グローブトロッターの各シリーズのスーツケースを紹介 2018春夏の新作も

グローブ・トロッター

皆様こんにちは。

今日は旅に欠かせないスーツケースのお話。

mosariが選んだのは英国生まれのグローブトロッターのスーツケースです。

グローブトロッターを購入!早速旅してきたのでレビューも

2017.08.12

購入してからというものの、今まで以上に旅が楽しくなり、アイテムひとつでこんなにも変わるのかと驚いています。それは小さい頃におもちゃを買ってもらった感覚に近いのかもしれません。嬉しくって使いたくって自慢したくって。

そんな思いにさせてくれるのがグローブトロッターの魅力だと思っています。

そこで本日はグローブトロッターのスーツケースについて紹介したいと思います。

なお、グローブトロッターはスーツケース、トロリーケース、アタッシェなどを総称してトラベルケースと呼んでいます。

 

GLOBE-TROTTER

1987年に英国で創業以来、王室をはじめとしたセレブリティーに愛され続けるグローブトロッターのトラベルケース。

ブランド名の由来は地球(globe)を巡る(trot)という言葉から来ています。この言葉は、19世紀の流行語だったそうです。新たな地平を目指して旅立つ、冒険心のある旅人たちのために生まれました。

南極探検で有名なロバート・スコットなど、多くの冒険家達に愛されたそうです。

引用元:http://belgravia1961.com/?p=913

そしてその素晴らしさは冒険家達から上流階級の世界へと広まっていきます。

エリザベス女王は自身のハネムーン用のトラベルケースとしてグローブトロッターを選び、英国首相のウィンストン・チャーチルはアタッシェケースを相棒として愛用していたそうです。

エリザベス女王は50個以上もお持ちだそうで、今もなお英国王室とコラボしたモデルが作られるなど、深い関係が続いています。

グローブトロッター

引用元:https://jp.globe-trotter.com/

現代では男性だとデビット・ベッカムや本田圭佑、俳優のエディ・レッドメイン、女性ではエマ・ワトソンやケイト・モス、小雪さんなど多数の有名人が利用している姿が目撃されています。

グローブトロッター

引用元:http://www.whats-he-wearing.com/

今でも多くの方に愛され、人生という長い旅の大切なパートナーとして選ばれているのがグローブトロッターです。

 

素材はなんと”紙”です。

19世紀の最先端素材であったヴァルカンファイバーを今でも使用しており、創業当時と変わらぬ製法で、ひとつひとつ丁寧に作られています。

それは100年前に作られたものにプライドがあるから。そして、それを手にとってくれた未来の使い手たちに愛着をもっていただきたいからなんだそうです。

現代ではジェラルミンやカーボン、ポリカーボネートなどが主流ですが、グローブトロッターでは未だにヴァルカンファイバーという紙でできた素材を使い続けています。紙というとチープに聞こえますが、紙でしか表せない温かみのある表情と色味は絶対に他の素材では出すことが出来ません。

時間が立つことによってエイジングが進めばより味わい深い表情を見せてくれます。

特殊なコーティングがされているため、多少の雨では問題ありません。そんなやわだったら冒険に耐えることはできませんからね。

グローブ・トロッター

これはグローブトロッターの堅牢性を宣伝するために作られた当時のポスターです。実際に1トンの象に乗らせたそうですよ。100人乗っても大丈夫!ってCMと同じ手法ですね。

今ではグローブトロッターはシリーズ化されて数多くのモデルが発売されています。

今回は各シリーズを見てみたいと思います。画像はグローブ・トロッター様のサイトからお借りしております。

※ある程度荷物が詰められる16インチ以上のサイズに絞って紹介します。

 

ORIGINAL

グローブ・トロッター

創業当時から変わることのない「オリジナル」。

本体と同じヴァルカンファイバーを使ってコーナーを補強し、装飾性を排したミニマルなスタイルが特徴のシリーズです。

他のシリーズでは20インチ以上で本体に革のベルトが付きますが、オリジナルシリーズにはそれがありません。良くも悪くもシンプルです。

20インチ トロリーケース レッド

カラーは3種類が定番としてラインナップされています。

  • ネイビー(N)
  • ブラウン(BR)
  • レッド(R)

ただしサイズによって存在しないカラーもあります。

インチ 種類 カラー 価格(税抜)
16 アタッシェ N,BR 115,000
18 トロリー N,BR,R 120,000
20 トロリー N,BR,R 130,000
26 スーツケース N,BR 135,000
30 スーツケース N,BR,R 155,000
33 スーツケース N,BR 175,000

 

簡単に種類を説明すると、

”アタッシェ”はホイールが無い手持ち専用。所謂アタッシュケースです。

”トロリー”はホイールと伸縮式の持ち手がつきます。一般的なスーツケースをイメージしてもらえればOKです。

”スーツケース”になるとかなり縦長になるため、伸縮式の持ち手が無くなります。本体についている持ち手をそのまま引っ張ります。

なお、オリジナルシリーズの26インチにはホイールがついていませんので注意。荷物持ちの人がいる人専用です。ホイールが無い分お値段も控えめです。と、言ってもまだまだ高いですけどね。

 

CENTENARY

グローブ・トロッター

グローブトロッター誕生100週年を記念して発売されたシリーズがCENTENARY(センテナリー)です。

コーナーにはレザーをあしらい、20インチ以上には本体に革のベルトが付きます。グローブトロッターといえばこの革のベルトが一種のアイコンになっています。豪華客船が活躍した大航海時代を彷彿させるクラシックなデザインは今もなお多くの人を魅了します。紙と革の原始的な組み合わせが忘れていた旅のワクワクを思い出させてくれます。

グローブ・トロッター

20インチ トロリーケース グリーン

カラーは4種類が定番としてラインナップされています。

  • ブラック(B)
  • ネイビー(N)
  • グリーン(G)
  • ブラウン(BR)

展開サイズはこちら

インチ 種類 カラー 価格(税抜)
16 アタッシェ B,N 155,000
18 トロリー B,N,G,BR 170,000
20 トロリー B,N,G,BR 190,000
26 トロリー B,N,G,BR 230,000
30 スーツケース B,N,G,BR 235,000
33 スーツケース B,N,BR 245,000

 

20インチ以上で本体に革のベルトが付きます。

なお、2017年まではオレンジカラーがあったのですが、現在の在庫を持って販売停止とのこと。街中でもたまに見かける人気の高いカラーだっただけに残念です。

 

SAFARI

グローブ・トロッター

スワヒリ語で”旅”を意味する「サファリ」。”優雅”と”冒険”というふたつの側面を持つアフリカ旅行を体現した1920年代の復刻コレクションがSAFARIシリーズです。

その最大の特徴はレザーパーツに着色していないヌメ革を使っていることです。

最初は肌色だったレザーが時と共にエイジングが進み飴色に変化していきます。使い込むほどに深い味わいを生み出します。

20インチ トロリーケース アイボリー

カラーは2種類が定番としてラインナップされています。

  • アイボリー(I)
  • コロニアルブラウン(CB)

展開サイズはこちら

インチ 種類 カラー 価格(税抜)
16 アタッシェ I,CB 165,000
18 トロリー I,CB 180,000
20 トロリー I,CB 200,000
26 トロリー I,CB 240,000
26 スーツケース I,CB 210,000
28 スーツケース I,CB 220,000
30 スーツケース I,CB 235,000
33 スーツケース I,CB 245,000

※26インチのスーツケースにはホイールが付きません。

グローブトロッターで一番人気なのがこのシリーズのアイボリーです。実物を見てみると納得の可愛さです。

mosariが購入したのはコロニアルブラウンです。SAFARIなら男性はこちらでしょう。

グローブトロッター

エストニアへ向かうフェリーのデッキ上にて

コロニアルブラウンは画像だとブラックに見えますが、実物を見ると深いブラウンだとわかります。これがホント絶妙な色味なんです。

購入してから半年ほど経ちますがレザーがいい感じの色になってきました。これからもエイジングが楽しみです。

 

CRUISE

グローブ・トロッター

深い青と真っ青な空の美しいコントラスト。豪華客船で過ごす贅沢でゆったりとした時間。

そんな当時の人々が楽しんだクルーズ旅行にインスパイアされたシリーズがCRUISE(クルーズ)です。

英国王室から数少ない”ロイヤル”の称号を与えられている王室オフィシャルカラー「ロイヤルブルー」のボディにネイビーレザーの組み合わせ。

20インチ トロリーケース ロイヤルブルー

ライニングには“ロンドン・ピンストライプ “があしらわれ、開ける度にテンション上がること間違いなしです。

20インチ トロリーケース ロイヤルブルー

カラーは1種類のみとなります。

  • ロイヤルブルー(RB)

サイズ展開はこちら

サイズ 種類 カラー 価格(税抜)
18 トロリー RB 180,000
20 トロリー RB 200,000
26 トロリー RB 240,000
30 スーツケース RB 245,000
33 スーツケース RB 255,000

 

クルーズ旅行好きなら迷わずこのシリーズがおすすめですね。海が本当に似合うカラーです。

 

ORIENT

グローブ・トロッター

世界の豪華列車として名高いオリエント・エクスプレス。アジアの伝統と自然の調和にふれ熱帯の薫風を駆け抜ける列車の旅にふさわしいトラベルケースとして誕生したのがORIENT(オリエント)シリーズです。

最大の特徴はヴァルカンファイバーに紅溜色(べにため色)の漆を使って仕上げた圧倒的な存在感です。英国の古き良き素材と、日本の古き良き染色技術のコラボレーションが実現しました。

英国のファクトリーで裁断したヴァルカンファイバーを京都に運んで染色し、再び英国のファクトリーに戻して組み立てるという非常に手間のかかった珠玉の一品です。

21インチ トロリーケース 漆

カラーは1種のみがラインナップされています。

  • 漆(U)

展開サイズはこちら

サイズ 種類 カラー 価格(税抜)
16 アタッシェ U 250,000
18 トロリー U 290,000
20 トロリー U 305,000
26 トロリー U 365,000
30 スーツケース U 385,000
33 スーツケース U 420,000

 

高級感と存在感が半端ないのですが、ここまで来ると持つのを躊躇うレベルです。

旅行好きなmosari嫁の友達にグローブトロッターを紹介したところ、このシリーズのトロリーを買いました。ひぃ。

 

ROYALE

グローブ・トロッター

光あふれる優雅な空間とはじけるグラスの泡。魅惑的な光を放つ黒い宝石。そんな最高級シャンパーニュとキャビアをたしなむ極上のライフスタイルからインスパイアされたシリーズがROYALE(ロワイヤル)です。

パールのような光沢加工が施されており、独特な光を放ち注目を集めること間違いなしでしょう。

グローブ・トロッターの最上級コレクションがラグジュアリーな旅を彩ります。

グローブ・トロッター

引用元:https://www.fashion-press.net/news/11906

カラーは2種類が定番としてラインナップされています。

  • シャンパーニュ(C)
  • キャビアグレー(G)

展開サイズはこちら

インチ 種類 カラー 価格(税抜)
16 アタッシェ G 250,000
18 トロリー C,G 290,000
20 トロリー C,G 305,000
26 トロリー C,G 365,000
30 スーツケース C,G 385,000
33 スーツケース C,G 420,000

 

車の板金のような光沢を持ち、内側のライニングもスエードが使われており、高級感たっぷりです。

良くも悪くも目立ちますが、人気は高いようで店頭で購入している人を2回見ています。

なんにせよネーミングセンスが抜群です。シャンパーニュとキャビアは相性ばっちりですからね。セットで揃えたくなっちゃう?いやいや、お値段が・・・笑

先日ご招待いただいたパーティーでいただきましたが本当に美味しいのなんのって。

 

BESPOKE

ざっとご紹介してみましたが、あくまで定番品だけでこのボリュームです。これに限定カラーが展開されているので本当に目移りしてしまうんですよね。

2018年の春夏のコレクションも発表されました。これがまた素敵なんですよね・・・

ただでさえ数が多くて迷ってしまうんですが、グローブトロッターのトラベルケースはオリジナルで作成することも可能です。

BESPOKEと呼ばれるシステムで、所謂オーダーメイドってやつですね。

グローブ・トロッター

ボディのカラーはもちろん、コーナーレザーやベルト、ライニングの布地やステッチの糸、錠前の金具の色など細部まで自分好みにオーダーが可能です。

これまで紹介したボディのカラーはもちろんのこと、ビスポーク限定のカラーも存在し、組み合わせは180億パターン!以上になります。

つまり、世界にひとつだけの自分専用のスーツケースを作ることができるんです。

オーダーを受けてから英国のファクトリーで職人が手作業で作るため納品までおよそ半年かかります。

グローブ・トロッター

銀座店の2階がビスポークラウンジとなっており、専用端末でじっくりとシュミレーションしながらオーダーすることができます。

他の店舗では期間限定でビスポークフェアを行うのでその際に専用端末を使ってオーダーが可能です。

ビスポークフェアの情報は公式サイトに掲載されるので気になる方はチェック

グローブトロッターのサイトはこちら

 

参考価格ですが、

  • 18 インチ トロリーケース ¥255,000〜
  • 21 インチ トロリーケース ¥300,000〜
  • 30 インチ エクストラディープケース ¥353,000〜

となっております。

 

2018年春夏モデル

グローブ・トロッター

2018年2月に登場した新作がこれまた素敵なんです。

mosariの大好きなSAFARIをテーマとし、アフリカの旅にインスパイアされたという新作はなんとマサイ族の民族衣装である本物の”マサイシューカ”をライニングに使用した「マサイ・レッド」です。このライニングが本当に素敵なんです。

他にも美しい空の色に着想を得たという「モーニング・ブルー」、サファリの砂にインスパイアされた「サンド・ベージュ」の3色が登場です。

間違いなく人気が出ますね。これは。

グローブ・トロッター

という訳で新作は3種がラインナップされています。

  • マサイ・レッド
  • モーニング・ブルー
  • サンド・ベージュ

トラベルケースのサイズ展開は2種類で、3色ともに用意されています。(↑の画像の真ん中と右はトラベルケースではありませんので詳細は割愛)

インチ 種類 価格
20 トロリー 190,000※
30 スーツケース 235,000※

※マサイ・レッドのみ20,000円追加

”マサイシューカ”が使われているのは「マサイ・レッド」のみです。「マサイ・レッド」の売上の一部はアフリカの動物保護を目的としたチャリティー団体へ寄付されるそうです。

こちらの動画に”マサイシューカ”のライニングが写っていますが、とても美しいですね。

SAFARIと言えばヌメ革だと思っていたのですが、新作は「モーニング・ブルー」のみヌメ革を使用しています。

 

サイズ感と機内持ち込みについて

気になるサイズ感をまとめてみます。

インチ サイズ(cm) 重量(Kg) 容量(L) 対応日数
16 41*35*12(計88) 2.1
18 53*39*20(計112) 3.6 28 1〜2
20 55*40*20(計115) 4.2 32 2〜3
21 59*43*21(計123) 4.2 35 2〜3
26 70*42*26(計138) 4.5 52 4〜5
28 75*48*26(計149) 5.0 70 5〜7
30 81*48*26(計155) 5.2 80 5〜7
33 88*54*29(計171) 6.0 100 7以上

なお、オリジナルシリーズのみこちらの表を参考ください。

インチ サイズ(cm) 重量(Kg) 容量(L) 対応日数
16 41*35*12(計88) 2.0
18 53*39*20(計112) 3.3 28 1〜2
20 55*40*20(計115) 3.8 32 2〜3
26 65*42*19(計126) 3.2 46 4〜5
30 81*48*22(計151) 4.2 75 5〜7
33 88*54*29(計171) 5.0 100 7以上

※オリジナルのみ異なる数値の部分を赤字にしています

サイズ選びにおいて機内持ち込みが可能かどうかは非常に大切。

機内持ち込みができれば短期の国内の旅行にも使いやすいですから。

機内持ち込み可能なサイズは各社によって様々なので、ここでは日系のJALとANAのルールを見てみましょう。

国内線(100席未満):100cm以内(45cm × 35cm × 20cm以内)
国内線(100席以上):115cm以内(55cm × 40cm × 25cm以内)
国際線:115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)

【参考URL】

JAL国内線手荷物

JAL国際線手荷物

ANA国内線手荷物

ANA国際線手荷物

つまり20インチ以下が機内持ち込みが可能ということになります。

※100席未満の場合は16インチのアタッシェのみ可能。

グローブトロッターのトラベルケースは2017年後半のラインナップからは21インチが廃盤になり、20インチに切り替わっています。(クルーズ等一部のシリーズでは21インチも残っています。)

21インチは測られた場合、アウトですので注意。mosariは測られたことありませんけど。

ということで一番売れているのは持ち込み可能なサイズの中で一番大きい20インチとのことです。

次点で30インチ。26(28)インチだと中途半端、33インチだと大きすぎ、30インチがバランス良いそうです。20インチと30インチのセットが人気とのこと。2018年の春夏モデルもこの2サイズのみ展開されていますから売れ筋を用意したということですね。

 

さいごに

グローブトロッターのトラベルケースは旅に持っていくのも最高に楽しいですが、その高いデザイン性はインテリアとしても価値があります。

我が家もリビングに置いてありますが、見ているだけで次はどこへ行こうか。なんて気分にさせてくれます。

確かにお値段はスーツケースとしては高いですが、それ以上の価値があると思っています。

旅に持っていく訳ですから、大切に扱っていても傷つくこともあれば破損してしまうこともあるでしょう。

それでもレストレーションサービスを使いながら長く一生使って行こうと思っています。

あなたの身の回りに一生使いたいと思えるものはありますか?少なくとも私の周りにはこれまでありませんでした。

英国では良いものを長く使うことを良しとする文化が根付いています。

とても素敵で、大切なことですよね。

かつての日本もそうだったはずですが、近年の行き過ぎた消費社会が大切な”精神”まで変えてしまったようです。

私は旅行が好きです。グローブトロッターという素敵な相棒を大切にしながら共に、これからの人生も楽しんで行こうと思います。

 

もし、悩んでいる方がいたら一度お店に見に行ってみるとよいかと。

グローブトロッター取扱店舗一覧

長い付き合いになりますので、是非店頭で購入されることをおすすめします。

実際に旅行に持っていって気になった点とかはこちらの記事の最後の方に書いてあります。

グローブトロッターを購入!早速旅してきたのでレビューも

2017.08.12

それでは皆様によい旅がありますように!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2017年メインカード

12 件のコメント

  • 初めまして。いつもmosariさんの書かれる記事を楽しく拝見させていただいております。昨年JGC修行を行った際も、大いに参考にさせていただきました。
    グローブトロッター、良いですよねぇ。自分も今度イギリスに行くので、せっかくだからロンドンの本店に買いに行こうかな、などと考えております。一つお聞きしたいのですが、トロリーの使用感はどんなものでしょうか? 自分は買うならサファリの18インチにしようと思っているのですが、ご存じの通りこのサイズにはエアキャビンケースとトロリーケースがあり、値段の差もそれなりにあります。まだどちらにしようか決めかねているので、実際にトロリーケースを使用されている方のご意見が聞ければと思い、コメントいたしました。大変お手数で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

    • ミートソース様

      初めましてこんにちはー。
      おぉ、イギリス本店に行けるなんて素敵です。

      そういえばエアキャビンケースっていつの間にか日本のサイトから消えてますね。イギリスの本店ならありそうですが。

      21インチの話になってしまいますけど、やはりホイールはあった方がいいです。横持ちした時が1番素敵なのは間違いないですが、旅行で使うのでしたらそれなりに荷物が詰まってるでしょうから、いざって時に引けるのは精神的にもよろしいかと。
      エアキャビンケースだと、内側にベルトも無いようなので荷物をうまく詰めないと中身も暴れてしまいそうです。

      イギリスなら面税含めて値段もグッと抑えられるようですので、価格差があってもトロリーがよいと思いますよ。

      もちろん、そもそもが利便性を重視した製品では無いので、実際に持って見てエアキャビンケースの方がしっくりくるようでしたら、多少の苦労は承知で買ってもよいと思いますよ。

      • 早速の返信ありがとうございます。
        ベルトの有る無しは確かに大きそうですね。自分の旅のスタイルは機内持ち込みの荷物に色々詰め込むタイプなので、そういう時にも便利そうです。
        となるとトロリーケースですかね。とりあえず現地でじっくり見比べたいと思います。相談に乗っていただきありがとうございました。これからも更新楽しみにしております。

        • ミートソース様

          こんにちは〜。
          ある意味嗜好品ですからね、実際に見て気に入ったのを大事に使うのが良いかと思います。
          現地に行けるなんて羨ましいです。
          是非楽しんできてくださいね☆

  • また発病してしまうじゃないですかぁ(笑)
    漆とゴールドのリベットなんて猛毒ですよぉ〜。
    そうそう、ハロッズでも取り扱いがあって
    運が良ければ安くなるみたいですよ。
    なんとなく本店で買いたいですけど。

    • まつ様

      こんにちは〜。
      漆はほんと存在感すごいです。
      もし空港で見かけたら何者!?って振り返られるレベルです 笑

      なんとなく本店で買いたい気持ち、わかります!
      日本で買うなら絶対銀座店がいいです。購入後のケアが素晴らしいので。

      でも英国だと流石に気軽に行けることもないでしょうから、他店でも安く買えるならありですよね。

  • おはようございます!

    どの角度からみてもオサレですねぇ。これから羽田空港ですが周りの方のスーツケースを見回してグローブトロッターを探してしまいそうです(笑)

    そんな自分はアジアラゲージさんのdepartureをゴロゴロさせてます(*´ω`*)

    • ポン太郎様

      こんにちは〜。
      そうなんですよ、どの角度から見てもオサレさんなんです(∩´∀`)∩
      グローブトロッターは空港でも中々見かけないんですよね。たまーーに1台あるかないかのレベルかと。。。
      ありましたか??

      アジアラゲージさんのHP見てみましたけど、とても機能性が高そうですね。
      グローブトロッターとは大違いです。手間がかかるのもグローブトロッターの魅力なんですけどね(;´∀`)

      • 粉ぁー♪と唱いたくなる札幌からこんばんは(*´ω`*)

        これが、なんと!京急口から出発ロビーに向かうときにいらっしゃったんですよ!!2本のベルト、どこからみてもオサレなフォルム。カラーは白っぼかったですね~。

        mosariさんの記事を見ていなかったら何事もなくスルーしてたと思います(笑)

        • ポン太郎様

          おはようございます。
          おぉ、トロッターの方いらっしゃいましたか。白っぽかったとのことできっと一番人気のアイボリーというカラーっぽいですね。

          札幌では美味しいものは食べられましたか?
          うに、スープカレー(∩´∀`)∩

          • こんにちはー♪

            食いまくりの肥えまくりです(笑)

            札幌駅のステラプレイス1階にグローブトロッターを取り扱っているお店がありますねー。VULCANIZEさんというお店です。アイボリーが大きさ違いで4つ並んでます(^-^)

            何の気なしに歩いてても目に入ってきますね、存在感高し!

          • ポン太郎様

            こんばんは〜。
            おー食いまくりの肥まくりですかー。北海道のご飯美味しいですもんねぇ。仕方なしですね。

            札幌にもヴァルカナイズさんあるんですね。重なってると素敵なんですよね。

            あんまり見てると欲しくなってくるので近寄らない方が良いですよ 笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です