2月と3月の燃油サーチャージは更に増加したぞおおお 泣

燃油サーチャージ

皆様おはこんにちばんは。

燃油サーチャージがまた高くなりました。

海外旅行に行けずに我慢の日々が続きますが、燃油サーチャージだけはどんどん高くなっており、まさに泣きっ面に蜂。。

予約が無いので新しい予約を入れておこうと思いつつ、なんだかなぁ。

せめて燃油サーチャージが無くなっていれば気軽に予約できるというのに。

ブログの更新頻度を戻そうと思ったのですが、先月提出したプランニングコンテストがが最終審査まで進んでしまいました。最終審査はオンラインプレゼン込みなので、追加資料作成やスタジオでの練習などなど、今月いっぱいはまた頻度落ちそうです。申し訳ございませんm(_ _)m

 

スポンサードリンク

燃油サーチャージの変更

コロナ発生初期の2020年5月までは「ゾーンC」だったのですが、6月に一気に3段階も引き下げられた結果、「適用無し」の状態が1年間継続していました。

2021年に入って燃油価格がじわじわと上昇し、2021年5月〜9月までは「ゾーンB」が適用されていたのですが、10月に1段階アップしてコロナ発生前の「ゾーンC」に戻っていました。

そして今回ついにコロナ前を上回る「ゾーンE」に突入しました・・・!

「ゾーンD」をすっ飛ばしての「ゾーンE」です。意味不明。

ゾーンA ゾーンB ゾーンC ゾーンD ゾーンE
韓国・極東ロシア 400円 600円 1,200円 2,200円 3,000円
中国・台湾・香港(東アジア) 1,200円 3,400円 5,600円 7,800円 9,000円
グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 2,200円 4,400円 6,600円 8,800円 10,000円
タイ・シンガポール・マレーシア 3,400円 6,600円 10,000円 14,400円 17,000円
インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 4,400円 8,800円 13,200円 18,800円 22,000円
北米・欧州・中東・オセアニア 7,800円 14,400円 23,200円 30,800円 35,000円

※往復分、片道の場合は半分
※JALの場合、ANAはちょっとだけ追加

今回発表されたJALとANAのリリースページはこちら。

JAL 燃油特別付加運賃

ANA 燃油特別付加運賃

JALのページを見ると・・・

燃油サーチャージ

JAL

ぐおお、「ゾーンE」ですねこれは・・・

そして不可解なのがANA。

燃油サーチャージ

ANA

なにこれ、JALよりも高いじゃないですか。

欧州や北米行きなど一番高いテーブルだと片道1,800円も上がってます。往復したら3,600円もANAの方が燃油代が高く付くことになります。

これまではJALとANAは同額だったと思うのですが、こんなところに差をつけるとは。

こちらのページを見ると少なくとも2021年6月からはこの価格設定になっていたっぽいです。

燃油特別付加運賃の改定について | ご予約/旅の計画 | 航空券予約・空席照会 | ANA

「ゾーンE」以上になるとANAの方が高くなるみたいですね。

知らなかった。

 

特典航空券の場合

2022年も残念ながら海外旅行に行けるかどうか全くわかりません。

個人的にはちょっと厳しいんじゃないかなって思ってます。ワンチャンあって年末年始に一部の地域(たぶんアジアとか)だけOKになる、とか、一部のツアーのみ解禁されるなど、制限付きのような気がします。

そんな訳でどうなるかわからないときに安心なのが特典航空券ですね。

特にJALやANAの場合キャンセルした場合の手数料が緩いので気軽にキャンセルできるんです。

JALは3,100円、ANAは3,000マイルでOK

が、そんな特典航空券でも燃油サーチャージが徴収されるエアラインがほとんどです。

また、JALマイレージバンク国際線特典航空券をご利用の場合にも、同額を適用いたします。

https://www.jal.co.jp/inter/fare/fuel/detail.html

↑はJALの例ですが、規約にもちゃんと記載されています。

残念ながらマイルを使った特典航空券は”運賃”は無料ですが、諸税や燃油サーチャージはかかってしまうんです。

以前も燃油サーチャージは「ゾーンE」だったこともあり、欧州や北米行きだと往復で35,000円もかかっていた時期もありました。

諸税と合わせると4万円オーバーになってしまいます(;´∀`)

特典航空券なのに4万円も諸税で払わないといけないとかつらすぎですよね(´;ω;`)

ちなみに一部の航空会社では燃油サーチャージがかからないこともあり、原油産出国である中東の航空会社なんかは寛大な傾向があります。

mosariも以前エミレーツとカタールで燃油サーチャージが不要で特典航空券を発券できたことがあります。

諸税の数千円で欧州に往復できちゃったんです・・流石中東のエアラインですよね。

エミレーツ ビジネスクラス

【ビジネスクラス搭乗記】エミレーツ航空 成田-ドバイ EK319

2018年9月9日
A380バーカウンター

欧州旅行2日目 カタール航空ビジネスクラス搭乗記 ドーハ-パリ

2016年8月21日

特典航空券の場合早めに予約しておくことで高確率で運航便の変更が入ります。

そうなると航空会社都合で手数料無料で払い戻ししてもらえたりもします。

キャセイパシフィック航空

アジアマイルで予約した特典航空券をキャンセルするぞ

2021年7月6日

↑はアジアマイルをキャンセルした時ですが、キャンセル直前に出発時刻が10分ほど変わったので、航空会社側の都合による変更ということでキャンセル手数料240$がかからずに済んでいます。

しかもマイルは有効期限延長というおまけ付き。

こんな感じでほんととりあえず予約しておいてもいざという時のダメージは少ないです。

その一方でこの間キャンセルしたJALは「マイルは有効期限を延長」してくれたものの「手数料3,100が引かれた金額」で払い戻されてました。

JAL フライトキャンセル

【JAL】フライトキャンセルキターー!マイルは有効期限延長対応に

2020年7月16日

↑の時は手数料かからないで全額戻ってきたんですけどね。謎。

JALとANAは有償でも諸事情を考慮してくれる可能性は大いにありますが、どうなるかわからない状態が続くと精神衛生上よろしくないですからね。

マイルならいざとなっても手数料だけで済みます。

 

スポンサードリンク

燃油サーチャージ変更時期

燃油サーチャージはシンガポールケロシンという燃油取引価格の平均額に基づいて設定されています。

航空燃油(シンガポールケロシン)の各日*1のスポット価格の2カ月平均に、同じ2カ月の為替レート平均で円換算した価格によって適用額を確定し、2カ月間固定いたします*2

額改定を行う場合には、関係国政府に認可申請いたします。なお、2カ月間の平均燃油価格が1バレル当たり6,000円を下回った場合は、「燃油特別付加運賃」を適用いたしません。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/fare/fuel/table.html

シンガポールケロシンはリアルタイムにサーチャージに適用されるわけではなく、JALとANAは年間2ヶ月ずつの6つの期間を設定しており、それぞれ対応する集計期間中の平均額に基づいて決定しています。

燃油サーチャージの適応期間と、集計期間、発表時期の関係はこのとおり。

適応期間 集計期間 発表時期
4月〜5月 12月〜1月の平均 2月中旬頃
6月〜7月 2月〜3月の平均 4月中旬頃
8月〜9月 4月〜5月の平均 6月中旬頃
10月〜11月 6月〜7月の平均 8月中旬頃
12月〜1月 8月〜9月の平均 10月中旬頃
2月〜3月 10月〜11月の平均 12月中旬頃

今回適用されたのは6番目の2月〜3月発券分になります。

なので10月〜11月のシンガポールケロシンの取引価格の平均を元に計算されています。

燃油サーチャージが適応されるのは発券時であり搭乗時ではありませんので今予約すると「ゾーンE」が適用されます。

次回2月中旬にまた発表されるので下がるようなら待ったほうがいいですし、また上がるようなら3月中に発券するのがいったんよさそうです。

「ゾーンE」以上になるなんて想像すらしたくないですけどね・・・

なお、航空券は日程変更などするとそのタイミングで諸税と燃油サーチャージは再計算されるということは覚えておきましょう。

今「ゾーンE」で発券したとしても変更したタイミングが「ゾーンF」なら追加分が徴収されるということです。逆に変更後が「ゾーンD」になるなら差額が戻ってきます。

 

過去の推移

時期 ゾーン 参考(欧州行き)
2016/4〜5月 無し 0円
2016/6〜7月 無し 0円
2016/8〜9月 無し 0円
2016/10〜11月 無し 0円
2016/12〜1月 無し 0円
2017/2〜3月 A 7,000円
2017/4〜5月 B 14,000円
2017/6〜7月 B 14,000円
2017/8〜9月 A 7,000円
2017/10〜11月 A 7,000円
2017/12〜1月 B 14,000円
2018/2〜3月 C 21,000円
2018/4〜5月 C 21,000円
2018/6〜7月 C 21,000円
2018/8〜9月 D 28,000円
2018/10〜11月 D 28,000円
2018/12〜1月 D 28,000円
2019/2〜3月 E 35,000円
2019/4〜5月 B 14,000円
2019/6〜7月 C 21,000円
2019/8〜9月 D 28,000円
2019/10〜11月 C 21,000円
2019/12〜1月 C 21,000円
2020/2〜3月 C 21,000円
2020/4〜5月 C 21,000円
2020/6〜7月 無し 0円
2020/8〜9月 無し 0円
2020/10〜11月 無し 0円
2020/12〜1月 無し 0円
2021/2〜3月 無し 0円
2021/4〜5月 無し 0円
2021/6〜7月 B 14,400円
2021/8〜9月 B 14,400円
2021/10〜11月 C 23,200円
2021/12〜1月 C 23,200円
2022/2〜3月 E 35,000円

上がった月を赤字下がった月を青字にしています。
JALの場合、ANAはE以上で数千円追加

2016年は燃油サーチャージは無しでしたが、2017年からじわじわと上昇し、2020年5月まで常に必要な状態が続いていました。

mosariが特典航空券を発券し始めたのも2016年からなので常に燃油サーチャージが必要な状態でした。

最も高かったのが2019年2月〜3月の間で今回と同じ「ゾーンE」でした。

待てば下がるかどうかはわかりませんが、いったんは予約もお休みですかね・・・(;´∀`)

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
SPGアメックス 2021年 メインカード

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください