シンガポールのチャンギ空港でsimを購入!2016年版

hi!sim

先日海外で自分のスマホを使って通信する方法をお伝えしました。

海外で自分のスマホを使おう!レンタルwifiが便利でおすすめ!

2016.01.05

こちらの記事にあるようにmosariは今までずっとレンタルwifiを使って通信を行っていました。

設定の手間もいりませんし、何よりも日本で機器を入手できるのがありがたいです。着陸した瞬間から通信可能という圧倒的安心感・・・!

今まではそもそもsimフリー端末でなかったということもあったのですが、どうにも現地でsimを買うことに抵抗があったのです。全ては英語が喋れないからなんですけどね!

しかし、今回のシンガポール旅行ではブログのネタの為に勇気を振り絞って現地simを導入してみました。simの購入場所やおすすめのsimをご紹介いたします。

 

 

事前調査

海外にも日本同様に複数の通信事業者があります。日本でもdocomoにするかソフトバンクにするかauにするのか悩みますよね。しかし海外で悩んでる暇なんてありませんので予めどのsimを購入するのかネットで調査しておくことをおすすめします。

mosariが事前に調べたところ、シンガポールで購入できるsimはsingtel, m1, starhubということがわかりました。このうち空港で24時間購入できるのはsingtelだけということもわかりました。空港で入手したい人は必然的にsingtelに絞り込めますね。

singtelのsimは大きくわけて2タイプあります。

  1. hi! SIM Cards
  2. hi!Tourist SIM

 

hi! SIM Cards

前者はプリペイド式となっており、購入後自分にあったプランを選択する必要があります。例えば1日2GBで7ドルのプランであったり、7日間14GBで30ドルといったように目的に合わせてプランを選べるようになっています。

購入できるカードは8ドル~50ドルが存在するようです。ただし、空港で取り扱っているのは28ドル~50ドルのsimのようでした。

28$ 38$ 50$

sim挿入後SMSで契約プランのやりとりをする必要があります。購入した金額を上限としてプランを選択して使用します。ちょっと敷居が高そうな感じですね。

 

hi!Tourist SIM

一方後者は旅行者(Tourist)向けのsimとなっており、アクティベートしてから限られた日数のみ使用可能でプランの選択肢はありません。指せばそのまま利用可能です。

金額は15ドルか30ドルの2つしかありません。

15ドルfor5日 30ドルfor10
国内通話 500分 制限無し
国内SMS 100通 制限無し
国際電話 30分 90分
データ通信 2GB(CP中100GB) 7GB(CP中100GB)
使用期限 5日間 10日間
対応サイズ ノーマル/micro/nano ノーマル/micro/nano
金額 15ドル 30ドル

引用元:http://info.singtel.com/personal/phones-plans/mobile/prepaid/hitouristsimcards

金額内に無料通話が含まれているのが特徴ですね。といっても旅行中に使うケースはほとんど無いかと思いますが・・・mosariも実際一度も使いませんでした。

ということでメインはデータ通信となりますが、現在キャンペーン中のようでどちらも100GB通信が可能です。実質使いたい放題ですね。

5日間までの滞在でしたら15ドル、10日間までの滞在であれば30ドルのsimを購入すればよいですね。変にプランを考える必要も無くシンプルでいいですね。何よりSMSでプランの契約手続きをしなくて済むのがGoodです!

事前の調査では空港で売っているのは30ドルのみということでした。

実際1泊3日の弾丸旅行なので15ドルで十分でしたが売ってないのであれば仕方ないですね。大人しく30ドルを買うことに決めました。それでも2016年1月のレートは1シンガポールドル84円程度でしたので2,520円となり、レンタルwifiより安いですね。レンタルwifiを借りていたとしたら今まで3,000円程度はしていましたから(CPクーポンなどの割引利用で)。

 

実際に買ってみよう

チャンギ空港到着ロビー

引用元:https://www.jal.co.jp/inter/airport/asia/sin/sin_00.html

JALさんのHPを使わせていただきました。税関を抜けた到着ロビーの青い矢印が指している¥マークのあたりにATMと両替カウンターが並んでいます。こちらにあるRHB Bankさんの両替カウンターでお目当てのsimを発見しました。いくつかのお店(両替カウンター)でsingtelのsimを取り扱っているようでしたがhi!Tourist SIMを取り扱っていないところもあったので、RHB Bankさんを探してください。

2016年10月追記

2016年10月よりRHB BankさんがTravelexさんに変わったそうなのでご注意ください。カウンターにはSimカードのメニューが置いてあり、15ドル版も購入できたとのことです。Simの装着までしてくれたそうなので、より旅行者にやさしくなったかと思います。コメント欄に情報をいただいたじゅん様ありがとうございます。

RHB_bank

上記写真の右側の青い両替カウンターがRHB bankさんです。パッと見はただの両替カウンターですがこちらでsimを販売しています。写真だとよく見えませんが、カウンターにはhi!Tourist SIMのPOPやステッカーが貼ってありますので目の前に来ればわかると思います。

カウンターで手元のステッカーを指させばすぐにsimを出してくれました。その際パスポートの提示を求められるので、予め出しておくとスムーズです。どうやらシンガポールではパスポートの提示が義務付けられているようです。

購入時にはsimfree端末かどうかも聞かれました。Yes!simfree!と答えておきました。

両替カウンターでもあるので手持ちが無い場合は両替することも可能です。また、カウンターの隣にはATMもありますのでクレジットカードによるキャッシングも可能です。キャッシング派の方は先にどうぞ。

ATM

mosariはいつもHSBCさんを利用しています。白と黒が硬派なイメージなので安心感が持てるというだけなので、お好きなATMで良いと思います。ただ、今回は他の2台は空いているのにHSBCさんのATMにだけ列ができていたので人気なのですかね?

 

買ったsimは?

hi!sim

じゃーん!hi!Tourist SIMの15ドル版です!事前調査では15ドルは売っていないとありましたが、カウンターのステッカーに15ドルの記載があったので、試しに指さしてみたら普通に買えました。というとこで1,260円程度で実質使いたい放題ですね!これは安い!

mosariはiphone6sなので一番内側にある点線に沿ってsimを抜くと無事nanoサイズになりました。

3-in-1(ノーマル/micro/nano)対応なのでどの機種でも形に沿って切り取れば使用可能なのがわかりやすくていいですね。

機内で事前に日本のsimは抜いておくと楽ですよ。抜いたsimは無くさないようにケースか何か用意しておきましょう。mosariはSDカードケースを使用しました。
simイジェクト用のピンは付属しておりませんので用意しておきましょう。

 

simを挿入!

sim挿入後しばらくするといつもはdocomoと表示されていた箇所がSingtelになりました。これで通話は可能のようです。ドキドキしながらデータ通信してみるとネットワークエラー 笑

事前に調べた感じだとsimを指せば使えるようでしたが、見事に通信できません・・・うーんこれは困った。しばらく設定を見てみてもよくわからないので諦めて店員さんに聞くことにしました。

店員さんが操作しやすくするために英語表記にしておきました。

iphoneの場合の設定方法はこちら

設定>一般>言語と地域>iphoneの使用言語>English

上記手順でiPhoneを英語表記にできますので現地の方でも設定が可能になるはずです。

androidの方は念のため事前に英語表記の設定方法を調べておきましょう。

英語表記にして再度RHB Bankさんのカウンターへ。英語が喋れないので何と言おうと悩みつつ、端末を差し出した途端何事も言わず30秒ほどポチポチいじって設定完了してしまいました 笑

ノーインターネットアクセスとでも言えば伝わるでしょう。日々同じ症状でたくさんのお客さんの対応していると思うので・・・

後程画面を見てみるとAPNの設定が「hicard」となっていました。どうやらAPNの設定ができていなかったようですね。APNの設定を自分で設定できる方はAPNを「hicard」に設定すれば通信できるかと思われます。できなかった(できない)場合は素直に店員さんにやってもらいましょう。

 

注意点?

現在hi!Tourist SIMはキャンペーン中で100GB通信できるようになっていますが、こちらは期間限定となります。Singtelの公式サイトにはこんな表記があります。

100GB promotion will end on 17 February 2016.

2016年2月17日に終了・・でしょうか。その後は15ドルだと2GB、30ドルだと7GBとなります。

 

どちらのsimでも普通に使う分には十分ですね。

 

【2016年5月追記】

2016年5月現在では15ドルで4GB、30ドルで14GBのキャンペーンが実施されています。

 

hi!Tourist SIMは「*100*1#」とダイヤルすると現在の残容量がSMSで届くようになっています。帰国前の空港で確認してみたところ、残り99.603GBでした。2日間丸々使って400MB程度ということですね。仮に5日間フルで使ったとしても、1GB程度であり2GB以内に収まっていますね。

マニュアル

付属のマニュアル

使用容量

残り99.6GB

今回は100GBあるのでホテルなどのwifi接続可能エリアであってもwifiには繋ぎませんでした。なので更なる通信量の削減も可能ですのでキャンペーン終了後でも何ら問題が無さそうです。

 

まとめ

  1. 事前に現地のsimをネットで調査しておく
  2. イジェクトピンとsimを保管するケースを用意する
  3. 日本のsimは機内で抜いておく
  4. シンガポールではhi!Tourist SIMがおすすめ
  5. データ通信できなければAPNを設定。わからなければ英語表記にして店員さんにお願いする

といったところでしょうか。

とにかく導入さえできてしまえば一番安く済むのが現地のsimです。このご時世よほどマイナーな国でない限りは事前にネットで調べておけば何とかなるような気がします。

現地のsimを使うにはsimフリー端末が必要になります。

simロック解除方法はこちらの記事に各キャリア毎のURLを記載しておりますのでご参照ください。やっぱり現地simが不安という方はレンタルwifiもご検討くださいね。

海外で自分のスマホを使おう!レンタルwifiが便利でおすすめ!

2016.01.05

渡航頻度が高い方は次世代のクラウドSIMのWifiルーターはいかがですか?世界中で繋がるので便利ですよ。

【次世代】世界中で使えるクラウドSIMのWifiルーターが凄い

2016.10.26

シンガポールでベイサンズの屋上に行こうと思っている場合、安く入場する方法がありますのでよければこちらもどうぞ。

ベイサンズに宿泊していなくても屋上からお得に夜景を見る方法

2016.02.17

海外旅行保険には無料のクレジットカードがおすすめですよ。節約節約。

海外旅行保険はいくら必要?おすすめ無料クレジットカード考察

2016.01.31

それではスマホを活用してよいご旅行を!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
---JGCへの第一歩はJALカードから---
今ならキャンペーン実施中

---海外旅行保険に悩むあなたへ---
過去事例から学ぶ必要な保険とは
補償金額

16 件のコメント

  • はじめまして
    いきなりのコメントすみません
    なんどもこの記事を読ませていただきました
    10月にシンガポールに1週間旅行に行きます
    初めての海外旅行で不安がいっぱいで事前に用意出来るものはしたくて
    1番不安なのがスマホを思いのままに使えない事です
    英語も全く出来ないので
    わからない事があれば直ぐスマホで調べたいです
    そこで色々調べたのですがどの方法が良いのかわからなくなってしまいこちらに相談させていただく事にしました
    本当にいきなりですみません
    今使っている機種はiPhone6sです
    シムフリーではありません
    このiPhoneをシンガポールで使う方法を教えて下さい
    ポケットwi-fiをヤフオクなどで購入して現地のシムを使う
    この場合 どんな機種を購入すればよいのでしょうか?
    買うときの注意点など教えてもらえないでしょうか?
    あと以前に使っていたiPhone5sがあります
    シムは入っていません
    このiPhone5sをシムフリーにしてシンガポールで購入したシムを使いテザリングする事は出来るのでしょうか?
    どちらの方法がオススメでしょうか?

    いきなりの質問本当にごめんなさい
    よかったら教えて下さい

    • ひろん様

      その気持ちすっごくわかります!
      スマホが使えなかったらと思うと恐ろしいですよね。

      少し長文ですが、回答しますね。

      iphoneを使う場合

      お持ちのiphoneはsimフリーでは無いということですので、まずはsimロックを解除する必要があります。

      ただし、iphone5sはsimロック解除ができませんので、iphone6sのsimロックを解除してください。

      各キャリア毎に条件が異なりますが、基本的に契約から180日経っている必要があります。

      http://jalグローバルクラブ.jp/topic-wifi

      こちらの記事に各キャリアのsimロック解除のページのURLがありますのでご参照ください。

      simフリーのiphone6sが手に入れば、後は現地でsimを買ってAPNの設定をすれば通信可能です。

      モバイルルーターを使う場合

      こちらは試した事が無いのでネットで得た情報ですが、simによってはモバイルルーターに刺した後、アクティベートにSMSを送信する必要があったり、管理画面からの設定が必要であったりと少し複雑です。

      初めての場合はおすすめしません。

      一方でレンタルwifiの場合は現地での設定が必要ありませんので、到着直後から通信可能です。
      1番簡単ですし、使い方も日本で受け取り時に教えてもらえます。

      私も今まではレンタルwifiを借りていました。
      グローバルwifiさんが安くておすすめです。

      安さでいけばsimフリー化してしまうのが良いですが、初めての海外とのことですから、余計な気苦労が無いようにレンタルwifiがいいのではないでしょうか。

      初めてですと荷物のピックアップや入国審査などドキドキが続くと思います。
      そんな時にネットのことも考えるのはちょっと疲れちゃいますから。

      ご参照くださいませ。
      良い旅になるといいですね。
      シンガポールは良い国ですよ。

      • mosari様

        返信ありがとございました🎵
        はじめましてなのに親切に教えて下さり嬉しいです
        mosari様の心強いこの投稿がありますのでシムフリーに挑戦してみます🎵
        iPhone6sがシムフリーに出来るとは知らずかなり悩んでしまいました
        色んな事を調べたつもりでしたがまだまだ勉強不足でした
        mosari様と同じシングテルのシムを購入した場合主人のiPhone6sをテザリングする事は出来るのでしょうか?
        あつかましくまた質問してしまいすみません💦

        • ひろん様

          おっ、simいっちゃいますか。私も英語が全く喋れませんのでひろん様もなんとかなるはずです!

          ・パスポートの提示
          ・simフリーかどうかの確認
          ・電話番号の案内

          電話番号の案内については、とりあえず頷いておけばsimを渡してくれます。電話しないのであればそれで問題ありません。
          頑張ってください!

          テザリングについてですが、私も嫁の端末に対して行ってみたところ、初回は問題なく通信できました。

          他の方のブログでもテザリングできたという報告もあります。

          ただ、私の場合は2回目以降何故か繋がりませんでした。設定は何も変えていないはずなのですが、、、

          原因はわかりませんが、繋がったらラッキーくらいのつもりでいた方が精神上よさそうです。
          別行動を取らなければそれで問題無いですし、いざとなったらどこかお店に入って公衆wifiに繋ぐ方法もあります。

          あまり参考にならずに申し訳ございません。
          もしテザリング試されたら結果をコメントいただけるとありがたいです。

          • mosari様

            今日やっと航空券予約完了しました🎵
            シンガポール航空からの予定表とEチケットが全部英語のメールで来たので少し焦りました💦
            明日コールセンターに電話して説明してもらいます🎵
            後はホテルの手配をすれば出発までゆっくり行きたいとこを考えようと思います🎵
            シンガポールに6泊するのですがマリーナベイサンズ1泊、リッツカールトン3泊は決まってるのですが後2泊どこのホテルにするか迷ってます😭
            カールトンシティホテルとオアシアホテルダウンタウンと新しいホテルにチャレンジしようかなって毎日楽しく悩んでます🎵
            私の一番の悩みはmosari様のおかげで解決したのでシムフリーのiPhone6sと共にシンガポールめ〜いっぱい楽しんできます🎵
            テザリングの報告しますね🎵

            本当に色々お世話になりました🎵
            ありがとうございました🎵

          • ひろん様

            おぉ~旅行前のワクワクが伝わってきますねぇ。
            ホテル選びとか色々と悩むこの時間も楽しいんですよね~。

            シンガポールは思いっきり楽しんできてくださいね。
            報告お待ちしてまーす!

  • SIMぬきのPINはお隣のツーリストセンターで借りれます。1回借りたことあります。
    その後はクリップをのばしたものをペンケースに入れておくようにしてます。
    誰でも知ってるようなことですみません。

    • えい様

      コメントありがとうございます。
      お返事遅くなり申し訳ございません。

      隣のツーリストセンターで借りれるのですね!忘れてしまった方にとっては貴重な情報です。ありがとうございます!

  • こんにちは。今シンガポールです。ツーリスト用のは販売しなくなったようです。ありませんでした。7日間50ドルのが空港にありましたが、10日間はありませんでした。50ドルで5Gまで使えます。

    • えりぃ様

      コメントおよび情報ありがとうございます。

      それは残念なニュースですね。。。
      公式サイトを見るとまだチャンギ空港で販売されているように書かれていますので、一時的なものだといいのですが・・・

      公式サイトの更新が遅れている可能性もありますが・・・

      他の方の続報を求む!ですね。

      情報ありがとうございました。

      • はじめまして。シンガポール航空でしたら機内販売で購入できますよ。5日間15S$と10日間30S$の2種類です。私は8月14日のKIX〜Changiに搭乗しましたが、KRISSHOPのカタログに掲載されてました。みなさんよくご存知かもしれませんが、報告します。ただしチャンギ空港到着後にSIMカードの登録(有効化)が必要とパッケージに書いてありますので念のため付け加えておきますね。私は空港のカウンターに寄らずに次の国に移動してしまったのでまだ使ってません。
        ひろんさんの旅行に間に合うといいのですが。

        • Toshi様

          コメント及び情報ありがとうございます。

          なるほど、、、機内で購入という方法もあるのですね。しかもレアな15ドル版まで。
          空港のどこのカウンターで有効化できるのか、もし実際に利用されましたら教えていただけると助かる方が多いと思います。

          8月14日に買えたという事は、ツーリストsim自体の販売が無くなったわけでは無さそうですね。

          という事は、RHBカウンターでの取り扱いが無くなっただけか、売切れだったのか、、、

          ひろんさんが機内、もしくはカウンターで無事に入手できるといいですが、、、

          Toshi様、情報ありがとうございました。
          他の皆様も引き続き情報お待ちしております。

  • mosariさん、はじめまして。大変ためになる記事をありがとうございました。
    こちらの記事を参考にツーリストシムを使ってきました。2016年8月30日にチャンギ空港のRHB bank両替カウンター(写真の右側の青い両替カウンター)でツーリストシム5日用15S$を購入しました。国内のデータ通信は4GBで、国際電話30分、SMS100通、国内通話なら500分使えるようです。事前に英語表示に切り替えておいたので、カウンターのお姉さんにスマホを差し出したところ、簡単に設定してくれました。
    4日間の滞在だったので、地図を見たり、お店を調べたり、メールの送受信をしたり、充分でしたし、大変助かりました。ちなみに私はdocomoのXperiaユーザーで、シム解除済みです。

    • Bella様

      はじめまして。お早うございます。

      最新情報の提供ありがとうございます!
      現在も売られているようでよかったです。
      これで多くの方が安心できたと思います。

      シンガポールから帰国されて今は現実世界と戦ったおられるところかと思います。今週は無理なさらずにゆっくり休まれてくださいね。

  • 昨日(2016年10月4日)までシンガポールに滞在していた者です。このブログは大変参考になりました。有難うございます。
    現在、チャンギ国際空港ではSingtelのhi!Tourist SIMはTravelexが取り扱うように変更になっていました(SingtelのHPでも確認できます)。mosariさんの写真にあるRHBbankはTravelexのカウンターに変更になり、そこで15ドル版も売ってくれます(RHBbankが撤退したのでしょうか?)。一見、30ドル版しかないように見えるのですが、カウンターにSIMカードのメニューがあり一番左端の15ドルのものを指せば売ってくれます。SIMカードの装着もカウンターでやってくれます。私はSIMフリーのiPhone6を使いましたがAPN設定は自動だったので、そのまま使うことができました。いちおう最新情報ということでお知らせします。

    • じゅん様

      最新情報の提供ありがとうございます!
      なんとTravelexに変更されてしまっているんですね。
      おかげさまで当記事を参考にしていただいている方も多くいらしゃるので、沢山の方が助かると思います。

      記事にも注釈を加えておきますね。
      本当にありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です