キャセイ・パシフィック航空ビジネスクラス搭乗記【CX521成田−香港】

皆様こんにちは。

ディズニーシーにあるJALラウンジに潜入して気分ホクホクなmosariです。持っててよかったJMBステータス・・・!

潜入の様子はそのうち記事にするかもしれませんが、今日は先月の香港旅行で搭乗したキャセイ・パシフィック航空のビジネスクラスについて写真を幾つか。

格安で乗る方法があるので、キャセイ・パシフィック航空は最もマイラーの手に届きやすいビジネスクラスの1つではないでしょうか。興味のある方は是非ご覧くださいませ。

 

CX521便

  • 航空会社:キャセイ・パシフィック航空
  • 便名:CX521便
  • 航路:16時15分成田発−20時35分香港着
  • 機材:B777-300ER
  • 座席:ビジネスクラス

ビジネスクラスとは贅沢極まりないですが、もちろん特典航空券でございます。

ブリティッシュ・エアウェイズのマイルがお得すぎるのでご紹介

2017.02.20

↑で予約したやつですね。あまりにもお得すぎるので是非皆さんも狙ってみてください。20,000マイルちょっとですからかなり現実的かと。

 

成田へ

16時出発なので都内で仕事をしているmosariは午前中は会社で仕事してました。午後半休をもらって成田へ向かいます。

職場の友人達からはどうせなら1日休んじゃえばいいじゃん。とよく言われますが、ここ最近は2ヶ月1回のペースで旅行に行っているので、ギリギリまで仕事しているファイティングポーズを取ることが大事なんです。1日休みと半休じゃ印象が全然違いますからね。

いい意味でmosariは旅行好きだから仕方ないと気持ちよく送り出してくれる人もいれば、やっぱり「また休むのか!」って言う人もいますからね。ギリギリまでは頑張ります。

が、今回はタイミング悪く前日に大クレームが発生!本当にギリギリまで仕事しましたが、「えっ!?この状態でいっちゃうの?」的な目に晒されながら、コソコソと脱出して成田へ向かいます。

そもそもmosari起因のクレームではないので、十分火消しには貢献したんですけどね。それでも搭乗ギリギリまで電話とメールが大量に・・・全然気分が盛り上がらんw

 

チェックイン

成田へは京成線でまったりと向かいます。スカイライナーとか高くないですか?今からビジネスに乗ろうというのにセコいですね 笑

1時間半ほど電車に乗って「空港第2ビル駅」で降ります。出発ロビーで嫁と合流します。ギリギリまで職場に残っていた関係で予定よりも遅刻してしまいました。ごめんなさいごめんなさい。

成田のキャセイ・パシフィック航空のチェックインカウンターはターミナル2のC,Dカウンターになります。今回はブリティッシュ・エアウェイズのマイルで予約していますが、チェックインの手続きは実際に搭乗する航空会社のカウンターになるのでご注意くださいね。

成田 キャセイのチェックカウンター

ご覧の通りビジネスクラスのチェックインカウンターはガラガラです。相変わらず赤の制服が素敵です。個人的にはC26カウンターに座っている方が着ている白版の方が好きですが。機内でもたまに白い服の方がいらっしゃいますが、赤と白の差は何なんでしょうね。

キャセイチェックインカウンター

サクッと荷物を預けて搭乗券をいただきます。成田はファストセキュリティレーンがあるので、手荷物検査も並ばずに済ますことができます。

ファストレーン

↑の写真は以前撮った写真ですが、上記のように常にガラガラです。入り口では対象者かどうかチェックされます。

手荷物検査後は出国審査を終えて、ラウンジに直行・・・と思いきや嫁が免税店でお買い物。やっぱり市内で買うよりも安いみたいですね。

 

ラウンジへ

お買い物後はサクララウンジでいつものカレーを食べます。

と、その前に・・・

かんぱーい♪

これこれ、これが旅の始まりの合図です(∩´∀`)∩

カレーを食べようとダイニングエリアに向かうと、なんと牛丼があるではないですか!カレーと悩みましたがせっかくなので牛丼をチョイスしてみることに。

サクララウンジ

今回はキャセイに搭乗しますが、成田のキャセイラウンジはしょぼい食事が少ないので、JGC(JALグローバルクラブ)特権でサクララウンジに入れていただきました。

食後に少し休んで歯を磨いたら搭乗開始時刻が迫っていました。

 

搭乗ゲートへ

今回の搭乗ゲートは73番でしたので本館側です。到着してみると既に長蛇の列が。

搭乗ゲート

優先搭乗の列もそれなりに並んでましたが、やはり圧倒的にスムーズですね。大して待たずにボーディングブリッジへ。

ボーディングブリッジ

このあたりになると一気にテンションがあがってきます。あぁ、旅の前のワクワクっていいですよね。非日常空間の始まりです。

運命の分かれ道では僭越ながら「Business」へ!またの名を「商務客位」です!ボーディングブリッジ

ありがとうブリティッシュ・エアウェイズさん。(のマイル)

ボーディングブリッジ

こちらへ進むのはスーツを着た、まさにビジネスマンという方が続きます。そんな中に浮かれ気味な夫婦が混じります。周りからはどう見えてるんでしょうね。

さぁ。いよいよ機内ですよ。今回の機材はB777−300ERという長距離向けの機材です。以前香港行きに搭乗した際はB777−200という中距離向け機材でしたが、今回は長距離向け機材です。楽しみですねぇ。

 

機内へ

 

ビジネスクラス

はい、ヘリンボーン式の1−2−1ですよ!これがたまらんのです。mosariは圧倒的にヘリンボーンタイプが好きです。囲まれている感じがかっこいいですし、プライバシー感も高いです。もちろんフルフラットですし、全席通路へアクセス可能です。

一人旅でしたら気兼ね無く窓際を選べますし、2人旅でしたら真ん中席を選べばお喋り可能です。よくできてるなぁと思います。

今回の機材はファーストクラスも設定されています。

ファーストクラス

こちらは1−1−1と更に贅沢仕様です。ゆとりある座席は流石の一言。

といってもエコノミーとビジネスとの差からしてみたらビジネスとファーストの差は微々たるもんです。と、強がってみます。

でも本当に最近のビジネスクラスのシートってよく出来てると思います。一昔前のファーストクラス並みって言われてますよね。

ビジネスクラス

今回は嫁に頼み込んで窓側に縦に並ばせていただきました。

それでは少しシートのご紹介を。

足元は広々です。180cmオーバーのmosariが足を伸ばしてみても余裕があります。↓の写真左上にあるモニターは斜めに埋まっていますが、正面に引き出すことができます。

ビジネスクラス

窓側はこんな感じです。

ビジネスクラス

ちょっとした荷物なら余裕で置けるスペースが確保されています。窓も2枠見えるので開放感もありますね。

鞄が置いてある三角形の台の下にも収納スペースがあります。

ビジネスクラス

更にヘッドフォンが収納されたボックスにも小物を入れるスペースがあります。

ビジネスクラス

ここは蓋が閉められるので小物はここに入れておくと無くさないかと。ただし忘れないようにご注意を。

更に足元にはシューズボックスも完備されています。なんだこの収納力w

ビジネスクラス

ビジネスクラスと言うくらいですから本来革靴を入れることを想定しているのでしょうかね。もちろん普通のスニーカーなら入っちゃいます。足首まであるような大型のは難しいでしょうけど。

意外と靴の置き場って困るのであると助かりますよね。

テーブルは横にスライドして出すタイプです。

ビジネスクラス

折りたたまれた状態で収納されているので、広げることで大きなテーブルになります。

ビジネスクラス

通路側には肘掛けがあります。

ビジネスクラス

普段はアクセスしやすいように収納されていますが。銀色のボタンを押すと・・・

ビジネスクラス

ドーン!上に引き出すことができます。

リモコン、ライト、シート調整、電源周りです。一箇所に集中されていて使いやすいデザインです。このBOXの左側がOPENできるようになっており、ヘッドフォンが収納されています。

ビジネスクラス

写真を撮っている最中にウェルカムドリンクのサーブがありました。

ウェルカムドリンク

かんぱーい。

優先搭乗するとドアCloseまで時間がかかるのでウェルカムドリンクがあると嬉しいですよね。JALさんだと無いんですよねこれ。

無事離陸後、暫くするとドリンクサービスが。

ビジネスクラス

シャンパンのおかわりとペリエをいただきます。ペリエ美味しいよペリエ。

ビジネスクラス

もちろんナッツは小皿に盛られています。ナッツリターン問題は起きなさそうです。実際に起きたのは大韓航空ですが。

窓の外に目を向けてみると・・・

ビジネスクラス

素晴らしい雲海が広がっていました。太陽も元気ですね。

ビジネスクラス

空の絶景に改めて乾杯!これがやりたくて窓際席にさせていただきました(∩´∀`)∩

 

機内食

空の上の楽しみと言えば機内食がありますよね。

ビジネスクラス

メニューは思いっきり英語です。

うん、読めない 笑

ここでグーグルリアルタイム翻訳に登場してもらいましょう。

ビジネスクラス

うーん、わかるようなわからないような 笑

ライオンヘッドが気になりますが、よくわからないものを頼むと痛い目に合うのは昨年のカタール航空で勉強済みです。おとなしくビーフを頼みました。

カタール航空ビジネスクラスに搭乗した際の記事はこちら。

欧州旅行1日目 カタール航空ビジネスクラス搭乗記、成田‐ドーハ

2016.08.15

 

まずは前菜です。

ビジネスクラス

鴨肉のローストとパン、サラダ(バルサミコ酢)、豆乳蕎麦です。うん、美味しいですね。特に鴨肉は臭みも無くよく出来ていると思いました。

続いてメインのお肉です。

ビジネスクラス

熱々のお肉です。多少硬い感じもしましたがそこは空の上。しっかりと火を通さないといけないでしょうから、ある程度は仕方ないですね。ペロっと食します。

デザートはフルーツをチョイス。やたらチーズも勧められましたが、ラウンジでも食べてきておりお腹いっぱいなのでお断りしました。

ビジネスクラス

日本じゃ食べないけれど、海外で食べるフルーツNo.1ってドラゴンフルーツだと思います。至る所で出てきますよね。

食後はコーヒーをいただきます。一緒にハーゲンダッツも勧められましたがやはりお腹いっぱいなのでお断りしました。

ビジネスクラス

ふぅ、美味しゅうございました。やっぱりキャセイの機内食はレベル高いですね。

食後は歯を磨いて少し横になることにしました。フルフラットにして少しだけ仮眠をとります。あぁ贅沢すぎる。。。フルフラットにした写真はうっかり撮り忘れました。

 

香港着

目が覚めると香港は目前でした。

ビジネスクラス

程なくして定刻通りに無事に着陸しました。

ビジネスクラス

 

うーん、ウェルカムドリンクをいただいて、機内食を食べて、少し寝たら香港着です。楽すぎる・・・

あっという間の5時間ですホント。

到着後はバスと電車でヒルトン・ガーデン・イン・香港へ向かいます。mosariが宿泊したホテルはこちら。

ヒルトン・ガーデン・イン香港モンコックが安くておすすめ

2017.04.01

キャセイ・パシフィック航空のビジネスクラスは1年半ぶりでしたがやはり素晴らしいですね。シートは快適ですし、食事も美味しいですし、CAさんも気を使ってくれますし、乗ってて気持ちが良いです。

これが往復2万マイルちょっとですからね。誰でも手が届くビジネスクラスです。詳しくは下の記事を。マジでおすすめですよ。

ブリティッシュ・エアウェイズのマイルがお得すぎるのでご紹介

2017.02.20

ビジネスクラスに乗れるなんて人はほんの一握りのセレブだけかと思っていましたが、皆こうして賢く乗っていたんですね。

これなら毎年ビジネスクラスで香港にいけちゃいますね。5時間程度なのでエコノミーでも問題無いっちゃ無いんですけどね。でも飛行機好きだからいいんです 笑

ビジネスクラス

引用元:https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP.html

こんな感じでリラックスしながらのフライトは最高ですよ。写真はキャセイさんのHPから頂戴しております。mosariじゃないですよ?

お得な制度を賢く使ってたまには贅沢してみてはいかがですか?

それでは!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2017年メインカード

2 件のコメント

  • mosari様、こんばんは〜

    私も香港へはキャセイですが、福岡からなのでいつもエコノミーです。
    途中台湾で一旦降ろされるので、台湾の免税店をブラブラしてから香港なのでお得?かもしれません。
    キャセイのビジネス、いいですね。
    機内食もボリュームありますね。
    この前、シンガポールの帰りに乗ったJALのビジネスの食事よりいいような気がしますが気のせいでしょうか。
    私もマイルでビジネスに乗れるよう精進したいと思います。

    あ、セゾンアメックスプラチナなら年会費が安いのでいいかなと思ったのですが、なんだか負けた気がしました。見栄っ張りですね。笑

    • KAZU様

      お早うございます。
      東京からでもたまに台湾を経由する便ありますが、一度降りて免税店エリアをまわれるんですね。ふむふむ。

      キャセイのビジネスいいですよぉ〜。ボリュームありますし、美味しいですよー。以前はキャセイもデザートはオリジナルだった気がしますが今回はハーゲンダッツでした。JALさんは今もデザートはオリジナルだったかと思うので、デザートはJALさんの勝ちですね。

      セゾンプラチナに踏み切れないですよね。わかります 笑
      見栄っ張りですけど、見栄っ張りでもいいのかな?って思ってます。それに見合うように精進すればいいんです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です