【問題】羽田とヒースローの利用者はどちらが多い?利用者数ランキング

ヒースロー空港

皆様こんにちは。

突然ですが問題です。

羽田空港とロンドンにあるヒースロー空港はどちらが1日の利用者が多いでしょうか?!

先日ヒースロー空港が1日の搭乗者数が過去最大となる26万2000人を記録したそうです。

ヒースロー空港、1日の搭乗者数で26万2,000人を記録 過去最高

1日で262,000人。凄まじい人数ですね。ちなみに鉄道の新宿駅は平均で76万人だそうです。あの混雑する新宿駅の3分の1にあたる人数がヒースローを利用したことになります。

 

スポンサードリンク

正解は?

情報通かつ博識の皆様なら答えはすぐにわかりますよね?簡単ですいません(;´∀`)

それでは正解を発表します。

・・・

・・

 

正解は「羽田空港」です!

2017年の各空港ごとの旅客数を国際空港協議会(Airports Council International, ACI)がまとめた統計資料があったのでそちらを見てみると、羽田の1日の平均利用者数は233,997人。ヒースローは213,738人です。1日あたりの利用者は2万人ほど羽田のほうが多いことになります。

ただしヒースローは冒頭お伝えしたように1日の最大利用者数が262,000人を記録するなど利用者を増やしていることが予想されますので、今はもう少し差が縮まっていると思われます。

一方で羽田も1日あたり50便も増便することが決まっていますので来年は利用者数を伸ばしてくるでしょう。

羽田空港

羽田の国際線に50便増加!日系のイタリア直行便も復活!羽田がどんどん便利に。

2019年9月14日

ということで国内線が主力である羽田空港のほうが利用者数は多いという結果となりました。

国際線だけに絞って比較したらもちろん相手になりません。羽田の1日あたりの国際線利用者数は5万人程度なので・・・

スポンサーリンク

 

世界のランキングを見てみよう!

せっかくなので世界の利用者数ランキングを発表します!!

順位 空港 年間利用者 1日平均
1 アトランタ(ATL) 103,902,992 284,666
2 北京(PEK) 95,786,442 262,429
3 ドバイ(DXB) 88,242,099 241,759
4 羽田(HND) 85,408,975 233,997
5 ロサンゼルス(LAX) 84,557,968 231,666
6 シカゴ(ORD) 79,828,183 218,707
7 ロンドン(LHR) 78,014,598 213,738
8 香港(HKG) 72,664,075 199,080
9 上海(PVG) 70,001,237 191,784
10 パリ(CDG) 69,471,442 190,333

なんと羽田は世界4位の利用者数を誇るんですね!

1位のアトランタ以外は前年比+で増加していたので世界的に航空機を利用する人が増えていることがわかります。

IATA

日本の人口の36倍!2018年は44億人が飛行機に搭乗

2019年8月30日

↑の記事では2018年の利用者数の合計が44億人だったとお伝えしていましたね。2017年よりも2億8,000万人も増えたとIATAもまとめているので間違いないでしょう。

ランキング外で気になったのはシンガポールのチャンギ空港ですかね。

チャンギ空港

チャンギは18位で年間62,220,000人で1日平均だと170,466人でした。

もっとランキング上位だと思ってましたわ。

仁川は19位で62,157,834人でした。

アジアのハブ空港になれなかった成田はというと・・・

ランキング外で資料がなかったので成田空港のHPから数字を拝借すると

40,687,040人でした。1日あたりでいうと111,471人ですね。

うーん、頑張れ成田・・・

ランキング20位までのデータはこちらのサイトからどうぞ(英語サイト)

Airports Council International|Passenger Traffic 2017 FINAL

成田はこちらのページを参照しました。

成田空港運用状況 1月-12月(暦年)2017年 | 空港の運用状況

 

スポンサードリンク

おまけ

気になる方はこちらの記事もどうぞ。

国際航空運送協会(IATA)という団体がまとめた2018年の旅客機に関するレポートを取り上げています。

IATA

日本の人口の36倍!2018年は44億人が飛行機に搭乗

2019年8月30日

最も搭乗された路線なんかのランキングも乗せているので暇つぶしにどうぞ。

 

おまけ2

政府は2020年に訪日外国人数4000万人を目指しています。

訪日外国人数 推移

引用元:https://www.tourism.jp/tourism-database/stats/inbound/

2018年は約3200万人でした。1月から7月のデータから予測すると2019年は3500万人いけばいいって感じです。韓国路線の相次ぐ運休により実際は3400万人いけばいいほうかも・・・韓国は中国に次ぐ第2位の訪日外国人数ですからね。。。

オリンピックイヤーに600万人増やせるかということですね。うーん、どうなんでしょう。たくさん来てくれるといいなぁ。もちろん日本を好きになって帰ってくれればいいけど、東京で”おもてなし”できるとは思えんのだよなぁ。

台風に熱中症、交通インフラの混雑、ホテル不足、多言語対応、Wi-Fi整備、キャッシュレス対応、うーん、不安な要素が盛りだくさんです。

誘致だけでなくしっかりと”おもてなし”できるように推進してもらいたいものです。

 

スポンサードリンク

最後に

ということで羽田空港 対 ヒースロー空港は羽田空港の勝ちが正解でした。

皆さんもちろん正解してましたよね?

国内線は強いってことですね(;´∀`)

国際線中心でこれだけの旅客数を稼ぐヒースローはやっぱり化け物空港ですね。

ヒースロー空港

ヒースロー空港はJALと同じワンワールド加盟のブリティッシュエアウェイズのハブ空港です。

空港内もお洒落でラウンジも豪華でした。

ヒースロー空港

空港内にあるフォートナム・アンド・メイソンで一杯楽しんでいる紳士淑女の方々。素敵。

キャビア ハウス アンド プルニエもあり、キャビアやバリックサーモンを楽しんでいるビジネスマンもいらっしゃいました。ここのバリックサーモンは死ぬほど美味い。今までのサーモンはいったい・・って思えるほど美味い。

銀座の東急プラザに入っているので食通の方は是非食べてみてください。

それでは!



スポンサーリンク

“プレミアムクラス マイレージ情報”

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2019年メインカード

 

 

2019年10万マイルを手に入れよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください