閉鎖された空の再開を目指すカタール航空は6月には80都市へ運行

A380

皆様こんにちは。

残念なことにコロナの影響で多くの路線が運休になっています。

例えばJALの5月における欧州路線はモスクワへの臨時便を除けば羽田-ロンドン路線のみという有様です。

JAL 国際線 5月

JAL | 2020年5月1日~31日 欧州線路線計画変更内容

6月以降の運行状況はまだ発表されておらず、いつまでこの影響が続くのか見通しが立たない状態です。

そんな中カタール航空は6月にかけて運行路線を拡大していくと発表がありました。

混乱の終息が全く見えない中こうした情報はわずかではありますが、希望になるでしょう。

 

スポンサードリンク

カタール航空の現状

カタール航空

カタール航空と言えばドーハを拠点とする航空会社で、オイルマネーを原資とした豪華なサービスが特徴です。

同じ中東の航空会社であるエミレーツとよく比較されていますね。日本での知名度はエミレーツのほうが高いように感じますが、カタール航空も負けずに素晴らしいサービスを提供してくれるmosariの大好きな航空会社です。というかカタール航空のほうがサービスレベルは高いと感じています。

そんなカタール航空はコロナ発生前はざっくり100国、200都市に就航していました。

カタール航空

one world 加盟航空会社

それが今カタール航空が就航している都市はなんと・・・32都市だけです(;´∀`)

地域 都市
北米 シカゴ
北米 ダラス
北米 モントリオール
南米 サンパウロ
アジア コロンボ
アジア バンコク
アジア ジャカルタ
アジア クアラルンプール
アジア ソウル
アジア シンガポール
アジア 成田
オセアニア メルボルン
オセアニア パース
オセアニア シドニー
ヨーロッパ アムステルダム
ヨーロッパ アテネ
ヨーロッパ ブリュッセル
ヨーロッパ コペンハーゲン
ヨーロッパ ダブリン
ヨーロッパ フランクフルト
ヨーロッパ ヘルシンキ
ヨーロッパ ロンドン
ヨーロッパ マンチェスター
ヨーロッパ ミュンヘン
ヨーロッパ オスロー
ヨーロッパ パリ
ヨーロッパ ローマ
ヨーロッパ ストックホルム
ヨーロッパ ウィーン
ヨーロッパ チューリッヒ
中東 クウェート
中東 テヘラン

少ないですね・・・

 

今後の運行計画

カタール航空は6月末までに、アメリカ大陸4か所、アジア/オセアニア33か所、ヨーロッパ23か所、中東/アフリカ20か所の計80の都市への就航を計画しています。

Qatar Airways Announces Phased Rebuilding of Network to an Initial 52* Destinations by End of May and 80* in June

就航予定都市はこんな感じ。赤字が現時点(5月10日)と比べて復活する路線です。

地域 都市
北米 シカゴ
北米 ダラス
北米 モントリオール
南米 サンパウロ
アジア 広州
アジア 香港
アジア ソウル
アジア 成田
アジア 北京
アジア 上海
アジア バンコク
アジア ジャカルタ
アジア クアラルンプール
アジア マニラ
アジア シンガポール
アジア アーメダバード
アジア アムリトサル
アジア バンガロール
アジア ムンバイ
アジア カリカット
アジア コルカタ
アジア コロンボ
アジア コーチ
アジア ダッカ
アジア ニューデリー
アジア ゴア
アジア ハイデラバード
アジア カトマンズ
アジア チェンナイ
アジア マーレ
アジア トリバンドラム
アジア イスラマバード
アジア カラチ
アジア ラホール
オセアニア メルボルン
オセアニア パース
オセアニア シドニー
ヨーロッパ アテネ
ヨーロッパ ブダペスト
ヨーロッパ モスクワ
ヨーロッパ イスタンブール
ヨーロッパ アムステルダム
ヨーロッパ ストックホルム
ヨーロッパ バルセロナ
ヨーロッパ ブリュッセル
ヨーロッパ パリ
ヨーロッパ コペンハーゲン
ヨーロッパ ダブリン
ヨーロッパ エジンバラ
ヨーロッパ ローマ
ヨーロッパ フランクフルト
ヨーロッパ ロンドン
ヨーロッパ マドリード
ヨーロッパ マンチェスター
ヨーロッパ ミュンヘン
ヨーロッパ ミラノ
ヨーロッパ オスロ
ヨーロッパ ベルリン
ヨーロッパ ウィーン
ヨーロッパ チューリッヒ
中東 アンマン
中東 ベイルート
中東 バグダッド
中東 バスラ
中東 エルビル
中東 テヘラン
中東 スレイマニヤ
中東 クウェート
中東 マスカット
中東 マシャド
中東 ナジャフ
中東 ソハール
中東 サラーラ
中東 シラーズ
アフリカ アディスアベバ
アフリカ ケープタウン
アフリカ ヨハネスブルク
アフリカ ラゴス
アフリカ ナイロビ
アフリカ チュニス

復活する路線はアジアは中国本土、香港、インドが中心ですね。羽田と関西は無し。

ヨーロッパは主要都市に加えてブダペストやモスクワなど東部が追加されるみたいですね。

中東へのアクセスも増え、現在は完全に停止されているアフリカ大陸も6都市復活します。

これでもまだ80都市ですからコロナ発生前の半分にも達していません。

完全にもとに戻るのはいつになるやら(;´∀`)

それでも今は復活する方向に転換されたというニュースを前向きに捉えましょう。

 

スポンサードリンク

旅行できるかどうかは別問題

路線が復活してもその国に行けるかどうかは別問題なので誤解してはいけません。

日本人の入国を禁じている国も多いですし、多くの国から帰国した場合の自宅待機要請など課題は多く残っています。

詳しくはこちらの記事にまとめていますので旅行計画前に必読ですぜ。

StayHome

これから海外旅行を計画する時に気をつけなければいけない5つのこと

2020年5月6日

まぁ少なくとも今年の夏休み旅行は厳しいでしょうね。

夏休みの次の大型連休は年末年始、その次はGWですね。

今年はシルバーウィークが無いんですよね(;´∀`)

シルバーウィーク2020年

3日間平日が挟まっているので、4連休止まりです。

3日間休みが取れるという方は9連休になるんですけどね。

読者の方の中にはすでに2021年のGWの発券報告をしてくれた方もいらっしゃいます。行けるといいですね。ホント。

我が家は夏の旅行をキャンセルして年末年始の予約を入れてみようかなと計画中です。

年末年始もまだまだわかりませんが予約無いと精神的につらたんなのです。

1日も早く終息することを願いつつ、カタール航空が減便を一部取りやめて路線を復活させるという前向きなニュースでした。

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2019年メインカード

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください