2019年8月から燃油サーチャージがまた高くなるぞー!

燃油サーチャージ

皆様こんにちは。

2019年8月と9月の燃油サーチャージがJAL、ANAより発表されました。

残念ながら更に1ランクアップしてしまったので高くなります(;´∀`)

2019年4月に安くなったのも束の間また高い水準に戻ってしまいました。

予約する予定がある方は7月中に発券することをおすすめします。

現在の燃油サーチャージはこちら。

燃油サーチャージ

2019年6月から燃油サーチャージが高くなるぞー

2019年4月30日

 

燃油サーチャージ変更時期

燃油サーチャージはシンガポールケロシンという燃油の取引価格の集計期間中の平均に基づいて変動します。

JALやANAの燃油サーチャージの適用期間と、発表、集計期間の関係はこちら。

  適用額発表時期 算出対象期間
4月〜5月 2月中旬頃 12月〜1月の平均
6月〜7月 4月中旬頃 2月〜3月の平均
8月〜9月 6月中旬頃 4月〜5月の平均
10月〜11月 8月中旬頃 6月〜7月の平均
12月〜1月 10月中旬頃 8月〜9月の平均
2月〜3月 12月中旬頃 10月〜11月の平均

今回発表があったのは3番目の8月〜9月の発券分になります。

4月〜5月のシンガポールケロシンという燃油代の平均を元に算出されています。 

 

燃油サーチャージ変更について

それでは今回の変更点を見てみましょう。

8月〜9月分の燃油サーチャージが1段階高くなります。

燃油サーチャージの価格テーブルはこちら。

  ゾーンA 6,000円台 ゾーンB 7,000円台 ゾーンC 8,000円台 ゾーンD 9,000円台 ゾーンE 10,000円台
韓国・極東ロシア 400円 600円 1,000円 2,000円 3,000円
中国・台湾・香港(東アジア) 1,000円 3,000円 5,000円 7,000円 9,000円
グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円
タイ・シンガポール・マレーシア 3,000円 6,000円 9,000円 13,000円 17,000円
インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 4,000円 8,000円 12,000円 17,000円 22,000円
北米・欧州・中東・オセアニア 7,000円 14,000円 21,000円 28,000円 35,000円

※往復分、片道の場合は半分

現在の6月〜7月発券分の適用ゾーンは「C」。北米や欧州など長距離路線を使うと往復で21,000円。う〜ん、ちょっと高いですね。

これが8月〜9月に発券すると「D」に引き上げられます。

北米や欧州に行くと7,000円も追加されるので往復で28,000円・・・つらたん(;´∀`)

これから発券予定の方は7月中にやっておきましょう。

JAL 燃油特別付加運賃

ANA 燃油特別付加運賃

なお、燃油サーチャージはマイルを使った特典航空券でも必要になる場合がほとんどなので注意。

2017年に発券したエミレーツは燃油サーチャージ不要で諸税の10,000円だけでドイツに行くことができました。ありがたやー。

エミレーツ ビジネスクラス

【ビジネスクラス搭乗記】エミレーツ航空 成田-ドバイ EK319

2018年9月9日

こんなビジネスクラスに10,000円で乗れるとは感無量。エミレーツは特典航空券に燃油サーチャージがかかったり、かからなかったりするので発券時に要チェック。

一方で今年発券したブリティッシュエアウェイズでは諸税+燃油サーチャージで50,000円(;´∀`)

特典航空券なのに5万円ってどうなのよ!(英国は諸税も高い)

ちょっと前は燃油サーチャージが0だった旅行者にはたまらない時期があったこともあります。 

 

過去の推移

時期 ゾーン 参考(欧州行き)
2016/4〜5月 無し 0円
2016/6〜7月 無し 0円
2016/8〜9月 無し 0円
2016/10〜11月 無し 0円
2016/12〜1月 無し 0円
2017/2〜3月 A 7,000円
2017/4〜5月 B 14,000円
2017/6〜7月 B 14,000円
2017/8〜9月 A 7,000円
2017/10〜11月 A 7,000円
2017/12〜1月 B 14,000円
2018/2〜3月 C 21,000円
2018/4〜5月 C 21,000円
2018/6〜7月 C 21,000円
2018/8〜9月 D 28,000円
2018/10〜11月 D 28,000円
2018/12〜1月 D 28,000円
2019/2〜3月 E 35,000円
2019/4〜5月 B 14,000円
2019/6〜7月 C 21,000円
2019/8〜9月 D 28,000円

上がった月を赤字下がった月を青字にしています。

2016年はずっと燃油サーチャージがかかりませんでした!素晴らしい・・・ 2017年からじわじわと上がり、2019年2月にピークを迎えるものの、2019年4月に大幅に下がりました。

そこからまたじわじわと上昇してしまいました。先日のホルムズ海峡のタンカー襲撃とかでまた取引価格が上がりそうで怖いですね。

ホルムズ海峡でタンカー攻撃、米は背後にイランと非難 原油急騰

6月と7月の取引価格が反映されるのは2019年10月分からなので、恐らく次の改定も上る可能性が高そうですね。

直近で予約する予定がある方は7月中に発券しておきましょう。

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2019年メインカード

4 件のコメント

  • またですか…。
    今年の欧州、40℃を越えるところがあるみたいで
    日程の変更をしたのですが特典航空券でも油断は
    できないですね。変更と言えば、多分mosari様は
    ご存知でしょうけれど☆☆☆クラスのホテルだと
    暖房だけでエアコン(クーラー)がないことが多い
    ですよね。窓を開けて扇風機なんて部屋は勘弁、
    おかげで想定外の出費が…。

    • まつ様

      こんばんはー!
      40度ってヤバいですよね。。。
      今年は東欧で温泉に入る予定なのですが、暑くてそれどころじゃないかもですね(;゜0゜)

      夏のヨーロッパは幸い扇風機部屋には当たった事はありませんが、そんな部屋は確かに勘弁ですね、、、暑くて寝れなさそう、、、

      • 体温より高い風を当てられてもですね…
        アイスノンと塩飴持参することにします。
        さらっと東欧&温泉ですと!?夏ですよね?
        もしもリモワ持った日本人の脱毛男子を
        見かけてもそっとしておいてください(笑)

        • まつ様

          こんにちはー。
          もしやまつ様も・・・?
          東欧で温泉と言えばあの国ですよね。
          リモワを持った日本人の聡明そうな方を見かけたら挨拶します 笑

          私は8月です(∩´∀`)∩

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください