

例えばCoca Colaですと70,000ドンですので下2桁の0を取ると700になりますよね。さらに2で割れば350円となるわけです。

このざっくり計算方法を知っていると変にぼったくりにあわずに済みますので必ず覚えておきましょう。

ヒルトンハノイルーム7

クローゼットの右側にはバスローブがありました。mosariは使わない派ですが皆様はお使いでしょうか?

ヒルトンハノイルーム19

続いてトイレ&お風呂です。

写真左のガラスで区切られたエリアがシャワーブースとなっておりますので、バスタブについているシャワーを使うことは無いと思います。わかりにくい写真ですいません・・・

シャワーブースは独立していますので床が水浸しなることはありません。シャワーヘッドは可動式なので使い勝手よしです。水量も十分ですしお湯もしっかり出ました。

ただ、バスタブは栓を占めても少しずつ漏れているようだったのでお湯出しっぱなしで入浴させていただきました。

バスタブの手摺の脇にある黒い何かにはアロマオイル?が張ってありました。なかなかリラックスできるいい香りでした。こういう気遣いは嬉しいですよね。

ヒルトンハノイルーム9

洗面台です。清潔感のある作りです。

ヒルトンハノイルーム10

アメニティはヒルトンおなじみの「PETER THOMAS ROTH」です。外国のシャンプーってすごい髪がギシギシになりますよね。恐る恐る使ってみたところ意外にもあまり気になりませんでした。今後はヒルトン宿泊時はシャンプー持っていかなくて済みそうです。

ヒルトンハノイルーム11

鏡に反射してわかりにくいのですが、お水は2本です。2日目にもきちんと補充されていました。

ヒルトンハノイルーム12

ドライヤーと可動式の鏡です。鏡は上を向けていますが正面に持ってくることも可能です。

鏡に顔を近づけたいシーンで役に立ちます。コンタクトを入れる際とかとっても便利かと思います。

ヒルトンハノイルーム13

こちらはウェルカムフルーツ&クッキーかと思われます。2日目に部屋に戻った際にセットされていました。

mosariは予め深夜のチェックインになることをホテルにメールしていました。なので時間を考慮して初日ではなく2日目にしていただけたのだと思います。とっても気が利きますね。

滞在の1週間前にはホテル側からも何か手伝えることがあったら連絡してね。とメールが届きました。細かな気遣いがほんとに嬉しいです。

チェックイン時にはこういったグッズもいただきました。

ヒルトンハノイルーム14
ヒルトンハノイルーム15

黄色のカードは困ったときにベトナム語で尋ねることができるようにするものですね。ホテルはもちろん水上劇場やホーチミン廟などの観光名所が記載されています。

青い冊子は広げると地図になります。

mosariは手持ちのスマホでGoogleMapを見られたのでどちらも利用しませんでしたが、こういったグッズを用意していただける気遣いがありがたいですよね。

 

お部屋の写真はこんなところでしょうか。

写真にはありませんがもちろんセキュリティボックス、スリッパもありますよ。

 

Wi-Fiについて

客室のWi-Fiは有料です。ただし、ヒルトンHオナーズ会員の場合は無料となります。

客室のWi-Fiに接続すると「部屋番号」と「ラストネーム」を入力するように求められます。

認証に成功すると通常のインターネット接続か高速インターネット接続のどちらのプランを選択するか求められます。

mosariはゴールド会員なので通常のインターネット接続を選択しました。

高速インターネット接続が無料になるのはダイヤモンド会員のみなのでご注意くださいませ。

選択画面には有料と記載されていますが、請求されておらず無料で使わせていただきました。

ヒルトンHオナーズには無料で入会できますから宿泊前に入会しておくことをおすすめします。

入会はこちらから

 

気になった点

トイレ&お風呂エリアへの入り口が木造の観音開き式でした。

立て付けが悪いのか微妙に閉まりきらず、夜中に目が覚めてトイレを使おうとすると流した音が部屋に鳴り響きます。ごめんよ嫁。

夜中爆睡できる方々であれば問題ないと思いますが・・・

 

まとめ

  • 立地よし
  • 値段もお手頃
  • 細かな気遣いがありがたい
  • ヒルトンHオーナーズ会員のGOLD会員はエグゼルームへのアップグレードが期待できる

うん、大満足です!

長くなってしまったので朝食やエグゼグティブラウンジについては次回に持ち越したいと思います。

ヒルトン ハノイ宿泊記 バ・ミエンの朝食&ラウンジ編

2015.12.27

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
---JGCへの第一歩はJALカードから---
今ならキャンペーン実施中

---海外旅行保険に悩むあなたへ---
過去事例から学ぶ必要な保険とは
補償金額

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です