【JAL公認修行ツアー】アイランドホッピング2019年は最大で14回

アイランドホッピング

皆様こんにちは。

今日は2019年にJALの上級会員であるJALグローバルクラブ(JGC)を目指している方向けのツアー「アイランドホッピング」をご紹介。

毎年JALの国内線ツアーとして発売されている商品になるのですが、これがよくできていて1泊2日で最大14回も搭乗回数を稼ぐことができちゃうんです。

想像のとおり常に移動を繰り返すことになるので現地観光とかはほぼありません。ひたすら乗り続けます 笑

通常の離島観光旅行とは異なり、本ツアーは航空機のフライトそのものを楽しむ事を主旨としておりますので、基本的に各島での観光時間は設けておりません。各空港とも乗継時間は20分〜180分程度となっております

公式の説明も割り切っているのが素敵。

なので修行僧の間からはJAL公認の修行ツアーと言われています。

JGCを目指したいけど、何個も予約するのは「難しそう」とか「不安だ」とか悩んでいる方は、サクッとツアーに申し込めばいいので気楽さが人気のツアーです。

 

スポンサードリンク

2019年アイランドホッピングは4種類

今年のツアーは1泊2日が3種類、2泊3日が1種類の計4つのツアーが用意されています。

  1. 1泊2日で8フライトツアー
  2. 1泊2日で12フライトツアー
  3. 1泊2日で14フライトツアー
  4. 2泊3日で15フライトツアー

ツアーの詳細はJALさんのHP

搭乗回数に差がありますが、基本的には羽田/大阪をスタート、ゴールとして鹿児島と沖縄中心に離島を巡ることになります。

アイランドホッピング

引用元:https://www.jal.co.jp/

上記は2泊3日のルートとなりますが、すさまじいフライト内容ですね。変態すぎるw

修行的に使うのであれば3番の1泊2日で14フライトツアーが最も効率よく搭乗回数を稼ぐことができます。

本記事では1泊2日で14フライトツアーを中心に見てみます。

 

1泊2日で14フライトツアー

さて、実際どんなスケジュールなのか見てみましょう。ジュルリ。

1 羽田7:10(大阪7:05)〜福岡
2 福岡〜那覇
3 那覇〜石垣島
4 石垣島〜宮古
5 宮古島〜那覇
6 那覇〜久米島
7 久米島〜那覇(19:00〜19:50)
2日目
8 那覇〜宮古
9 宮古〜那覇
10 那覇〜沖永良部
11 沖永良部〜徳之島
12 徳之島〜奄美大島
13 奄美大島〜鹿児島
14 鹿児島〜羽田/大阪(19:15〜22:05)

1日目は沖縄を中心巡り、2日目は北上して鹿児島の離島を巡る感じですね。

2018年は同じルートを1日目も2日目も繰り返すようなルートだったのでこれは改善ですね。(ただし2018年は1泊2日で16回搭乗できた)

1日目の夜は20時前に那覇に着くので国際通りでステーキ食べに行ってもいいですね。

ホテルは市内にある国際通り付近の3ヶ所から好きなホテルを選んで予約できますよ。

料金:134,800円〜
期間:2019年10月25日出発分まで

1回の料金が134,800円で14回搭乗できるので、1フライトあたりの単価を見てみると、

1フライトの料金は9,628円となります。

宿泊代金まで含まれていると思えばそれなりにお得ですね。

 

スポンサードリンク

メリット

アイランドホッピングを使うメリットはやっぱり楽というところでしょう。

JGCの達成基準である50回搭乗を目指すとなれば50回分の予約が必要になりますが、このツアーは1回の申込みで14フライトとホテルの予約がセットになります。楽ちんですね。

また、今年はルートが大幅に見直され沖縄と鹿児島をバランスよく巡ることになったので同じところをグルグルしている印象が薄れているので普通に楽しいでしょう。

沖縄と鹿児島の海を見比べられるチャンスですね。

そして機材も普段乗ることのないような小型機が中心なので絶対楽しい。

JAL SAAB

スウェーデンの航空会社SAAB社製の航空機です。

鋭角のノーズに加え、ピンと跳ね上がった尾翼の”ユーロピアン・スタイリッシュ”のスマートな印象のSAAB340Bです。

JAL SAAB

引用元:https://www.jal.co.jp/

座席数は36席。

うーん、小型!JALの持つ機材の中で一番小さな機材です。

2019年に退役が決まっているので最後に乗れるチャンス!

 

JAL Q400

こちらはカナダのボンバルディア社の航空機ですね。

DHC8-Q400CCは低騒音とジェット機に匹敵するスピード・快適性を兼ね備えた飛行機です。

JAL Q400

引用元:https://www.jal.co.jp/

こちらも小さめな50席にもかかわらずシートピッチは国際線機材よりも広い35インチ(89Cm)とかなり広いです。

なお、機材の後方に貨物スペースを持っているので実際の見た目は座席数と比べてかなり大きいです。

 

JAL ATR

引用元:https://www.jal.co.jp/

こちらはフランスとイタリアのATR社製のATR42-600型です。

客室内は同クラスのターボプロップ機と比べて手荷物収納スペースが大きく、LED照明とARMONIAデザインによって明るく快適な空間となっているのが特徴のATR社の最新鋭機です。

JAL ATR

引用元:https://www.jal.co.jp/

座席数は48とやっぱり小さめです。全席革張りの高級感のある機材です。

 

どうですか?乗ったことがない機材ばかりじゃないでしょうか?

小さなプロペラ機で空の旅を楽しめるのがアイランドホッピングの特徴なんです。

 

デメリット

これはこのツアーの問題ではなく、回数修行につき物ですが、1日の搭乗回数が多いので欠便や遅延が発生すると今後のフライトに支障が出ます。

旅行途上、欠航や引き返しのため本ツアー旅程を継続できなくなった場合は
1) 一部搭乗予定区間をカットし、飛行可能な旅程部分だけで旅行を継続。
2) 残った旅程をすべて中止し、出発地に戻る。
上記 1)、2)のどちらかを旅行途上、自己判断にて選択していただきます。

規約にもしっかりと記載されています。

当然乗れなかった部分のマイル、フライオンポイント、搭乗回数はカウントされないので注意。

悪天候・整備上のイレギュラーによる運航中止、遅延などの理由で搭乗できなかった場合は、いかなる理由においてもJALマイレージバンクのマイル・FLY ONポイント/搭乗回数の積算対象外となります。 実際に搭乗した便のみが対象となります事をあらかじめご了承ください。

また、小型機材の場合は手荷物スペースが通常の機材よりも小さめです。

つまり持込可能な手荷物の制限も厳しいです。

100席以上の機材:合計:115cm 以内(55cm × 40cm × 25cm以内)

100席未満の機材:合計:100cm 以内(45cm × 35cm × 20cm以内)

詳しくはJALさんのHP

1泊2日なのでそこまでの荷物は不要かと思いますが、普段の機材とは異なることを頭の片隅に入れておきましょう。

 

そんな訳で2019年のこれから回数でJGC修行を行う予定の方は検討してみてはいかがでしょうか?

ツアーの詳細はJALさんのHP

更に効率よく周りたいということでしたら同一路線を繰り返すピストンがいいですね。

サクララウンジ

JGC修行2019年おすすめルート考察!JAL上級会員を目指そう

2019年1月5日

福岡-宮崎間なんかを使うと1泊2日で18回も可能です。

詳しくは↑の記事をどうぞ。

2019年も残り半分です。

無事に修行中の方が解脱できることを祈っています。

それでは!



スポンサーリンク

“プレミアムクラス マイレージ情報”

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2019年メインカード

 

 

2019年10万マイルを手に入れよう

6 件のコメント

  • 数年前から、アイランドポッピングとして出てますね。
    私も、後16レグで茶亀になるので、検討しています。
    一昨年と昨年は土日の仕事で相当回数を伸ばしたのですが
    今年は新幹線出張が多く、回数が伸びません。

    • samu様

      こんばんはー!
      コメントありがとうございます。

      後16回で茶タグとはすごいですね!
      達成フライトだとCAさんにそれとなく伝えればお祝いのメッセージとか貰えるかも?!

      ちょっと早いですがおめでとうございます!

  • FUK-KMIですが、1日で5往復しようとすると先得が取りにくい便があると思います。某社への通勤にお使いの上級会員様がたーーくさん乗ってるので。

      • はい、北海道や九州では割と飛行機通勤ありますよ。鉄道などの都市間輸送基盤が弱くて、大都市一極集中が進み過ぎてることの裏付けなんですけどね。あとは丘珠空港や福岡空港の立地が良すぎなのも理由ですかね。車がなくても都心まで地下鉄で乗り換え無しですから。

        • まつ様

          こんにちはー。
          おぉ、そうなのですね。ワクワクしそうですが、北海道の飛行機通勤は冬は大変そうですね(;´∀`)
          丘珠って行ったこと無いのですが、立地がいいんですね。確かに新千歳はちょっと離れてますもんね・・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください