世界一RIMOWAが安く買えるミュンヘンのヘッツェネッカーの価格

Hetzenecker

皆様こんにちは。

先月の欧州旅行ではミュンヘンに立ち寄ったので、世界一RIMOWAが安く買えると評判のHetzenecke(ヘッツェネッカー)というお店に行ってきました。

RIMOWAと言えば泣く子も黙る高級スーツケースの代名詞ですね。

本ブログを読んでいるような旅慣れた方たちであれば既に持っているって方も多いと思います。空港に行ったら間違いなく一番多く見るのがRIMOWAです。

そんなRIMOWAはドイツ生まれなので現地で買うと安いのですが、中でもミュンヘンにあるヘッツェネッカーというお店は独自の割引制度で販売しており激安なんです(;´∀`)

今回はヘッツェネッカーの店舗情報や、販売価格を見てみたいと思います。

おい、mosariはグローブトロッター使いだろう!って思ったそこのあなた。えぇ。mosariはグローブトロッター使いですとも。でも浮気じゃないよ!せっかくだからちょっと覗いて見るだけですよ!

 

Hetzenecke(ヘッツェネッカー)

ヘッツェネッカーはミュンヘン市内に4店舗構えるスーツケース屋さんです。

お店は小規模ながらRIMOWAだけでなく様々なスーツケースを取り扱っている地元では有名な激安ショップです。安いからといって怪しい物を流しているわけではないのでご安心を。地元民も多く使っているショップです。ただし、地元民に人気なのはサムソナイトのようですw

ご自身の端末で検索する場合は「Lederwaren Hetzenecker」と打ってもらえればよろしいかと。

市内に4店舗ありますが一番わかり易いのは一番左側にある店舗です。

ミュンヘンの中央駅から歩いて5分ほどの距離にありますし、ミュンヘン観光で訪れるであろう「Karlsplatz(カールス門)」のすぐ脇にあります。

Hetzenecker

カールス門

中央駅側のカールス門の正面に立って左を向けば・・・

Hetzenecker

大きな「KOFFER(ドイツ語でスーツケース)」と書かれた看板の下に「Hetzenecker」の文字が見えますね。超わかりやすいです。

RIMOWAコーナーは2階の奥にあります。mosariが訪れた時はめちゃめちゃ混んでてとてもじっくり見れるような状況じゃありませんでした。とにかく超大勢のアジア人がRIMOWAを求めて群がっていました。(訪れたのは8月中旬)

なので早々に諦めて違うお店に行きました。

2店舗目もこのまま門をくぐって真っ直ぐ5分ほど歩いたところにあります。

こちらは1店舗目と違って客は日本人家族1組だけでした。たった5分でこれほど変わるとは・・・

ずらっと並んだRIMOWAですが、問題は日本と比べてどれだけ安いかですね。

 

Hetzeneckerの価格

さて、それでは気になるお値段を見てみましょう。

RIMOWA

例えばこちらの「トパーズ ステルス(78L) 電子タグモデル」で見てみます。

日本では2018年7月にRIMOWA正規代理店だった林吾さんのライセンス契約が終了してしまったので、日本の正式な価格というのが不明になってしまったのですが、RIMOWAで一番最初にヒットする正規代理店から買い付けているというリモワスーツケース専門通販サイトさんの価格だと税込みで「164,160円」です。たっけぇw

ドイツのRIMOWAのサイトを見ても、電子タグモデルがなくなっていたり、トパーズ、ステルス、チタニウムというカラー違いの値段もなくなっていたりと今後大きく変わっていくものと思われますので、日本の価格は参考価格としてくださいね。

 

Hetzeneckerさんのお店で商品のタグには・・・

Hetzenecker

売価1,019€から値引きされて914€になっています。(10%引きですね)

そしてここからなんと現金払いでさらに10%オフになるのがHetzeneckerさんの素敵なところ。

つまり822.2€になるということですね。(クレジットカードの場合は5%オフ)

しかも!ここから免税手続きをすることでおよそ11%ほど帰ってきます。(つまり90€ほど戻ってくる)

これを考慮すると最終的には732.2€ほどになるということですね。

2018年8月当時で1€=130円でしたので95,186円で買えることになります。

日本で買うのと比べてなんと42%引きです!

おー安いですね。

他にも・・・

 

RIMOWA

クラシックフライト(76L)モデルでは日本価格115,560円に対して、599€から値引きされて539€でした。ここに現金値引き(10%)と免税(11%)を引くと432€となり約56,126円となります。やっすw

半額ですね(;´∀`)

 

ということで日本で購入するよりも40%〜50%オフで買えちゃうんですね。

値札に書いてある値引き前の金額(599€)はどうなんだろう?と気になったのでドイツのRIMOWAを扱っている通販サイトを探してみた所、金額が一致したので恐らくドイツの定価のようです。

Koffer.de

RIMOWA

ひとつ前の「トパーズ ステルス(78L) 電子タグモデル」も同様に値引き前の金額と同じ1,019€でした。やっぱり定価っぽいですね。

ということは日本人がHetzeneckerで購入する時はこんな感じで値引きされている模様

  1. ドイツの定価(この時点ですでに安い)
  2. 定価から10%引き(値札の下側)
  3. そこからさらに現金で10%引き(クレカの場合5%)
  4. 免税でさらに11%ほど戻ってくる

 

こんな感じで爆安なのですが、たまーにドイツの定価よりも安く設定されている値札もありました。

RIMOWA

こちらは「トパーズ(72L)電子タグモデル」です。定価は849€っぽいのですが、

Hetzenecker

最初から10%引きされて766€になっており、さらにそこから10%値引きされて689€になっています。

こんな感じで商品によって多少差があるようですが、概ねドイツの定価から10%引きと見ておくといいのかなと。

 

といことで超参考価格として「Koffer.de」さんに乗っている定価に以下の割引を考慮した最終金額を各モデル記載してみます。

  1. Hetzeneckerの10%値引き
  2. 現金払いで10%値引き
  3. 免税で11%引き

実際にHetzeneckerさんの値札を見たわけではなく、あくまで計算上なので実際の価格はお店で確認してくださいね。

なお、RIMOWAには大きく分けて軽量なポリカーボネートモデルと、RIMOWAのアイデンティティであるアルミモデルがありますが、数が多いので本記事ではアルミモデルだけ抜粋したいと思います。RIMOWA買うならアルミモデルでしょう。個人的にポリカーボネートモデルだったらRIMOWAで買う必要は無いと思ってます。(電車で出会ったミュンヘン在住の弁護士の方もサムソナイトのポリプロモデル(カーブ)をHetzeneckerで買ったと言っていました。)

 

クラシックフライト

RIMOWA

アルミ製のボディに革の取手をあしらった角ばったモデルがクラシックフライトです。後述するトパーズよりも軽量で、内装も飛行機柄のファブリックとなっておりレトロさを感じるクラシックなスーツケースです。

↑の写真のように機内持ち込みサイズもあるのですが通販サイトには大きめの2種しか乗っていませんでした・・・

容量 ドイツ価格 1€=130円
76L 431.8€ 56,136円
97L 453.4€ 58,947円

サイトに記載が無かった小さいモデルは50,000円前後になりそうですね。

これならちょっと背伸びすれば買える人も多いんじゃないでしょうか。

 

トパーズ

RIMOWA

引用元:https://www.facebook.com/pg/Rimowa/

The!リモワってモデルですね。RIMOWAといえばこのトパーズを指すことが多いと思います。アルミ製のボディで四隅に丸みをもたせたモダンなデザインが特徴です。ステッカーチューンして個性を出すの方も多いです。圧倒的な人気のため空港で高確率で被るので仕方ないのでしょうけど・・・

容量 ドイツ価格 1€=130円
82L(電子タグ) 597.6€ 77,691円
85L(電子タグ) 612.0€ 79,565円
89L 561.6€ 73,005円
89L(電子タグ) 619.2€ 80,502円
100L 568.8€ 73,942円
100L(電子タグ) 626.5€ 81,440円

こちらは小さいサイズは70,000円前後になりそうですね。

 

トパーズ ステルス

RIMOWA

人気のトパーズのブラックモデルが「トパーズ ステルス」になります。マットな塗装がなんとも言えない雰囲気を醸し出します。

最初は落ち着いた黒が”大人”な感じでかっこいいのですが、あっという間に塗装が剥げて銀の下地が見えるので落ち着いた雰囲気からだんだんギラギラとした雰囲気に変わってくるので注意。20代後半〜30代前半くらいの男性におすすめ。

容量 ドイツ価格 1€=130円
26L 568.8€ 73,942円
32L 612.0€ 79,565円
64L 655.3€ 85,188円
64L(電子タグ) 713.0€ 92,686円
82L(電子タグ) 734.6€ 95,497円
85L 691.3€ 89,874円
89L 698.6€ 90,811円
89L(電子タグ) 756.2€ 98,309円
98L(電子タグ) 756.2€ 98,309円
100L 705.8€ 91,748円
100L(電子タグ) 763.4€ 99,246円

黒で塗装されているだけではありますが、同サイズのトパーズから1万8000円ほど高くなります。

 

トパーズ チタニウム

RIMOWA

トパーズに黒の塗装を施したのが「ステルス」ならば、金色に処理したものが「チタニウム」です。名前から勘違いしがちですが、チタン製では無くトパーズと同じアルミ素材になります。

また、金色と言ってもギラギラした嫌らしい金色ではなく、シャンパンゴールドのような上品な金色になります。30代以降の”大人”におすすめなモデルですね。

持っている人が少ないので被りにくいのもポイントです。

容量 ドイツ価格 1€=130円
26L 568.8€ 73,942円
32L 612.0€ 79,565円
34L 612.0€ 79,565円
45L 619.2€ 80,502円
64L 655.3€ 85,188円
64L(電子タグ) 713.0€ 92,686円
82L 677.0€ 88,000円
82L(電子タグ) 734.6€ 95,497円
85L 691.3€ 89,874円
85L(電子タグ) 749.0€ 97,371円
89L 698.6€ 90,811円
89L(電子タグ) 756.2€ 98,309円
100L 705.8€ 91,748円
100L(電子タグ) 763.4€ 99,246円

値段は「ステルス」と同じですね。確か日本だと「チタニウム」の方が高く設定されていたように記憶していますが、現地では値段は一緒だったんですね。

 

やっぱりHetzeneckerは安かった

日本で買うとアルミモデルは最低でも10万円オーバーでしたが、Hetzeneckerなら最上位モデルでも10万円以下ですね。

実はmosariも去年に機内持ち込みできるスーツケースを買おうと思ってRIMOWAを検討したんですけど、10万円以上払う気になれなくって別のスーツケースを買っています。(結局そっちのほうが高くつきましたがw)

グローブトロッターを購入!早速旅してきたのでレビューも

2017.08.12

相変わらず機内預け用のスーツケースは会社のレンタル備品を使っていましたが、毎回会社から持って帰ってくるのも面倒だなーと思っていたところ、10万円以下で買えるんだったらいいかなーと思ってお店にあった在庫品の中から気に入ったやつを買ってしまいました。

・・・・

 

・・・

 

・・

 

RIMOWA

どーーーん!

ちょっとわかりにくいですが「トパーズ チタニウム(85L)」です。

RIMOWA

大人な感じのゴールドがいいですね。このカラーなら嫁が使っても違和感ないですし。

値引き後の価格が860€で現金で払えばさらに10%引きでしたが、そこまで買う気も無かったので手持ちが無く、ATMを探すのも面倒だったのでクレジットカードで払ってしまいました。クレカ払いでも5%引きですし、クレジットカードで溜まったマイルはビジネスクラスで使うと思えば4%〜5%分還元されているのと同じですからね。

Hetzenecker

860€から5%引きされて43€が値引かれています。ありがたやー。

 

2018年夏以降名称の変更

わかりやすく馴染みのある名称で紹介していますが、ドイツの公式サイトでは名称が先月から変更になっています。

  • TOPAS(トパーズ) → ORIGINAL(オリジナル)
  • Topas Stealth(トパーズ ステルス) → ORIGINAL(オリジナルブラックカラー)
  • Topas Titanium(トパーズ チタニウム) → ORIGINAL(オリジナルゴールドカラー)
  • Classic Flight(クラシックフライト) → CLASSIC(クラシック)

詳しくはこちら

 

免税処理

購入時に「TaxFree(タックスフリー)Please」と言えばレシートタイプの免税書類をくれます。

Hetzenecker

91€も返ってくるそうです。91€÷817€=11%ですね。

結果726€で購入することができ、およそ94,380円ですね。うん、満足です。

この免税書類の下に名前や住所を記入する欄があるので、記入しつつ、これとは別もらえるレシートをセットにして提出することで免税手続きを行うことができます。このままドイツからEU圏を脱出する場合は空港で免税手続きを行います。この後別の国を経由する場合はそちらの空港で行ってくださいね。

mosariはこの後オーストリアを経由してイタリアのベネチアからEU圏を脱出します。なので、免税手続きはベネチアの空港で行いました。

免税書類に記入する項目

  • PASSPORT NO:パスポート番号
  • FULL NAME:名前
  • PERMANENT HOME ADDRESS:住所
  • POSTCODE:郵便番号
  • CITY:都道府県
  • COUNTRY:国
  • EMAIL ADDRESS:メールアドレス
  • MOBILE NO(with country code):電話番号(先頭の0を消して「+81」に置き換えて

上記を全てアルファベットと英数字で記入すればOKです。

 

なお、免税品は「未使用であること」が条件です。が、スーツケースを未使用って箱のまま運べってことですかね(;´∀`)

事前に調べてみたら未使用かどうかチェックされることのほうが稀な感じだったので、問答無用でお土産を詰めまくって使い倒してから免税手続きを行いました。もちろん何も言われずにハンコをいただくことができ、先日クレジットカードに入金されていました。うん、外国なんてこんなもんだよね!

原則は未使用がルールなので、使用する場合は自己責任ですよ!

 

さいごに

Hetzeneckerは爆安でRIMOWAが買える素敵なお店でした。

ミュンヘンに行く用事がある方は覗いてみてはいかがでしょうか。

ミュンヘンはあの有名なノイシュバンシュタイン城の最寄り空港でもあるので、観光ついでにRIMOWAがゲットできちゃいますよ。

ノイシュバンシュタイン城を裸で見れるクリスタルテルメがおすすめ

2018.09.23

もちろん正規代理店の販売ですから保証書がついてきて日本でも修理を受け付けてもらえるのでご安心を。

mosariのチタニウムは85Lなので当然機内預けですが、日本に返ってくるだけで凹みや傷がすんげーつきましたw

日本でも修理は受け付けてもらえますが、なるべくお世話にならないことを祈っています(;´∀`)

そんなわけでRIMOWAの激安店Hetzenecker(ヘッツェネッカー)の紹介でした。

なお、記事にもちらっと書きましたがmosariが行った時はアジア人がめちゃめちゃ多かったです。何が言いたいかというと、気に入った商品が売り切れている可能性が大いにあるということ。ある程度目星はつけておいた方が迷わなくていいですが、ある程度サイズや色なんかはゆるっと臨機応変に変えるのも大事です。4店舗あるので探せばあるかもしれませんが、どこまで貴重な時間を使うかは一緒に行く人がいるならよく考えてくださいね。

RIMOWAを使ってみての感想なんかはまた後日どこかで書こうと思います。

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2017年メインカード

6 件のコメント

  • こんにちは。ようこそリモワランドへ。
    …って買ったんかい(笑)(笑)(笑)
    トローリはまだ販売してました?
    このページはレビュー伸びると思いますよ、たぶん。

    • まつ様

      こんばんはー。
      リモワランドに行ってしまいました 笑
      帰国後にボコボコになったのを見てやっぱり預け荷物はぞんざいに扱われるんだなぁと実感しました。

      トローリーって背の低い縦開きのでしたっけ?トパーズのが売ってましたよー。

      • トローリは2輪のやつです。マルチホイールじゃない方。
        4輪だとゴロゴロがうるさい、壊れやすい(?)ってことで
        根強い愛好家がいますが生産終了していると思います。
        インラインスケート用のキャスターにカスタムしている
        出張族の方もよく見かけますよ。凹みや傷のつけ方↓
        https://www.youtube.com/watch?v=vz_Sxh4526w

        • まつ様

          こんばんはー!
          あっ、2輪タイプのことでしたか。2輪は見当たらなかったですね。
          4輪だと電車とかで転がって行って危ないですよね。私も2輪のが好きです。

          傷のつけ方動画見て笑っちゃいました(´∀`; )
          あんなことされたら100%凹みますね 笑

          • Ludwig Beckの隣にあるRimowa正規店(マリエン広場からレジデンツ側に歩いたところ)にはトローリありましたよ!目の前から最新の情報です(笑)
            ちなみにIsartorにグローブトロッターなる店があるの知ってました?

          • まつ様

            こんにちはー。
            おぉ、今ミュンヘンにおられるのですね!
            正規店にもトローリのような旧式?が置いてあるのですね。2輪タイプを探している方は急げ!ですね。
            お買い上げですか?笑

            まさかミュンヘンにグローブトロッターの正規店が!?とググって見たらアウトドアショップなんですね 汗
            屋内プールでカヌーに乗れるみたいですね。楽しそうなお店です(∩´∀`)∩

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください