フィンエアーの超絶お得なポイントセールが再び!サファイアもついてくるよ!

フィンエアー ポイント セール

皆様おはこんにちばんは。

去年mosariも一瞬で飛びついたフィンエアーの超絶お得なポイント(マイル)のセールが再び行われています。

しかも今はワンワールドサファイアのステータスが獲得できるおまけ付き。相当ヤバいプロモですよこれは。

ただし、リスクもあるのでそちらもお伝えしますね。

 

スポンサードリンク

マイル購入セール

  • 購入期間(日本時間換算):2021年12月15日(水) 07:00〜12月28日(火) 06:59
  • ボーナス:40%〜100%
  • ボーナス2:獲得ポイントの25%のステータスポイント
  • 最大購入ポイント数:200,000マイル+200,000ボーナスマイル

購入は日本時間で12月28日(火)6:59までとなっていますので、気になる方はお早めに。

今回のボーナスは購入ポイント数に応じて40%〜100%となります。

フィンエアー ポイント セール

このように5,000ポイント以上の購入で40%、50,000ポイント以上の購入で60%、100,000ポイント以上で80%、150,000ポイント以上で100%と増えていきます。

ティアポイントはJALでいうFOP、ANAでいうPPに相当するステータス用のポイントになります。

ボーナスを含んだ獲得ポイントの25%が獲得できます。

獲得例)

フィンエアー ポイント セール

最大で200,000ポイント分購入した場合、100,000ティアポイントが手に入ります。

フィンエアー ステータス ランク

このようにフィンエアープラスでは80,000ティアポイント以上でワンワールドサファイア相当のフィンエアープラスゴールド会員になることが可能です。

まさに金で買うステータス。

おそロシア。

 

マイル単価

今回のセールで獲得できるマイル単価を見てみましょう。

購入可能な上限である200,000マイル(ポイント)で計算します。

フィンエアー ポイント セール

2,575ユーロなので・・・

フィンエアー ポイント セール

約33万円・・・!

日本円に換算すると400,000マイルを330,000円で購入することになります。

マイル単価は@0.825円になります。

150,000ポイント〜200,000ポイントが100%ボーナスとなり、このテーブル内で単価は変わりません。

 

スポンサードリンク

フィンエアーのマイル

フィンエアーのマイルは大きく以下のような使い道があります。

  • フィンエアー便の特典航空券に交換
  • ワンワールド加盟航空会社の特典航空券に交換
  • オンラインショップで割引に使う

この中でお得感のあるのはフィンエアー便の特典航空券に交換となります。

ワンワールド加盟航空会社の特典航空券を発券できますが、必要マイル数が多く使い勝手が悪いです。

フィンエアー便でもお得度が高いのがやはりビジネスクラス。

フィンエアープラス マイルチャート

フィンエアーはフィンランドの航空会社なのでヘルシンキの空港を拠点とした3つのエリア制になっています。

  • 北欧
  • ヨーロッパ(中東含む)
  • アジアおよび北米

の3エリアです。

日本起点だとアジアおよび北米のテーブルが適用されるので160,000マイルでヘルシンキを起点としてヨーロッパ内に移動できます。

ヘルシンキでも160,000マイル、そこから乗り継いでパリに行っても160,000マイルです。変わった使い方ではヘルシンキを経由してドバイに飛んでも160,000マイルです。(ドバイとテルアビブがヨーロッパに含まれるため)

160,000マイルを今回のセール単価@0.825円で換算すると、

160,000×0.825円=132,000円

ここに諸税が加わるので今だと160,000円ほどでヨーロッパにビジネスクラスで往復できてしまいます・・・!

100%ボーナスを得るには150,000ポイント以上の購入が必要なので、160,000ポイントを購入して2回分の320,000ポイント分獲得するのがおすすめ。

去年なら燃油サーチャージがかからなかったのですが今はサーチャージも必要なのがつらいところ。。。

A350

フィンエアーのビジネスクラスはフィンランドの人気ブランド「マリメッコ」のデザインが随所に使われておりめちゃめちゃオシャレでテンションがあがります。

A350

mosariが搭乗したときはグラスが「イッタラ」のウルティマツーレでめっちゃお洒落でした。

気に入ってお土産として購入しちゃいました。

フィンエアーのビジネスクラスの詳細はこちらをどうぞ。

A350

フィンエアーA350 ビジネスクラス搭乗記【AY072 成田−ヘルシンキ】

2017年8月13日

 

購入方法

ポイント購入は公式サイトより

FINNAIR

会員登録すると購入が可能です。会員登録したら以下をチェケラ。

ポイントを購入する

 

スポンサードリンク

注意事項

16万円ほどでビジネスクラスでヨーロッパに行けるのですからめちゃめちゃお得と言えます。

ただし注意点もあります。

それはコロナによりいつになったら海外旅行に行けるのかわからないという点です。

ヨーロッパ自体は感染が落ち着くとすぐに観光客をウェルカムムードにして受け入れてるので問題ありませんが、日本に帰国時の14日隔離はまだ続いています。

10日にする案など前向きな検討が始まった矢先のオミクロン株・・・

ターキッシュエアライン

海外旅行解禁への第1歩 帰国後の隔離が14日→10日へ短縮検討

2021年9月11日

2022年に海外旅行が解禁されるかわかりませんし、解禁されたとしてもレジデンストラックで採用されているようなアジアから開放するといった段階的となる可能性も高いと思っています。

そうなった場合に実際マイルが使えるのがいつになるかわかりません。

フィンエアーのマイルは18ヶ月に1回加算すれば有効期限が延長されるので期限が切れそうになったら最低購入価格(12.88ユーロ)で購入すれば延長自体は容易です。

が、その間にポイントチャートの変更リスクがあります。

こればかりはいつどういった形で行われるか予測ができないのですが、近年チャートを改悪する会社も多いので保持リスクはどうしてもでてきます。

外資の航空会社ですし、その中でもマイナーなマイレージ制度なので話題になりにくく気がついたら変更されていた、なんてことが無いようにしないといけませんね。

mosariは定期的にウォッチしてるのでなにか動きがあれば本ブログでも紹介するようにはしますが。

有効期限さえ逃さなければ価値が0になることはありませんので、その点は安心していいと思いますが、チャート変更により20%程度多くポイントが必要になるかもしれない、という点は理解したうえで購入するのがいいと思います。

ちなみに我が家は昨年64万ポイント分購入していますw

当時はコロナの初期だったのでここまで長引くとは思わず購入したのですが、早くも1回目の有効期限が迫ってきています 笑

適当なタイミングで買い足しておきます。。。

また、今は改善されていますが、最近までビジネスクラスの予約が一切できませんでした。

エコノミーは引っかかるのですがビジネスクラスは1席も開放していない状態が1年以上続いていました。

路線を変更しても日付を変更しても「検索に合致する旅行が見つかりませんでした」の表示しかでません。

フィンエアー 特典航空券

かれこれ700回はこの画面みたと思います(;´∀`)

そういうことする航空会社であることも一応頭の片隅に・・・

今は大丈夫です。

フィンエアー ポイント セール

こんな感じでビジネスクラスも予約可能です。

 

キャンセル規定

特典航空券なのでキャンセルも容易ですが手数料はかかるのでその点は注意。

フィンエアー ポイント セール

このように変更は48時間前まで無料ですが、キャンセルは有料です。

フィンエアー ポイント セール

キャンセル手数料は6,000円かな?

正確にはユーロ表記だと思うのですがちょっと見当たらず。変更が50ユーロなのでキャンセルも50ユーロかな?

JALの3,000円よりは高いですが、ANAの3,000マイルよりは良心的ですかね。

 

スポンサードリンク

最後に

本セールの概要はこちら。

  • 購入期間(日本時間換算):2021年12月15日(水) 07:00〜12月28日(火) 06:59
  • ボーナス:40%〜100%
  • ボーナス2:獲得ポイントの25%のステータスポイント
  • 最大購入ポイント数:200,000マイル+200,000ボーナスマイル

使うことさえできれば16万円ほどで欧州行きのビジネスクラスを発券可能です。しかも購入ポイント数によってはワンワールドサファイアのステータスも獲得できます。

コロナでいつ使えるかわからないのだけがリスクです。

有効期限は18ヶ月以内に加算があれば延長されるのでポイント購入で簡単に延長可能です。

チャートの変更リスクが有る点は注意して購入しましょう。

予約後は変更は無料、キャンセルはたぶん50ユーロです。日本のページを見ると6,000円とあります。

サービス料 | フィンエアー

 

日本の水際対策では以下の国がレジデンストラックとして優遇されています。※2021年12月現在すべて一時中止。

  • タイ
  • ベトナム
  • マレーシア
  • カンボジア
  • ラオス
  • ミャンマー
  • 台湾
  • シンガポール
  • ブルネイ
  • 韓国
  • 中国

これらの国が日本への入国を優遇されているため、海外旅行もまずはこの国から始まる可能性が高いんじゃないかと。

なので欧州行きでしか使えないフィンエアーのマイルは使えないかもしれません。

長期保有する覚悟のうえで購入しましょう。何があっても自己責任です。

まぁチャート改悪があっても20%程度でしょうから、それでもお得だと思ってmosariはそんなに心配していません。

  • 長期保有で構わない(キャッシュに余裕がある)
  • 欧州が好き
  • ちょっとくらい改悪されても気にしない

みたいな人だったら良さげかと。

以前フィンエアーのビジネスクラスに乗ったときですが、CAさんがとても優しくてめっちゃ高印象でした。外資っぽくなかったです。お菓子のお土産もいっぱいくれましたし。

A350

フィンエアーA350 ビジネスクラス搭乗記【AY072 成田−ヘルシンキ】

2017年8月13日

また乗りたい!と思わせてくれる素敵なフライトでしたのでおすすめです。

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
SPGアメックス 2021年 メインカード

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください