【マリオット】ポイント購入50%ボーナス 4月3日まで延長

マリオット ポイント セール

皆様おはこんにちばんは。

マリオットのポイントセールが4月3日まで延長されました。

マリオットといえば3月末に宿泊に必要なポイントを変動制にすると発表しています。

ポイントの価値が下がる可能性が高いので、直近宿泊予定がある場合変更前に予約しておくのがよいでしょう。

ポイントが足りない、って場合に今回のようなセール時に買うのはありでしょう。

 

スポンサードリンク

ポイントセール

  • 購入期間:2022年2月15日(火)〜4月3日(日)
  • ボーナスポイント:最大50%
  • 購入上限:100,000ポイント(+50,000ボーナスポイント)

最大まで購入すると150,000ポイントまで獲得が可能。

ポイントは宿泊に使ってもいいですし、マイルに移行して特典航空券に使うことも可能です。

今はマイルを効果的に使うのは難しいですが、コロナ後に備えて買っておくのも有り。と、言いながら2年も経ってしまった・・いつ使えるのやら(;´∀`)

今回はポイント宿泊用に買っておくのがいいかなと。

なお、購入ポイント数によって獲得ボーナスの割合が変わるので注意。

  • 2,000~9,000ポイントのご購入で40%のボーナス
  • 10,000~39,000ポイントのご購入で45%のボーナス
  • 40,000~100,000ポイントのご購入で50%のボーナス

ということで40,000ポイント以上の購入がおすすめ。

過去のセールと比べても50%は悪くありません。

一昨年は60%がありましたが、去年は55%が最大でした。

今年も55%は来るかもしれませんが、円安が進みそうな感じですし、待ってもお得になるかどうか。

逆に円高に戻ってくれればありがたいのですけど。

開始時期 セール内容
2019年4月 25%割引
2019年9月 30%割引
2019年11月 30%割引
2020年2月 50%ボーナス
2020年5月 60%ボーナス
2020年9月 50%ボーナス
2020年11月 60%ボーナス
2020年11月延長 50%ボーナス(会員によっては60%)
2021年2月 40%ボーナス(会員によっては50%)
2021年5月 30%割引
2021年8月 ミステリーボーナス(40〜60%?)
2021年10月 55%ボーナス
2022年2月 50%ボーナス

 

100,000ポイントを購入する場合の費用は1,250ドルです。

マリオット ポイント セール

現在の為替レートに適用すると、

マリオット ポイント セール

152,618円ですね。

うーん、円安ぅうう!

 

変動制について

マリオットは3月29日にポイント宿泊に必要なポイント数を変動制に変更予定です。

これまではカテゴリーごとに、スタンダード、オフピーク、ピークという3つのレンジが用意されていました。

どれだけ高騰する時期であってもピークのポイント数で泊まれるので、高い日ほどお得に宿泊できていました。

マリオット ポイント数

こんな感じ。

今後は宿泊費用と連動するため例えば、

カテゴリー7のホテルだと現在はどんなに繁忙期であっても70,000ポイントで宿泊できましたが、今後は年末年始やGWなんかかは100,000ポイントの日も出てくるかもしれません(;´∀`)

逆に閑散期であればより低いポイントで宿泊できることになりますが、元の値段が安いなら現金でもいいんじゃない?って思うのでなかなか・・

ただし2022年中は一部の超高級ホテルを除いて従来のポイントテーブルの範囲で変動するようです。

本格的に変動しまくるのは2023年からのようなので2022年中はまだ大丈夫かなと。

 

海外旅行に行けないので国内旅行でちょっといいホテルに泊まりたい、なんてときにポイントがあるとよりお得に泊まれるかもしれません。

変動制になってどうなるかアレですが、ポイント宿泊はキャンセルが宿泊直前までペナリルティ無しにキャンセルできますのでとりあえず予約しておいて、変動制でより安くなるなら取り直すことも可能。

気になる方は早めに購入どうぞ。(米国で29日から開始っぽいので日本は30日からでしょうか・・)

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
SPGアメックス 2021年 メインカード

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください