JALのLCC ZIPAIRがJALマイルで利用可能に

ZIPAIR

皆様こんにちは。

昨年JALのLCCとしてデビューしたZIPAIRにJALのマイルを使うことができるようになりました。

コロナのせいでそもそも海外に行くことが難しいので知名度も全く上がってないでしょうし、苦しい状況が続いているZIPAIR・・・

それでも就航路線を増やしたり、JALのマイルを利用できるようにするなど頑張っているみたいですね。

 

スポンサードリンク

JALマイルは最大1マイル=1.5円

ZIPAIRはポイント会員サービス「ZIPAIR Club」を開始し、ZIPAIRポイント1ポイントにつき、ZIPAIR決済時に1円で利用できるようになりました。

JALマイルからの移行にも対応したことで間接的にJALマイルを使ってZIPAIRの航空券を購入したり、オプションや機内販売の支払いに利用することが可能です。

JALマイルからZIPAIRポイントに移行する場合は、

  • 3000マイル=3,000ZIPAIRポイント
  • 5000マイル=5,000ZIPAIRポイント
  • 10,000マイル=15,000ZIPAIRポイント

となっており、10,000マイル交換時のみ1.5倍になるのでできる限り10,000マイル単位で交換するのがいいです。

ZIPAIRポイントからJALマイルに移行する場合は、

2ポイント単位で受け付け、

  • 2ZIPAIRポイント=1マイル

になります。

なお、こちらの記事によるとZIPAIRポイントは今のところ、ZIPAIR搭乗時に付与されない模様。

ZIPAIR、ポイント会員スタート JALマイルから交換、利用時の付与なし

つまりZIPAIRポイントを手に入れるには基本的にJALマイルからの移行を前提にしています。

今後は各種ポイントから移行できるようになると思いますが現時点ではJALマイルが余っている人向けになっています。

もともとZIPAIRはLCCなので航空券自体が安いので1.5円換算で支払いに充当できるとけっこう大きい気がします。

JALの特典航空券のようなお得感はありませんが、特典航空券までマイルが貯まらないようなケースでの交換先のひとつとして検討してみる感じでしょうか。

 

例えばソウル路線

成田−ソウル路線の費用を見てみましょう。

エコノミー席で、オプションはBiz(事前座席指定と預け荷物1個)での往復料金は、

ZIPAIR ポイント

29,275円でした。

仮にJALのマイルが10,000マイル分あったとすると、15,000円引きでちょうど片道分に相当しますね。

JALマイルが20,000マイル分あったとすると30,000円引きで無料で乗れますね。

これはお得!

と思いきやソウル路線に限ってはJALマイルでそのままJAL便に乗ったほうが必要マイル数は少なくすみます。

JAL 国際線 必要マイル数

片道7500マイル、往復だと15,000マイルですからね。

ただし、特典航空券は席に限りが有るのに対して、ZIPAIRは通常の座席販売なので満席でない限り予約できるというメリットはあります。

とはいえ残り座席数が減るとZIPAIRの運賃も高くなると思いますが・・・

恐らくJALマイルはJALマイルのままで使った方がお得になる気がしますね。

今後に期待。

 

スポンサードリンク

就航路線

2021年4月時点での就航路線は以下の3つ。

  • 成田−ソウル(仁川国際空港)
  • 成田−バンコク(スワンナプーム国際空港)
  • 成田−ホノルル(ダニエル・K・イノウエ国際空港)

国際線中距離LCCとして日本に人気の路線に絞って展開しているのが伺えますね。

中距離と言いつつ北米の西海岸線も狙っているようです。

サンフランシスコかロサンゼルスですかね。

楽しみですねホント。

そのうち欧州路線もできるのかな。ヘルシンキなら10時間程度ですが・・

 

最後に

ZIPAIRの魅力はLCC以上のサービス(シート)で、FSC未満の運賃であることです。

例えばホノルル路線で往路のフルフラットシートは非常に価値が高いですよね。

深夜便なので食事も個人モニターもいらないけれど、フルフラットシートが欲しい!って需要は間違いなくありますからね。

ZIPAIR フルフラットシート

引用元:https://www.zipair.net/ja/service/seat

ZIPAIRの「ZIP Full-Flat」はフルフラットになるシートですが、個人モニターが削られておりコスパに優れるシートです。

今はスマホやタブレットで時間潰せる時代ですからね。

JALの特典航空券は埋まってしまっているけど、ZIPAIRのポイントに移行してフルフラットシートにしてみる、とか。うまい使い方ができるといいですね。

そのうちレート優遇のキャンペーンとかもあるかもしれないですし、個人的にZIPAIRを応援していることもあって色々と期待しちゃいます。

とにかく選択肢が増える事自体は我々にとってはプラスですからね。

JALグループのシナジーを活かしてLCCとの差別化を期待しましょう。

なお、ZIPAIRはJALグループではあるものの別運行会社なのでJGC会員であっても特にメリットはありません。当然ラウンジも利用できませんのでその点は注意が必要です。

そもそも成田のターミナルがJALとは別です。

成田 ターミナル

引用元:https://www.narita-airport.jp/jp/t_info

なんと第1ターミナルです。

JALは第2ターミナル、ANAは第1ターミナル。ジェットスターとかのLCCは第3ターミナル。

ZIPAIRは第3ターミナルではないものの何故かANAと同じ第1ターミナルなので注意。なんでだろうか・・

そんな訳でZIPAIRに興味がある方も多いとは思いますが、JGCの特典が使えないという点は注意しましょう。

でもZIPAIRのキャビンクルーは皆さんの搭乗をお待ちしてますよ!

ZIPAIRのキャビンクルーの方は若い方多いですね。見ていて楽しそう。

男性の方も頑張ってらっしゃいます!

女性の制服はパンツスタイルが用意されていたり、靴もパンプスじゃなくてスニーカーだったり今の時代にあっていてとても好印象。

ZIPAIR

JALのLCC「ZIPAIR」の機体デザインと制服が発表

2019年4月18日

頑張れZIPAIR〜!絶対乗るからね〜。

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
SPGアメックス 2021年 メインカード

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください