ついにMarriott Bonvoyカード発行へ。SPGアメックスは廃止。

Marriott Bonvoyアメックスカード

皆様おはこんにちばんは。

旅好きに大人気だったSPGアメックスが発行を停止します。

2018年にSPGとマリオットが統合したにも関わらず日本では引き続き発行が続けられていたSPGアメックス。

mosariも2016年に発行してから長い間メインカードとして利用してきました。

本当に多くの人に愛されてきたと思いますがとうとう終わりを告げることになりました。

その代わりについにMarriott Bonvoyアメックスカードが登場します!!

ずいぶん時間がかかりましたが、内容を見てみたいと思います。

 

スポンサードリンク

Marriott Bonvoyアメックスカード

Marriott Bonvoyアメックスカード

2種類が2022年2月24日(木)に登場します。

  • Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード:年会費23,100円(税込)
  • Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード:年会費49,500円(税込)

 

公式ページはこちら

SPGアメックスが34,100円(税込)でしたので、通常版だとサービスが低下、プレミアムカードだとサービスが向上すると値段的には推測できます。

人によってMarriott Bonvoyアメックスにするのか、Marriott Bonvoyアメックスプレミアムにするのがいいのか決める必要があるということですね。

SPGアメックスと通常版、プレミアムカードのサービスを比較して見たいと思います。

SPGアメックスと比べて良くなった点は青字悪くなった点は赤字にしています。

名称 SPGアメックス Marriott Bonvoyアメックス Marriott Bonvoyアメックスプレミアム
年会費(税込) 34,100円 23,100円 49,500円
家族カード年会費 17,050円 1枚無料、2枚目11,550円 1枚無料、2枚目24,750円
ポイント付与(ショッピング) 100円=3Pt 100円=2Pt 100円=3Pt
ポイント付与(提携ホテル) 100円=6Pt 100円=4Pt 100円=6Pt
エリート会員資格 ゴールド シルバー ゴールド
エリート会員資格(条件付) ゴールド(年100万円決済) プラチナ(年400万円決済)
宿泊実績 5泊分 5泊分 15泊分
更新時無料宿泊レート 50,000ポイントまで 35,000ポイントまで 50,000ポイントまで
更新時無料宿泊券 条件無 年150万円決済 年150万円決済
海外旅行保険 自動付帯(5,000万円) 利用付帯(3,000万円) 利用付帯(1億円)
プロパティクレジット
ショッピングプロテクション 500万円 300万円 500万円
スマホプロテクション
空港利用時の無料配送 帰国時(成田・中部・関西) 帰国時(成田・中部・関西) 帰国時(羽田が追加)

といった感じ。

以下、今回新設される特典について補足。

更新時の無料宿泊券のレートについて

2022年3月から15,000ポイント分上乗せすることができるようになるため、Marriott Bonvoyアメックスでも最大50,000ポイント分で予約は可能。プレミアムカードなら最大65,000ポイント分予約できます。(SPGアメックスでも上乗せは可能になります)

 

プロパティクレジットについて

今回新たに追加された特典です。

内容はザ・リッツ・カールトン」または「セントレジス」に2連泊以上の予約で100$のクレジットがもらえるというものです。

うん、そんな高級ホテルに2連泊もしないよw

「100⽶ドルのプロパティクレジット」付きプランとして予約する必要があるので使う場合は忘れずに。

 

スマートフォンプロテクションについて

破損や水漏れした場合の修理代金を最大3万円補償してくれます。

補償の範囲は、

  • 破損(スクリーン画面割れ含む)
  • 火災
  • 水漏れ
  • 盗難

となっており、免責金額は、

  • 破損、火災、水漏れの場合は1事故につき1万円
  • 盗難の場合は1事故につき1,5万円

です。

補償されるスマートフォンは、

  • 本会員のもの(家族カード会員は不可)
  • 直近3ヶ月連続で利用料を本カードで決済していること
  • 購入後24ヶ月以内であること

 

紛失や、バッテリーの劣化なんかは対象外になると思われるのと、免責金額がかかるのでまぁおまけみたいなもんですかね。

本家アメックスでも似たようなサービスがありますが内容は全然違いますね。

気になる方は↓の記事をどうぞ。

アメックス ゴールド 特典変更

アメックスゴールドの特典が変更 15,000円分のホテル割引など

2020年12月24日

 

SPGアメックスホルダーはどうする?

ここで気になるのがすでにホルダーの方はどうするか?って話ですよね。

mosari
mosariも悩んでます!

まず、ホルダーは自動的に「Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」に順次切り替えされます。

何もしないと更新時に年会費がアップするので注意。

34,100円→49,500円

切り替えタイミングは2022年5月11日(水)移行の年会費請求分からプレミアムカードとしての請求が始まります。

Marriott Bonvoyアメックスカード

この付近に更新が待っている人は気をつけましょう。

 

SPGアメックスを持っている人は主に、以下の3つの特典を重視していると思います。

  • ゴールドステータス
  • 更新時無料宿泊特典
  • Marriott Bonvoyポイントの獲得

それぞれの観点で見てみましょう。

 

ゴールドステータスについて

まずゴールドステータスを無条件で手に入れるにはMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードにする必要があります。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードの場合は、シルバーステータスになります。

ただし、100万円決済することでゴールドステータスが手に入ります。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの場合は400万円決済することでプラチナステータスが手に入ります。

400万円決済できる人は迷わずMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードにしていいでしょう。

ステータスを重視する場合は、

  • 400万円決済できる人:Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
  • 100万円決済できる人:Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード
  • 100万円決済できない人:Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

といった棲み分けになります。

ただし、49,500円の年会費を払ってゴールドステータスは正直物足りないです。

その一方で100万円決済できるからとMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードにする場合、100円=2PtとSPGアメックスよりもポイントが溜まりにくくなっているので注意。

mosari
SPGアメックスとプレミアムカードは100円=3Ptだからね!

プラチナステータス目当てでプレミアムカードはいいと思いますが、正直ゴールドステータス目当ての場合、本カードはどちらもコスパが悪いと言えます。

特にマイル目当ての場合、還元率が1.25%から0.83%と大きく悪化します。

JALカードやANAカード使ったほうがいいですね。

 

更新時無料宿泊特典について

SPGアメックスは50,000ポイントまで無条件で予約可能でした。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは150万円決済で、50,000ポイントまで。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードは150万円決済で35,000ポイントまでになります。

mosari
自分のポイントを使って15,000ポイント分上乗せすることが可能になります!プレミアムカードなら65,000ポイントのホテルに予約可能!

しかし年間の決済が150万円分必要になってしまったので、大改悪・・・!

これによりゴールド目当てでMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードを発行したとしても、なんとかもう50万円分追加して年間150万円分の決済するのが現実的です。

無料宿泊特典は年会費のもとを取るのに欠かせない特典ですので、150万円決済するかどうかが今後Marriott Bonvoyカードを維持するかどうかのポイントになると思います。

なお、2023年4月23日までに付与される更新分についてはこれまでどおり150万円の決済は不要です。

2023年4⽉23⽇(日)までに付与される無料宿泊特典は、プログラム期間中のご利⽤⾦額にかかわらず、これまでどおり年会費のお⽀払いで獲得いただけます。

 

Marriott Bonvoyポイントの獲得について

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは100円=3Pt、ホテル利用時は100円=6Pt。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードは100円=2Pt、ホテル利用時は100円=4Pt。

mosariはポイントを一番重要視しています。

SPGアメックスの場合マイルに移行することで1.25%という非常に高い還元率を誇っていました。

プレミアムカードは同様に1.25%で、通常版だと0.83%になってしまいます(´;ω;`)

Bonvoyポイントをマイルに移行する際に60,000ポイントごとに5,000マイルのボーナスが手に入るので、その場合に必要な決済額で比べてみると・・・

■Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの場合

200万円決済=60,000ポイント=20,000マイル+5,000マイル(1.25%還元)

 

■Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードの場合

300万円決済=60,000ポイント=20,000マイル+5,000マイル(0.83%還元)

mosari
100万円分の決済の差がでます。ひぃえー。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードは60,000ポイントまで貯めて交換した場合の還元率が0.83%なので、無料宿泊特典に必要な150万円分決済したとすると、

150万円×0.83%=12,450マイルに相当します。

ということで150万円分決済した場合の獲得マイル数を比べてみましょう。

還元率 獲得マイル
SPGアメックス 1.25% 18,750マイル
Bonvoyアメックスプレミアム 1.25% 18,750マイル
Bonvoyアメックス 0.83% 12,450マイル
JALカードなど1%還元カード 1% 15,000マイル

こんな感じ。

※JALカードなどは移行レートなどを考慮せず、1%分がそのままマイルに換算したと想定。

SPGアメックスなどの1.25%と比べると5,000マイルも減ってしまうんですね。

mosari家のようにマイルをビジネスクラスで利用している場合、1マイルあたり4円〜5円換算で利用可能なので、20,000円〜25,000円分の差が生じます。

と、なると年会費の差はあまり考慮しなくてよさそうですね。

 

溜まったポイントはマイルに移行してビジネスクラスで利用する場合、かつ、150万円以上決済するのであればMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードでいいってことですね。

となるとMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードの存在意義ってなんだろう。

ポイントやマイルはあまり意識しないけど、とりあえず100万円決済してゴールドが欲しいって場合か、150万円決済して無料宿泊特典が欲しいってケースですかね?

うーん。

我が家は家族カードも使えば年間だと200万円〜250万円決済って感じになりそうなのでビジネスクラス換算ならプレミアムカードですかね。

年会費が15,000円あがる分のメリットは今のところ見いだせていませんが・・・

この辺の金額になってくるとヒルトンアメックスでもいいですね。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カード

【ついに】ヒルトンアメックスが登場!無料宿泊券やダイヤモンドステータスギフト特典など!

2021年3月9日

200万円の決済でダイヤモンドステータスがもらえるので我が家でも達成可能。

マイルを諦めてホテル狙いならこれも有り。

特にコロナで海外に行けないとヒルトンのが国内ホテルでも十分恩恵を得られるのでね。

 

スポンサードリンク

新しい券面が欲しい場合

2022年2月24日(木)以降、カードが更新となる場合は新デザインが届きます。

mosariは2021年12月に新しいカードが届いているので、5年後の2026年12月まで新しいカードが届きません 笑

同様のサービスは旧券面のままでも受けられますが、どうしても新しい券面が欲しい場合は、2022年2月24日移行に申請することで新デザインのカードを発行してもらうことができます。

ただし、カード番号が変わるので自動引落に設定している場合はすべて変更が必要なのでご注意ください。

 

最後に

ついにMarriott Bonvoyアメックスカードが登場です!!

が、SPGアメックスの上位互換というわけではなく、人によっては改悪が目立つカードとなっています。

年会費も高くなってしまいましたがマイル還元率で見ると1.25%はまだまだ魅力的ではあります。

本記事を参考に、どちらのカードにするか、それとも撤退するかなど検討してみてください。

少なくとも本カードに興味があって

  • 400万円以上決済ができる
  • 150万円以上の決済でき、マイルでビジネスクラス狙い

と言った場合はMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードでいいんじゃないかなと。

それ以外のケースは決済額や、どれくらいマリオット系列のホテルを使うか、なんてことを加味して検討してみてください。

とりあえずmosariは12月まで待てるのでゆっくり考えようと思っています。

ひとつの時代が終わりましたねぇ〜。

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
SPGアメックス 2021年 メインカード

 

 

7 件のコメント

  • こんにちは。
    ご無沙汰しております。

    今回の変更でspgは解約します。
    まぁ3月に更新になったので年内持つ感じですかね。
    マイルへのポイント移行のために持っていた様なものなので😁
    残念ですがホテル系としてはHilton AMEX一択にします。
    美味しいカードはどんどん無くなりますね。
    そもそも海外旅行に行けない状況なので
    カードもそんなに必要無くなってきてます。

    • Booさま

      こんにちはー!
      美味しいカード、美味しいルートは色々封鎖されていっちゃいますよね(;´∀`)

      コロナでそれどころじゃなくなってしまったっていうのが原因のものもあるでしょうし、ほんとコロナ許すまじですよね・・・

      旅行にいかない前提だとクレジットカードって一番よく使う店舗の1枚+もう1枚くらいですんじゃいますよね。。

  • こんにちは、僕はいまのところ更新しておきますねー。ポイントが実質無期限なのでね。
    あとGWのフランス行きは往復共に機材変更が発生して振替も難しかったので払い戻ししてもらいました。来年行けるようにまた席とりがんばります!!(来年A350になるみたいだから争奪戦になりそうですが)

    • TSUBO様

      こんばんはー!
      ポイントの実質無限はありがたいですよね〜。私もポイントを考えると悩んじゃいます・・・
      フランス行き残念です(´;ω;`)
      A350なんて素敵・・!争奪戦頑張ってください!!

  • 迷いなく解約!ビジネス決済の方が残ればいいんじゃないですか。
    コロナ禍になって隠れ無料系カードにメインチェンジしてます。
    充実保険付きのカードが一枚あればそれでよし、だけど雨以外。

    • まつ様

      こんにちはー!
      おぉ、解約派ですね!
      いつ海外行けるかわかりませんもんね。。。

      海外旅行保険が利用付帯になりまくってるのでそっちもどうするか考えないとですね(;´∀`)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください