出国時にかかる新たな税金”出国税”が正式に決定!日本人も対象です

皆様こんにちは。

昨年の9月末に国が新たな税金として”出国税”を検討していると記事にしました。

政府が検討している新・出国税とは?日本人に影響はあるのか

2017.09.30

それから審議を重ねてついに2018年4月11日に賛成多数で可決されました。

単純に追加の税金なので旅費が高くなることを意味します。といってもmosariも割りと賛成派なんですけどね。海外旅行すればするほど日本の外国人に対するインフラの弱さを感じます。2020年のオリンピックに向けて早急な対応が必要ですから、ある程度は仕方ないかなと。10,000円徴収します。とかだったら流石に呆れますけどね(;´∀`)

 

正式名称

今回決定した税法はわかりやすく”出国税”と呼ばれていますが、実は日本の出国税は既に別の意味合いで2015年から存在しています。

それは海外に移住する際に「1億円を超える有価証券を保有する人が海外に移住する場合、株式などの含み益に課税を行う」というものです。お金持ちの人が海外に移住してしまうと税金が取れなくなってしまうので、逃しませんぜ。ってやつですね。

なので今回決定した出国税は正式名称を”国際観光旅客税(出国税)法”と言い、2019年1月7日から徴収が始まります。

 

課税対象

今回課税されるのは「日本を出国する日本人・外国人」です。

日本に戻ってくる場合は対象外ですし、国内の移動ももちろん対象外です。海に囲まれた日本だと飛行機と船舶で出国する際に課税されます。徴収方法はチケット購入時に同時に課税されるということですので、当日空港で払うという超絶不親切な方法にならずよかったです。

対象外となるケースはこちら。

  • 航空機又は船舶の乗員
  • 強制退去者
  • 公用機又は公用船(政府専用機等)により出国する者
  • 乗継旅客(入国後 24 時間以内に出国する者)
  • 外国間を航行中に天候その他の理由により本邦に緊急着陸等した者
  • 本邦から出国したが天候その他の理由により本邦に帰ってきた者
  • 2歳未満の者

24時間以内のトランジットは対象外ですね。トランジットでも24時間以上の場合は課税対象のようですね。

しかし気になるのが政府専用機による出国者が対象外ってどういうこっちゃ・・・

また、2019年1月7日から施行ですが、施行前に1月7日以降のチケットを購入した場合、たぶん課税はされずに済みそうです。

国際旅客運送事業に係る本邦からの出国のうち、この法律の施行の日(以下「施行日」という。)前に締結された運送契約(施行日前に当該出国の日を定めたものに限る。)によるものについては、国際観光旅客税を課さない等の所要の経過措置を講ずることとする。(附則第2条~第5条関係)

国際観光旅客税法案要綱

運送規約は購入時に結ばれるはずなので、施行前に契約(購入)しちゃえば対象外なんじゃないかと。

 

課税金額

これが一番気になりますよね。

徴収額はひとりあたり1,000円です。

他国の既に徴収されている出国税を見てみるとこんな感じ。

税金(現地通貨) 日本円換算
香港 120香港ドル 1,800円
メキシコ 29.85ドル 3,350円
オーストラリア 60豪ドル 5,100円

これらと比べるとだいぶ抑えてきたな、という印象。

まぁ今は税金ガンガン徴収するぜーって言うとすぐに反対派が出てきますからね。まずは1,000円でスタートして某税金達の用にじわじわ上げてくるんじゃないでしょうか。

んでひとり1,000円徴収するとどれくらいの財源になるのか?というと、観光庁出典の資料によると2016年に日本から出国した日本人・外国人の合計は4,116万人です。

出国者数

引用元:http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/in_out.html

1,000円ずつ徴収したら単純に416億円ですね!すげぇ。

海外に出国する日本人の数はほぼ横ばいですね。ピークは2012年1,849万人です。東日本大震災の後で海外旅行にシフトしたのかな?

一方で訪日外国人の数は2020年に4,000万人を目指しています。

同出典元からの資料によるとグラフにはありませんが2017年は2,870万人が外国人が訪日していたとのこと。ざっくり1年間で400万人くらい増えてくペースですね。となると2018年は3,200万、2019年は3,600万人、2020年で4,000万人達成!といった感じでしょうか。

徴収は2019年からですのでざっくり日本人を1,750万人とすると、

日本人 外国人 出国数 税収
2019 1,750 3,600 5,350 535億
2020 1,750 4,000 5,750 575億

2019年から徴収しても2020年のオリンピックに間に合うのかどうかはわかりませんが、オリンピック後にどれだけ獲得ペースが維持できるかも大切ですからね。しっかりとインフラ整備に当てて欲しいですね。とはいえ少し後手に回った印象が強いですね・・・

噂によると森友問題で後回しにされたとか・・・阿呆か・・・

 

使い道

財務省様の発表はこちら

観光先進国の実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための財源を確保する観点から、国際観光旅客等の出国1回につき1,000円の負担を求める国際観光旅客税を創設する。

観光基盤ってなんじゃらって話ですが、簡単に言うと、

  1. ストレスフリーで快適な旅行環境の整備
  2. 日本の多様な情報の入手の容易化
  3. 地域の文化・自然を活用した観光資源の整備

あたりを指しているそうです。

1番は公共交通インフラの整備(多言語対応や、トイレの洋式化等含む)、無料Wifi環境、1dayパスなどの観光パスの新設あたりでしょうか。

2番はサイト・パンフレット等の多言語化の他、海外向けPR施策も含まれているかと。

3番は各観光地への補助金でしょう。これらも多言語化、トイレの洋式化、ゴミ箱の設置、クレジットカード対応化などなど

日本に来た外国人がまた来たいって思えるような国になって欲しいと切に願います。

見たことないですがきっと外国の日本向けガイドブックには「日本は英語が通用しないし、英語表記も少ない。公共交通機関なんて複雑でまるで迷路。調べようと思っても無料Wifiも殆ど無い。支払いだってクレジットカードが使えないところが多い。あなたは先進国に行ったはずなのにまるで冒険しているような感覚になるだろう」なんて書かれているに違いない。

余談ですが、東京オリンピックで海外のゲストが注目することのひとつにタクシーが有ると思います。都内に在住・通勤されている方はよく目にしていると思いますが、東京オリンピック向けにタクシーが大きく変わっています。

元々日本のタクシーは自動ドアということもあり世界的に有名(海外のタクシーは手動)ですが、今都内を走っているタクシーは見た目も綺麗ですし、室内も広々と乗りたいと思えるタクシー「JPN TAXI」に変わっています。(もちろん旧型も走ってます)

jpntaxi

引用元:https://www.km-taxi.tokyo/about/lineup.php

こちらがそのJPN TAXIです!かっこいいですね。カラーはジャパンブルー(深藍)で綺麗な藍色です。これまでタクシーと言えばセダンタイプが主流ですが、ミニバンに近いデザインになっており、室内が広いんですよね。特に天井の高さは背の高い人にとってはとても重要です。

しかもこのJPN TAXIは様々なタクシー会社が採用していますが、オリンピック終了までは各社このジャパンブルーのまま使うことが決まっています。NYのイエローキャブとまでは行かないと思いますが、日本のタクシーを強烈に印象付けることでしょう。

これはトヨタ、東京都、タクシー業界がタッグを組んで推進している事業です。流石トヨタですね、海外を見据えてらっしゃる。

実際に乗ってみてこれは海外のゲストも感動するだろうなぁと今から楽しみです。

海外のタクシーは車種によって値段が上がることがありますが、このJPN TAXIは値段変わらず初乗り410円です。

 

少し横道にそれてしまいましたが、徴収自体にはmosariは肯定的ですので、無駄遣いせずに海外の方が気持ちよく日本に滞在できるような使い方をしてくれればと思います。

それでは!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2017年メインカード

2 件のコメント

  • 五輪整備の名目があるので最初は高く出してくるのかなと
    思ったら1.000円ですか。だけどもう上げられないですね。
    2.000円くらいかと予想していたので良心的というべきか…
    出国税があるから出国しないっ!!という人はいませんけど。
    頻度の高い人用に年パス10.000円なんかあるといいですね。

    • まつ様

      こんばんはー。
      確かに出国回数が多い方は年パスあってもいいですね。
      諸税と一緒に請求となると意識する人はほとんどいないでしょうから数年後気がついたら2000円になってるかもしれませんね(^_^;)
      影響が大きいのはLCCですかね。せっかくセールで買ってもなんか高く感じそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.