2018年THE WORLD’S BEST AIRLINESが発表!JALは5つ星に!

皆様こんにちは。

今年もこの季節がやってまいりました。

そう、航空会社の格付けを行っているイギリスのスカイトラックス社より2018年の”THE WORLD’S BEST AIRLINES”が発表されました。

これは独自の調査に加え、世界中の2,000万人による顧客満足度を基に選定されており、航空会社の国際評価基準としても使われる非常に影響力のある賞です。

昨年の1位はみんな大好きカタール航空でしたね。

さてさて今年はいったい・・・!?

 

The World’s Airlines 2018 TOP20

それではまずは栄えある”THE WORLD’S BEST AIRLINES”のTOP20位までを見てみましょう。

( )内は昨年2017年の順位です。
赤=ワンワールド
青=スターアライアンス
緑=スカイチーム

  1. シンガポール航空:シンガポール(2位)
  2. カタール航空:カタール(1位)
  3. 全日本空輸/ANA:日本(3位)
  4. エミレーツ航空:アラブ首長国連邦(4位)
  5. エバー航空:台湾(6位)
  6. キャセイパシフィック航空:香港(5位)
  7. ルフトハンザ・ドイツ航空:ドイツ(7位)
  8. 海南航空:中国(9位)
  9. ガルーダ・インドネシア航空:インドネシア(10位)
  10. タイ国際航空:タイ(11位)
  11. カンタス航空:オーストラリア(15位)
  12. スイス・インターナショナル・エアラインズ:スイス(14位)
  13. 日本航空/JAL:日本(16位)
  14. 中国南方航空:中国(23位)
  15. エティハド航空:アラブ首長国連邦(8位)
  16. オーストリア航空:オーストリア(17位)
  17. ニュージーランド航空:ニュージーランド(19位)
  18. ターキッシュ・エアラインズ:トルコ(12位)
  19. KLMオランダ航空:オランダ(22位)
  20. 香港航空:香港(24位)

ということで栄えある1位はシンガポール航空でした!

ベストラインアワード2018

引用元:https://www.worldairlineawards.com/

評判いいですもんねシンガポール航空。

なお、キャビンクルーのお姉さまが着てらっしゃるのは「サロンケバヤ」と呼ばれる民族衣装をイメージした制服で、シンガポール航空といえばこのサロンケバヤを着たシンガポール・ガールを思い浮かべる人も多いでしょう。

シンガポール・ガールによる丁寧なおもてなしはもちろんのこと機材にも抜かりはありません。

引用元:http://www.singaporeair.com/

こちらはシンガポール航空のA380に設定されている「スイートクラス」です。

個室の中にはソファと完全なフルフラットのベッドが備え付けられています。A380は空飛ぶホテルと称されていますが、この「スイートクラス」こそまさに空飛ぶホテルという名にふさわしいですね。

スイートクラス

引用元:http://www.singaporeair.com/

真ん中の仕切りを外せば隣の部屋と合体。ダブルサイズのベッドのできあがりです。ひえぇえ。これは疲労しらずですわ・・・

787-10

引用元:http://www.singaporeair.com/

シンガポール航空はエアバス社の最新型である787-10のローンチカスタマーでもあります。そして初就航させた路線がシンガポール-関空路線というのも驚きです。それだけ日本路線に注目しているということに他なりません。

今では成田、関空路線にも導入されており、次は福岡も控えています。シンガポール航空の人気が伺えますね。

いやーmosariも乗ってみたいんですけど、シンガポール航空はスターアライアンス加盟の航空会社なんですよね〜。JAL派のmosariには辛いところです。

JALと同じワンワールドでmosariが大好きな昨年の王者カタール航空は2位に落ちてしまいましたね。

ベストラインアワード2018

引用元:https://www.worldairlineawards.com/

とはいえカタール航空も負けていません。

カタール航空

引用元:https://www.qatarairways.com/

どうですか。最大で4人向かい合わせ席になる「Qsuite」です。シンガポール航空の「スイートクラス」はファーストクラスの上位として位置づけられていましたが、「Qsuite」はビジネスクラスの上位シート扱いです。このことからもわかるようにカタール航空はビジネスクラスに力を入れているんですね。

ファーストもビジネスも縁が無い人が大半ですが、ここに投資できるのはやはり経営環境が優れている証ですし、機材で快適な環境を提供しようと努力している姿勢の現れでしょう。

カタール航空と言えば超豪華な”アル・ムルジャン ビジネスラウンジ”も有名ですね。

ハマド空港

2階建てのラウンジは噴水の上に建てられた螺旋階段を上っていくという粋な造りです。

豪華過ぎて引くレベルです 笑

欧州旅行2日目 ドーハ乗継とアル・ムルジャン ビジネスラウンジ

2016.08.16

我が日本では全日空が昨年に引き続き3位を受賞しています。

ベストラインアワード2018

引用元:https://www.worldairlineawards.com/

他社はCEOと思わしき方とキャビンクルーを中心に8名前後が多いのですが、全日空だけ何故か2列使っての集合写真です(;´∀`)

日本航空は昨年の16位から13位にランクアップです。

頑張れ鶴丸!

乗ったこと無いのでなんとも言えませんがベスト20に中国の会社が2つ含まれています。

  • 海南航空(8位)
  • 中国南方航空(14位)

※エバー航空は台湾でしたので2つに修正しました

中国の航空会社のサービスはヤバいという噂しか聞きませんが、実際はどうなんでしょうね。少しだけ興味が湧いてきました。

ベストラインアワード2018

引用元:https://www.worldairlineawards.com/

こちらは8位の海南航空の写真ですが、制服が和柄っぽくて素敵です。乗るならここかな。(たぶん乗んないけど 笑)

アライアンス別で見てみると、

ワンワールド:4社
スターアライアンス:9社
スカイチーム:3社
無所属:4社

JALと同じワンワールド加盟航空会社は

2位:カタール航空
6位:キャセイパシフィック航空
11位:カンタス航空
13位:日本航空

となっています。頑張れワンワールド!

しかしまぁスターアライアンスが圧倒的ですね(;´∀`)

1位:シンガポール航空
3位:全日本空輸
5位:エバー航空
7位:ルフトハンザ・ドイツ航空
10位:タイ国際航空
12位:スイス・インターナショナル・エアラインズ
16位:オーストリア航空
17位:ニュージーランド航空
18位:ターキッシュ・エアラインズ

こうやって見るとSFC組の方は多くの素晴らしい航空会社に乗るチャンスがあると思うとよいですね。

スカイトラックス社からは部門別の順位も発表されているのでそちらのランキングも簡単に見てみましょう。

 

World’s Best Cabin Staff TOP10

ここからは各部門のTOP10をご紹介します。まずは客室乗務員部門です。

  1. ガルーダ・インドネシア航空:インドネシア
  2. シンガポール航空:シンガポール
  3. 全日本空輸:日本
  4. タイ国際航空:タイ
  5. エバー航空:台湾
  6. アシアナ航空:韓国
  7. 日本航空:日本
  8. キャセイパシフィック航空:香港
  9. 海南航空:中国
  10. カタール航空:カタール

快適な空旅は機材はもちろんのこと客室乗務員による丁寧なサービスが欠かせません。

1位は昨年に引き続きガルーダ・インドネシア航空です。

ベストラインアワード2018

引用元:https://www.worldairlineawards.com/

5年連続1位ですからね。よっぽど快適なサービスなんでしょうね。

mosariはガルーダ・インドネシア航空には乗ったこと無いのですが、恐らくですが東南アジア特有の気兼ねない笑顔あふれるサービスを提供しているのではないでしょうか?マレーシア航空に乗ったときもいい意味でフランクというか気持ちの良い対応が印象的でした。笑顔でどんどんビール飲ませようとしてくるし 笑

スカイトラックス社のレポートにはこんな写真も掲載されていました。

ベストラインアワード2018

引用元:https://www.worldairlineawards.com/

ガルーダ・インドネシア航空のキャビンクルー達によるセルフィーです(∩´∀`)∩

皆さん楽しそうですね。きっとクルー同士も仲が良いのでしょう。これは一度乗ってみたい。

 

World’s Best First Class

続いては憧れのファーストクラス部門です。

  1. シンガポール航空:シンガポール
  2. エティハド航空:アラブ首長国連邦
  3. エールフランス:フランス
  4. ルフトハンザ・ドイツ航空:ドイツ
  5. エミレーツ航空:アラブ首長国連邦
  6. 全日本空輸:日本
  7. カタール航空:カタール
  8. キャセイパシフィック航空:香港
  9. カンタス航空:オーストラリア
  10. タイ国際航空:タイ

 

ファーストクラスは昨年2位のシンガポール航空が1位を奪取しました。

先程ご紹介したスイートクラスのおかげですね。

スイートクラス

引用元:http://www.singaporeair.com/

こんなの反則ですやん 笑

エティハド航空も「ザ・レジデンス」と呼ばれるスイートタイプの客室を用意しています。詳しくはこちらの動画をチェケラ。

これはこれで凄まじいですね、ほんと。

もともと評価の高かったシンガポール航空がスイートタイプを用意してくると、いかにオイルマネーによる豪華さが自慢の中東系とはいえ倒すのは容易ではないということですね。

エティハド航空は支援していたアリタリア航空、エアベルリンが立て続けに経営破綻するなどお財布事情も苦しそうですね・・・頑張れ中東系!

3位にエールフランスが突然ランクインしていたのでチェックしてみたのですが特にぶっ飛んだサービスではなさそうです。

一応動画を見つけたので貼っておきます。

 

World’s Best Business Class

ここ最近のビジネスクラスは一昔前のファーストクラスと呼ばれるくらい充実していますよね。セール運賃やマイルを使うとビジネスクラスも選択肢に入ってくることがあるので一般人がエセレブするにはこのクラスの充実がポイントですね。そんなビジネスクラスのTOP10を見てみましょう。

  1. カタール航空:カタール
  2. シンガポール航空:シンガポール
  3. 全日本空輸:日本
  4. エミレーツ航空:アラブ首長国連邦
  5. エティハド航空:アラブ首長国連邦
  6. カンタス航空:オーストラリア
  7. キャセイパシフィック航空:香港
  8. ルフトハンザ・ドイツ航空
  9. ターキッシュ・エアラインズ:トルコ
  10. エバー航空:台湾

カタール航空が昨年に引き続き1位をキープしましたね。

4人が対面で座れるQsuiteなどビジネスクラスに力を入れているだけありますね。

いやー素晴らしい。

Qsuiteはプライバシー性を高めた作りになっていますが、B777の開放感も素晴らしいですよ。

B777

とにかく前の座席との距離が離れており、窮屈さとは無縁です。mosari嫁が一番気に入っているシートです。

ベスト5中3社が中東系ですね。流石。ここに食い込むシンガポール航空と全日空は素晴らしいですね。

 

World’s Best Premium Economy Class

最近は一般レベルにも「エコノミーよりも広いちょっとだけ贅沢なシート」として認知されているプレミアムエコノミー部門です。

  1. ニュージーランド航空:ニュージーランド
  2. カンタス航空:オーストラリア
  3. シンガポール航空:シンガポール
  4. ルフトハンザ・ドイツ航空:ドイツ
  5. エールフランス:フランス
  6. アエロフロート:ロシア
  7. エバー航空:台湾
  8. 日本航空:日本
  9. ヴァージン・オーストラリア:オーストラリア
  10. チャイナエアライン

昨年1位のカンタス航空を抜いてニュージーランド航空が1位です。

中東系がいなくなり、オセアニアの3社が目立ちます。

ニュージーランド航空、カンタス航空、ヴァージン・オーストラリアですね。オセアニアはプレミアムエコノミークラスの需要が多いのでしょうね。

カンタス航空もそうでしたがプレミアムエコノミーでも食事が専用のものが用意されているのが特徴でしょうか。日本はプレエコはシートだけ広くなって食事はエコノミーと同じですからね。(シャンパンが追加されたり、カップラーメンが追加されたりと多少の変化はありますが)

プレミアムエコノミー

引用元:https://www.airnewzealand.jp/

プレミアムエコノミー

引用元:https://www.airnewzealand.jp/

アメニティがちゃんと専用ポーチに入っているのもポイント高しですね。JALはびっくりするぐらい貧相ですからね。

そんなことよりも6位のアエロフロートが気になります。はい。

ベストラインアワード2018

引用元:https://www.worldairlineawards.com/

スカイチームに所属するロシアの航空会社ですね。大切なことなのでもう一度。ロシアの航空会社です。

そりゃあもうキャビンクルーのお姉さま達が素敵なんですよ。

mosariは今年のGWにS7航空というロシアの航空会社を使ってハバロフスクとウラジオストクへ旅行していますが、もうそれ以来ロシアが気になってしょうがないのです。ツンとしていて一見怖そうなのですが、とても笑顔が素敵で優しいんですよロシア人。

おそロシア→おもロシア 極東ロシアのすすめ【最も近いヨーロッパ】

2018.05.06

スカイトラックス社のギャラリーにはこんな写真もありました。

ベストラインアワード2018

引用元:https://www.worldairlineawards.com/

そりゃ一緒に写真も撮りたくなりますわ!ちなみに真ん中の男性はガルーダ・インドネシア航空の方らしいです。うらやましいぜ。

 

World’s Best Economy Class

最後に最も需要が高いエコノミークラスです。

  1. タイ国際航空:タイ
  2. シンガポール航空:シンガポール
  3. カタール航空:カタール
  4. エミレーツ航空:アラブ首長国連邦
  5. 全日本空輸:日本
  6. キャセイパシフィック航空:香港
  7. ガルーダ・インドネシア航空:インドネシア
  8. エバー航空:台湾
  9. ルフトハンザ・ドイツ航空:ドイツ
  10. 日本航空:日本

昨年に引き続きタイ航空が1位をキープしています。


やっぱりタイSmileのおかげでしょう。はい。

エコノミークラスはアジアと中東が上位を占めています。欧米だとエコノミーは荷物みたいな扱いと言われてますからね・・・

というかこれまでアメリカの会社が1回も出てきてませんね・・・

昨年はアシアナ航空(韓国)がランクインしていましたが今年はランクアウトです。悪い意味で話題になるととたんにランクから外れるので信用できる評価基準とも言えますね。

 

World’s 5-Star Airlines

スカイトラックス社は他にも航空会社を独自基準により格付けを行っています。

客室乗務員のサービスや、空港での搭乗手続き手際のよさ、ラウンジのレベル、機内食の量や質、機内のエンターテインメントの充実度などを基に5段階で格付けを行っています。

最高位である5-Star(5つ星)を与えられているのは現在11社ありましたが、ついに我らが日本航空(JAL)が5つ星を与えられたんです!やったああ!

5つ星の航空会社

  • 全日空:日本
  • アシアナ航空:韓国
  • キャセイパシフィック航空:香港
  • エティハド航空:アラブ首長国連邦
  • エバー航空:台湾
  • ガルーダ・インドネシア航空
  • 海南航空
  • 日本航空:日本
  • ルフトハンザドイツ航空:ドイツ
  • カタール航空:カタール
  • シンガポール航空:シンガポール

堂々たる顔ぶれですね!

これまで日本の航空会社としてはANAが日本のサービスレベルの高さを世界に誇示してくれていたわけですが、JALが加わったことで世界で唯一5つ星を2社持つ国になりました。これはとても嬉しいし誇らしいことですね(∩´∀`)∩

今回の「ワールド・ベストエアライン」の紹介で気になっていた「ガルーダ・インドネシア航空」と「海南航空」も5つ星だったんですね。俄然乗ってみたくなりますね。

5つ星を認定されることで「乗ってみたい」と思わせることができるので各社5つ星を取ることに注力していると言うわけですね。

5−Star

引用元:http://www.jal.co.jp/feature/skytrax/index.html?m=i04

当然JALさんのホームページでも特設ページで5つ星獲得を案内しています。

5 STAR AIRLINE認定 – JAL

これによりますます日本航空に興味を持つ人が増えるので来年度以降のランキングが楽しみですね。

mosariはJALがとても好きですし、これからも成長し続けて欲しいと願っています。

でも他社の飛行機にもやっぱり乗ってみたくなるんですよね(;´∀`)

確かに日系は安心ですが、他国の会社もかなーり頑張っています。JALやANA一択の人は是非他社にも乗ってみてください。英語が喋れなくても飛行機の中でしたら片言や指差しだけでも意図を汲み取ってもらえますから。

 

飛行機をただの移動時間としない

どうせ移動するだけだから・・・と安い航空券に飛びつくのもいいですが、せっかくなので気になる航空会社を選んで乗ってみるのもいいと思いますよ。そうすることで移動時間も楽しめるようになりますから全体的な満足度も高まりますからね。

ご覧いただいたように世界には素敵な航空会社が沢山ありますので、行きたい国が決まったらどんな航空会社を使って行けるか調べてみると新たな楽しみ方が見つかるかもしれませんよー。

とは言え適当に選んでしまうとマイルが貯まらないのでもったいないですね。基本はJALかANAのどっちのマイルを貯めるか決めているほうを中心に同じアライアンスや独自提携してマイルが貯まる会社から選ぶのが賢いです。

例えば以下の航空会社のフライトでJALのマイルを貯めることができます。

赤字は同じワンワールド加盟ですがそれ以外でも独自提携した7社に乗ってもマイルを貯めることができちゃうんです。

  • アメリカン航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • キャセイパシフィック航空
  • フィンエアー
  • イベリア航空
  • ラタム航空
  • マレーシア航空
  • カンタス航空
  • カタール航空
  • ロイヤル・ヨルダン航空
  • S7航空
  • スリランカ航空
  • エールフランス航空
  • アラスカ航空
  • エミレーツ
  • 大韓航空
  • 中国東方航空
  • バンコクエアウェイズ
  • ジェットスター

基本的にこのような航空会社を選びつつ、貯まったマイルで好きな航空会社に乗るってのがよいですね。

必要マイル数が増加する改悪を控えていますが、まだまだ他社と比べるとお得ですからね。使わない手は無いです。

【ついに改悪】JMB提携航空会社特典航空券の必要マイルが大量増加

2018.06.10

我が家はスターアライアンスの航空会社にも乗れるようにと、自由に40社の中から選んでマイル移行ができるSPGアメックスでスターポイントを貯めています。(2018年8月にポイントの名称が変わります)

今貯めているマイルはシンガポール航空に移行してみようかなーと画策しています。スターポイントは購入することもできるのであっという間に貯まるのでおすすめ。

この記事の最後の方にSPGアメックスがおすすめなポイントを簡単にまとめています。

JGC会員のJALカードは何がおすすめなのか考えてみる

2018.07.16

皆さんも空旅楽しんでくださいね!

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2017年メインカード

5 件のコメント

    • Jus様

      はじめましてこんばんは〜。
      ご指摘ありがとうございます。
      先月JALとANAが台湾の表記を中国台湾に変更したというニュースを見て航空業界的にはそういうことなのかな?と思って中国としてしまっておりました。
      今は中国語サイト以外は台湾に戻ってるのですね。

      本記事も台湾に変更しておきますね。

  • ○○と●●の最上級ステータスは一部サービスの相互利用が可能って知ってました??
    今年あたりからJALさんの底力が発揮されることと戦々恐々、いや期待しています。

    • ご挨拶も書かずに途中で送信してしまいました。。。こんばんは。
      ↓個人的にやってほしいと思うランキング↓
      客層:就航地によりますがJALさんが「おかげさまで」と言うのに納得。
      嫌な意味での差別感:某国の航空会社が大量ランクインしたりしてw
      適度な距離感:サービスの押し売り、過ぎたるは及ばざるがごとし。
      美人度:ロシア ウクライナ アゼル、JAL顔、ANA顔、東亜さんの顔etc
      男性CAの洗練度:女に甘えて男が仕事しない国ってありますからね。

      • まつ様

        こんばんはー。
        最上級ステータスの一部サービスの相互利用・・・なんでしょう、匕、ヒントを(;・∀・)
        といっても私が最上級ステータスなど夢のまた夢ですが・・・・

        なかなかユニークな結果が出そうなランキングですね。
        このご時世すごく叩かれるでしょうけど美人度は興味ありますね。セクシーさならベトジェットが1位でしょうか。
        アライアンス別の評価も見てみたいですね。特典航空券のとりやすさやアライアンス内の共通サービス、乗り継ぎやすさ等々

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください