【エミレーツ】JALの36,000マイルで乗るA380ファーストクラス

皆様こんにちは。

ついにANAのA380がホノルル路線に投入されましたね。

賛否両論のA380ですが、mosariとしてはANAに頑張ってもらいたいという思いが強いです。mosariは過去カタール航空やエミレーツのA380に搭乗したことがありますが、大きい飛行機は実に快適です。

両社ではビジネスクラス以上の搭乗者だと機内のバーカウンターが利用できるなど驚きのサービスがありました。

A380バーカウンター

カタール航空A380

バーの中で記念撮影も行えます。

エミレーツ A380 ビジネスクラス

エミレーツA380

エミレーツでもパシャリ。

せっかくのビジネスクラスです。おもいっきり非日常を満喫できる素晴らしいサービスですね。カクテルや軽食が無料でいただけちゃいます。

これもA380という大型機材だからこそできるサービスです。

ANAの場合は家族向け路線を意識してここまであからさまなバーカウンターはありませんが、オムツの交換台がついた多目的ルームなど客層に合わせた設備が用意されています。

A380は航空機の新しい可能性を体現してくれた機材だと思っています。

例えばエミレーツ航空が用意している機内シャワーもその一つでしょう。

エミレーツ A380 ファーストクラス

引用元:https://www.emirates.com/media-centre/category/a380

意味不明ですよね。

この写真はお着替え室ですね。奥の扉の向こうでシャワーを浴びることができます。もちろんお湯がでます。

アメニティはブルガリです。

その他エミレーツのA380ファーストクラスの恐ろしいサービスはこちらの動画をどうぞ。ラウンジのシガーバー行ってみたい。

こんな素敵な体験できるならしてみたいものですが、エミレーツのファーストクラスですからお値段も100万円コースです。日本からドバイまで往復すると150万円程度かかります。

まぁ庶民には縁のない乗り物ですね。

搭乗する現実的な方法はJALマイルを使った特典航空券でしょう。JALとエミレーツは独自に提携しているため、JALのマイルを使ってエミレーツの特典航空券を予約することが可能です。

我が家も昨年それでヨーロッパへ行っています。

エミレーツ ビジネスクラス

【ビジネスクラス搭乗記】エミレーツ航空 成田-ドバイ EK319

2018年9月9日

日本-ドバイ路線でファーストクラスに必要なマイル数は135,000マイルです。

まぁ頑張ればなんとかなる人もいますが、けっこうなマイル数ですよね。

当然航行距離が短ければ必要なマイル数は減るのでより身近になります。

参考にファーストクラスの必要マイル数はこちら。

区間マイル 必要マイル
1-1,000 36,000マイル
1,001-2,000 45,000マイル
2,001-4,000 65,000マイル
4,001-6,000 90,000マイル
6,001-8,000 120,000マイル
8,001-10,000 135,000マイル
10,001-12,000 145,000マイル

1,000マイル以下なら36,000マイルで搭乗できるわけですね。

 

最短路線のA380を探す

エミレーツは就航路線を調べるツールを用意してくれています。

エミレーツ路線MAP

上記にアクセスすると世界中の就航都市がプロットされます。

エミレーツ就航路線

これを使って近くの都市を選択してみます。

隣国のオマーンのマスカット空港をチョイス。

エミレーツ就航路線

めっちゃ近いですね。

距離はおよそ228マイルです。kmに換算すると367Kmです。東京-大阪間が500Kmなので、非常に短い区間ということがわかります。

外国ではこんな短い距離の国際線があるんですねぇ。

んで便利なのが選択した区間の機材も表示されます。

エミレーツ就航路線

使用機材はB777ですね。

そう、A380は大型機材ゆえ近距離は飛んでいないんですよね。

ぽちぽち探していると多分一番短い路線はドバイームンバイ間でした。

エミレーツ就航路線

ムンバイはインドですね。

首都のデリー行きは777なのにムンバイ行きはA380でした。

エミレーツ就航路線

ドバイームンバイ行きの区間マイルを調べてみましょう。

区間マイル数

1201マイルですね。

区間マイルの調べ方はこちらの記事を参考にどうぞ。

airport

このフライトのマイルとFOPはいくつ?区間マイルの計算方法

2019年3月24日

往復だと2402マイル。

JALのマイルで予約する場合は65,000マイルです。

おぉ、東京-ドバイ間の半分のマイルで乗れますね。

搭乗時間は3時間と短いですが、エミレーツ航空A380ファーストクラスを体験することができるわけですね。

片道でよければ45,000マイルです。

恐らくこれが現状もっとも少ないマイル数でA380のファーストクラスに乗れる路線じゃないでしょうか。

以遠権フライトである香港-バンコク間もA380を飛ばしていますが区間マイルが片道1060マイルなので往復するとムンバイと同じく65,000マイル必要です。

エミレーツ A380 ファーストクラス

 

A380の世界最短路線の誕生

んでここからが今回のハイライト。

先程隣国のオマーン行きで調べるとB777だったと紹介しました。

そりゃ340kmと東京-大阪間よりも短い路線でA380が飛ぶわけ無いですよね。

が、なんと!

来月7月以降A380に切り替わると発表がありました!

CNN A380の世界最短路線誕生へ ドバイ、オマーン間340キロ

340kmはマイルに直すと228マイルです。

つまり往復しても1,000マイル以下なので36,000JALマイルで搭乗が可能になりますw

エミレーツ A380 ファーストクラス

実際にJALの画面から確認してみると1日3席の特典航空券の空きがあり、確かにA380(388)という表示が確認できます。

往復で選択してみると・・・

エミレーツ A380 ファーストクラス

36,000マイルと64,050円で予約が可能でした! フゥーーーッ!!!

別途ドバイ行きの航空券が必要ですが、この路線であれば日帰りが十分に可能ですから、ドバイ経由でどこか行くトランジットの間に挟んだり、ドバイ旅行に付け足してみたらいかがでしょうか。

A380で選べるのは往路だと

  • 8時25分発-9時40分着
  • 16時10分発-17時25分着

復路だと

  • 11時15分発-12時25分着
  • 19時5分発-20時15分着

の2本ずつがあります。

8時25分に飛んで12時25分にドバイに戻ってくることも可能。つまり4時間で2便も体験できてしまいますw

1回あたりのフライトは1時間15分なのでシャワーを浴びれるのは一人か二人ですね 笑

ちなみにこの路線を有償で購入しようとすると9,815ディルハムでした。エミレーツ A380 ファーストクラス

1ディルハム=30円で計算するとおよそ30万円ですね。

必要マイル数は36,000マイルなので1マイルあたりの価値は@6.5円ほどになるのでお得な使い道と言えますね。(諸税分の65,000円を引いて計算)

 

恐らく人生の中で一番短く感じる1時間になるのではないでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

architect❤️ aviation & travelさん(@grzegorz79)がシェアした投稿


機内でシャワーを浴びるのもよし!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ian McFarlaneさん(@ianmacca)がシェアした投稿

プライベートスイートの個室を満喫するもよし!

 

この投稿をInstagramで見る

 

9.9 Dubai e Abu Dhabiさん(@9.9dubai)がシェアした投稿

バーカウンターで大人の会話を楽しむもよし!

いかん、夢が広がりますね。

ということで憧れのエミレーツA380ファーストクラスに簡単に乗る方法の紹介でした。

いつか乗ってみたいなぁ。ゴクリ。。。

そ、それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2019年メインカード

2 件のコメント

  • mosari様

    実は密かに狙ってます。

    ファーストクラスでヨーロッパ。
    一人現状で190000JALマイル。

    成田便は難しそうですがね。

    夢です(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください