SPGとマリオットのプログラムが統合!SPGアメックスの影響は?

sgp_marriott_main

皆様こんにちは。

GWまであと1週間ですね。

皆さんも楽しみにしてるって方も多いと思います。我が家も初のGW海外旅行です。成田空港でインタビューされたらどうしよう。

さて、そんな中以前から噂されていたSPGとマリオットのプログラム統合が発表されました。

アメックス、SPG、マリオットそれぞれから連絡があり混乱している方も多いみたいですので、整理してみたいと思います。この1週間で改善なの!?改悪なの!?ってコメントや問い合わせをけっこういただきました。確かに非常にわかりにくい!

そして皆大好きSPGアメックスがどうなってしまうのか見てみましょう。

 

プログラム統合タイミング

2018年4月17(火)に新プログラムが発表されました。統合は4ヶ月後の2018年8月1日(水)からとなります。

sgp_marriott_new

2019年初旬に新プログラム名の発表とありますが、このタイミングでホテルカテゴリーが追加されるなど多少変更も入るようです。

2018年8月に今まで別々に運用されていた「SPG」、「マリオット」、「リッツカールトン」のアカウントがひとつに統合されます。これにより別々でログインすることもなく、ポイントや宿泊実績が一元管理されますので利用者にとってわかりやすくなります。

ただし、今まで別々のプログラムとして運用されていたものがひとつになる為、各種バラバラだったエリート会員達成基準や、特典なども統一されることになります。どうしても改善の点もあれば改悪と見える部分も出てきてしまします。

ただ、そこまでびっくりするような内容ではなく、上手くすり合わせてきたなぁというのが正直な感想です。SPGがマリオット傘下に入ったのが2016年ですから2年間しっかり検討してきたようですね。

 

新しいステータス

新しいプログラム名称は2019年初旬発表ですので、それまでは”新プログラム”と仮で呼ぶことにします。

新プログラムでは宿泊実績に応じた5つのステータスになります。

新プログラム 現SPG 現マリオット
シルバー(10〜24泊) 10〜24泊 シルバー(10〜24泊)
ゴールド(25〜49泊) ゴールド シルバー(25泊〜49泊)
プラチナ(50〜74泊) プラチナ ゴールド
プラチナプレミア(75泊〜99泊) プラチナ(75泊〜) プラチナ
プラチナプレミアアンバサダー(100泊+2万ドル) プラチナ(100泊) プラチナ(100泊+2万ドル)

 

SPGで存在していた”滞在”という概念が無くなり、純粋に宿泊した日数のみがカウントされます。

※2018年は現SPGの滞在でエリート資格を達成できている場合は反映されますので安心を。つまり25滞在でSPGプラチナが達成できた場合は新プログラムでもプラチナとなります。

リワードとSPGのエリートナイトクレジットを合算して、すべてのホテルに共通する1つのエリート会員資格の取得条件としてカウントします。条件を満たすご宿泊を完了するとエリートレベルを獲得できます。なお、2018年中は引き続き、2018年に発生したSPGホテルでのご滞在をエリート達成条件の対象とします。

なお、現SPGでは25泊(or10滞在)で”ゴールド”になれていましたが、現マリオットは25泊だと”シルバー”と達成基準がずれていました。なのでSPGゴールドがマリオットゴールドをステータスマッチで手に入れるとSPGゴールドでは朝食が付かないが、マリオットゴールドだと朝食が付くなどの矛盾が生じていました。

今回の統合を受けてハードルの高いマリオット側に統一されています。無料の朝食やラウンジなどの価値の高い特典は50泊以上必要なプラチナ以上のステータスを持たなければいけません。この部分を改悪と捉えるSPGユーザーも多いと思いますが、今までがおかしかった状態でしたので是正されたと見るのが正しいかと。

2018年8月1日のタイミングでそれぞれのアカウントをリンクしておけば自動的に新プログラムのステータスに移行されます。その時にカウントされる実績は2018年1月1日以降の「SPG」、「マリオット」、「リッツカールトン」全ての宿泊日数の合計となります。

SPG会員は前述のとおり2018年に関しては”SPGの滞在”でもエリート達成条件の対象となるため、統合後は”SPG滞在実績”または”3アカウントの合計宿泊数”のどちらか高いステータスが与えられます。

現在SPGアメックスを持っているユーザーは統合後はゴールドになる見込みです。ステータスマッチでマリオットゴールドを持っているからとプラチナにはならないので注意。

 

新プログラム特典

新プログラムでは5つのステータスになりました。それぞれが得られる特典を見てみましょう。

細かい内容を含めると多数になるため価値の高い部分に絞って見てみます。

全ての特典はこちら

優先度が高いのは「無料の朝食」と「ラウンジのアクセス権」、「客室のアップグレード」という方が多いのではないでしょうか。

ホテルの朝食をつけるとなるとひとり3000円程度かかりますし、ラウンジ付きのルームは最安値よりも5,000円〜10,000円ほど高くなりますしね。ホテルの快適度を大きく変える要素だけに無料になるのは非常にお得度が高いです。

お金を払えば手に入る特典ではありますが、最初から予約すると”使わないと勿体無い”という意識が芽生えてしまうのがネック。実際に現地で過ごしていると素敵なお店を見つけたから朝食はそこで取ろうってこと、有ると思います。そんな時に朝食付きプランにしてしまうとどうしても無駄にした感じがしてもったいないですよね。

無料で付帯しているからこそ柔軟に対応できるという精神的なメリットは大きいです。

最後にお部屋のアップグレードのメリットは言わずもがなですね。高階層になればそれだけ景色はよくなりますし、部屋自体が広くなればスーツケースを広げるのも楽になりますし、非日常感を味わえます。

ステータス/特典 朝食 ラウンジ アップグレード
シルバー
ゴールド
プラチナ
プラチナプレミア
プラチナプレミアアンバサダー

ということで今後「無料の朝食」、「ラウンジのアクセス権」が付くのはプラチナ以上が必要になります。

※朝食を選択するにはウェルカムギフトで「ポイント、朝食、アメニティ」から「2名分の朝食」を選ぶ必要があります。

プラチナの方はラウンジがあるホテルであればラウンジの朝食は付帯するので、ポイントやアメニティを選択することも可能ですが、ラウンジの朝食はレストランでの食事と比べて種類が圧倒的に少ないので、朝食を選ぶメリットはあります。

ただし以下のブランドでは朝食オプションは無し。

  • リッツカールトン
  • EDITION
  • マリオットバケーションクラブ
  • ゲイロードホテルズ
  • マリオットエグゼクティブアパートメント
  • デザインホテルズ

逆に8月から朝食オプションが追加されるブランドもあります。

  • コートヤード
  • ACホテル・バイ・マリオット
  • モクシーホテル
  • プロテアホテル&リゾート

ゴールドにもウェルカムギフトがありますがポイントしか選択できません。

また、部屋のアップグレードについてはゴールドはプリファードルーム(より良い部屋)へのアップグレード、プラチナ以上の場合はスイートを含むアップグレードとなっています。

プリファードルームとは、同ルームタイプの中で高階層、眺めの良い部屋、リニューアル済みといった部屋を指します。ルームタイプが変わるわけではないので過度な期待は禁物ですが、ハズレを引く可能性が減ると思うとけっこう重要だったりします。

ただこれまでもプリファードルームへのアップグレードと言いつつもSPGゴールドでルームタイプを超えたアップグレードを提供されることもありましたので、ホテル側の裁量次第ではルームタイプを超えたアップグレードも引き続きあり得ると思います。

プラチナ以上の方は安心してチェックインできますね。スイートになるとテンション超上がるんですよね・・・最安値と比べて倍以上の値段することもありますからね。

 

続いてあると嬉しいのが「レイトチェックアウト」、「ポイントボーナス」でしょうか。

ステータス/特典 レイトチェックアウト ポイントボーナス
シルバー 10%
ゴールド 14時まで 25%
プラチナ 16時まで 50%
プラチナプレミア 16時まで 75%
プラチナプレミアアンバサダー 16時まで 75%

 

レイトチェックアウトは空き状況に応じてゴールドは14時まで、プラチナ以上で16時までとなっています。以前はSPGでもゴールドは16時まででしたのでこの部分は残念です。

ポイントボーナスもゴールドだと25%になっていますね。SPGゴールドでは50%でしたのでこの点もマイナスですね。

こうしてみるとSPGゴールドについては残念な点が目立ちますね。(ただし、後述しますが獲得できるポイント自体は増えます)

ただし、事項で説明するポイントの使い道という点では変わらずの使い勝手を誇りますので、その点は安心しました。

 

ポイントについて

新プログラムではマリオットとして持っていたポイントと、SPG側で持っていたスターポイントも統合されます。

元々マリオットとSPGのポイントは3:1で相互に移行できていたのでそのまま反映した形になります。

例をあげると、30,000ポイント=10,000スターポイントですね。

逆に言うと10,000スターポイント持っていたユーザーは30,000ポイントとしてマリオット側で持っていたポイントに合算されます。

8月から、スターポイントはポイントへと名称が変わり、残高は自動的に3倍のポイントに変換されます。

 

獲得について

新プログラムでは宿泊時1ドルにつき10ポイントが加算されます。ただし、以下のホテルでは1ドルにつき5ポイント。

  • エレメント
  • レジデンス・イン
  • タウンプレース・スイート

1ドルにつき10ポイントは従来のマリオットを踏襲した形ですね。

現SPGは1ドルにつき2スターポイントでしたので、マリオットのポイント的に言うと1ドルにつき6ポイント分でした。なのでSPG会員側から見ると宿泊時に獲得できるポイントは増えたことになります。

上記に加えてステータス毎にポイントのボーナスがあります。

仮に300ドル使ったとして、わかりやすく1ドル=100円とします。(計算上は3万円の支払い)

ステータス/ポイント ポイントボーナス 獲得ポイント
無し 0% 3,000
シルバー 10% 3,300
ゴールド 25% 3,750
プラチナ 50% 4,500
プラチナプレミア 75% 5,250
プラチナプレミアアンバサダー 75% 5,250

プラチナ以上になるとインパクトがありますね。

以前のSPGゴールドだとポイントボーナス(50%)を踏まえても900スターポイント(つまり2700ポイント)だったので、ポイントボーナスが25%に減ったと言いつつも獲得できるポイントは増えていますね。

 

ポイント宿泊

新プログラムではカテゴリーは8つになります。さらに時期に応じてスタンダードに加えてピーク、オフピークというポイント幅が設定されます。

まず2018年8月の時点で7つのカテゴリーに再編されます。そして2019年にカテゴリー8が追加、更にピーク、オフピークが設定されます。

なお、現時点では各ホテルがどのカテゴリーに属するかは未定です。

カテゴリー スタンダード オフピーク(2019)  ピーク(2019)
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8(2019追加) 85,000 70,000 100,000

まずは上表の青字が2018年8月から適用されます。2019年の初旬からは残りの部分が追加予定です。

この表を見てピンと来た人もいると思いますが、2018年8月からは一時的に最大でも60,000ポイントとなります。現SPGのカテゴリー7は30,000スターポイント(新プログラムだと90,000ポイント相当)必要でしたので、10,000スターポイント(30,000ポイント)少なく宿泊できる期間が存在することになります。

かく言うmosariもちょうど8月にカテゴリー7のSPGホテルにポイント宿泊の予約を入れています。30,000スターポイントがなんと10,000スターポイント分少なくて宿泊できることになります。(∩´∀`)∩イヤアアアアアッホオオオゥ!

なお、mosari同様に既にポイントを使った宿泊を予約している方は1点だけ注意してください。公式を見てみると・・・

既存のご予約はすべて保証され、変更や必要手続きは一切ありません。 〜略〜 ポイントを使用して予約されたご滞在については、8月以降に滞在日程を変更されると、新しいフリーナイトアワードチャートのポイント数が適用されます。滞在日程を延長または移動されると、ご予約に必要なポイント数が再計算されることになります。

と、あります。

つまり、何もしないと予約時の内容が保証されて旧ポイント数で宿泊となり、日程を変更すると新プログラムでのポイント数での宿泊になるということです。

8月になったら日程を変更する必要がありますので忘れないようにしてくださいね。実際はキャンセルして即予約・・・でしょうか。ポイントが余ってるなら取り直してから過去の予約を消すのが安心ですね。

なお、SPG側に存在していたポイントと現金を組み合わせるポイント&キャッシュが今後も残るかは不明。今のところ情報無しです。

7泊分の宿泊とマイルのセットで交換できるトラベルパッケージについても現状は未定です。

 

マイル移行

mosari的に一番気になってた部分が貯まったポイントをこれまでどおり高レートでマイルに移行できるかでした。

結論から言うとボーナスマイルは変わらずで改悪無しでした!

3ポイント=1マイルで交換でき、60,000ポイントごとに5,000マイルのボーナスが付きます。60,000ポイント=25,000マイルですので現SPGの20,000スターポイント=25,000マイルと変わらずです。

交換先となる航空会社も追加され40もの航空会社のマイルと交換できるようになりました。

8月には、提携航空会社は合計40社を超え、会員のお客様はこれまで以上に多くの提携航空会社をご利用いただけるようになります。

  • カンタス航空
  • ジェットブルー
  • トルコ航空

が追加される予定です。

カンタス航空はJALと同じワンワールド、トルコ航空はANAと同じスターアライアンスですね。ジェットブルーはアライアンス非加盟ですが、スターアライアンスに加盟しているドイツのルフトハンザ航空が株主になっています。

トルコ航空ってターキッシュエアラインズ(TK)のことですね。TKの特典航空券はANAよりも少ないマイル数でヨーロッパに行けるのでSFCを持っている人は選択肢になりそうですね。

ざっと並べてみると・・・

ワンワールド

  • アメリカン航空
  • ブリティッシュエアウェイズ
  • JAL
  • ラタム航空
  • カタール航空
  • カンタス航空

スターアライアンス

  • エーゲ航空
  • エアカナダ
  • 中国国際航空
  • ニュージーランド航空
  • ANA
  • アシアナ航空
  • アヴィアンカ航空
  • ルフトハンザ
  • シンガポール航空
  • タイ国際航空
  • ユナイテッド航空
  • トルコ航空

スカイチーム

  • アエロメヒコ
  • アリタリア航空
  • 中国東方航空
  • 中国南方航空
  • デルタ航空
  • エールフランス航空
  • 大韓航空
  • サウジアラビア航空

無所属

  • アラスカ航空
  • エアアジア
  • エミレーツ
  • エティハド航空
  • ゴル航空
  • 海南航空
  • ハワイアン航空
  • ジェットエアウェイズ
  • ヴァージンアメリカ航空
  • ヴァージンアトランティック航空
  • ヴァージンオーストラリア
  • ジェットブルー

※ニュージーランド航空、ユナイテッド航空、ゴル航空は現状レートが悪いので注意。

凄まじい量ですね・・・ざっとわかっている範囲で38の航空会社ですね。お知らせでは40とあったので後2社追加されるっぽいですね。

日本人にとって馴染みのある航空会社はわずかでありますが、世界中の人が参加するマリオットホテルの提携プログラムですからね。世界中の人に愛されることが安定した経営基盤を生みますし、もしかするとあっと驚くお得な発券ルートなんかも見つかるかもしれません。楽しみですね。

 

現時点で判明している情報はこんなもんでしょうか。

たぶん多くの人が気にしているのがSPGアメックスはどうなるの?ってことかと思いますがこれも継続です。

 

SPGアメックスについて

SPGアメックス

3年ほど前から人気が爆発しているSPGアメックスですが、こちらも引き続き継続が決定しました。ヨカッター。

 

新プログラムでポイントの持ち方が変わったこともあり、幾つか変更があります。

 

sgp_marriott_new

これまではショッピング100円毎に1スターポイントでしたが、ポイントの統合に伴い100円につき3ポイントになります。特に価値が変わるようなことも無かったのでこれまでどおり100円=1.25マイル換算でOKです。還元率1.25%の優秀なクレジットカードです

 

sgp_marriott_new

2018年7月までSPG/マリオットホテルへの宿泊料金は100円につき1スターポイントのボーナスがついて2スターポイント手に入っていましたが、これもボーナスが3ポイントになり6ポイント獲得できる形で変わらずに継続です。一応2018年12月31日(月)までの間のボーナスキャンペーンとなっておりますが、これまでも延長続きだったので今度も・・・?

 

sgp_marriott_new

これまで更新時のボーナスで「エリート会員資格取得用のボーナス実績」と「無料宿泊特典」がありました。

今までは2滞在、5泊分のボーナスでしたが、滞在の概念が無くなるため、5泊分の実績だけに変更になります。

これまでプラチナになるには25滞在でOKだったのが今後プラチナを維持しようと思うと50泊必要になるのでハードルが一気に上がっちゃいますね。。。

無料宿泊特典は対象となるホテルにマリオット側のホテルが選べるようになりました。これは素直に改善ですね。

世界中のSPG/マリオットグループのホテルが対象となりますが、日本だけでもSPGで20、マリオットは21ものホテルがありますので選択肢がほぼ倍になりますね。

無料宿泊特典はカテゴリー1〜6までのホテルが対象です。統合後のカテゴリー分類はまだ未定ですのでご注意を。2019年にはカテゴリー8ができるので、最上級の8だけが対象外になるのか、7と8が対象外になるのか要注目ですね。

こちらはアメックスのサイトに掲載されている案内で、変更される部分が記載されています。

sgp_marriott_new

こちらにははっきりと2018年8月からは”ゴールド会員資格”って明記されてますね。

現SPGゴールドはマリオットゴールドだ→マリオットゴールドは新プログラムでプラチナだ→SPGアメックスユーザーは新プログラムでプラチナだ!

って思っちゃいますが、ゴールドですよ!ゴールド!

参考に新プログラムのゴールド特典の一覧をまとめると・・・

特典/ステータス ゴールド
無料のインターネットアクセス
会員料金
モバイルチェックイン
予約保証
ポイントボーナス 25%
優先レイトチェックアウト 14時まで
専用予約ライン
ウェルカムギフト ポイントのみ
アップグレード ○プリファードルーム

 

現時点で発表は上記になりますが、

sgp_marriott_new

WEBサイトには「NEW BENEFITS COMING SOON!」の文字があるので追加の特典も発表されるかもしれませんね。

なお、アメックス自体に付帯している無料手荷物配送やカードラウンジの利用、海外旅行保険なんかは変更無しです。

ということで使い勝手とてしては大きく変わらず、ですね。

現マリオットゴールドが手に入っていたのでマリオット側に宿泊する際は朝食が付帯していた点は無くなりますが、これまでがおかしかっただけなので。

代わりに宿泊時に手に入るポイントも多くなりますし、無料宿泊特典も使い道が増えます。しかも2018年中なら最上級カテゴリーにポイント宿泊も10,000スターポイント少なくて済みます。

まとめると・・・

  • ショッピングで得られるマイルは変わらず
  • マイル移行の使い勝手も変わらず(移行先は若干増える
  • 無料宿泊特典はマリオット側も利用可
  • 付帯するホテルステータスはマリオット側であった朝食が無くなる
  • レイトチェックアウトは16時から14時に
  • 宿泊時に獲得できるポイント自体は増える
  • 2018年中はお得なポイントで宿泊ができる
  • 今後プラチナ維持には50泊が必要

といった感じでしょうか。

個人的にSPGアメックスの利点は実質無期限で高還元率で日々のショッピングでポイントが貯まり、好きな時に好きな航空会社のマイルに高レートで移行できる点だと思っているので特に価値は変わらず、貴重な1枚という位置付けです。

2018年も引き続きメインカードとして決済していきます。

統合後が不安で発行を迷っている方がいらっしゃいましたら自信を持っておすすめいたします。

1マイルの価値はざっくり2円〜5円になります。我が家は基本的にビジネスクラスの特典航空券に変えているので5円ほどの価値になっています。

今年はJALマイルを使ってエミレーツのヨーロッパ行きのビジネスクラスを発券済みです。

JALマイルを使ってエミレーツの特典航空券の空席確認方法

2018.03.04

つまり日々の買物で100円毎に1.25マイル×5円分の価値とすると約6.25円分が特典航空券に還元されていることになります。

消費税分とはいきませんが日々のショッピングで確実に特典航空券に近づいていきます。決済額は人それぞれですが無期限で貯められますので、じっくり貯められるのでOKなんです。JALやANAのマイルは3年で失効してしまいますからね・・・

私はこんな感じでJALカードと使い分けて日々のショッピングを効率的にマイルに還元しています。

JALカードの使い分け 特約店とWAONを正しく理解しよう

2017.05.03

なお、マリオットのプラチナ資格が簡単に手に入るプラチナチャレンジも継続中。統合前にマリオットプラチナを手に入れることで統合後のプラチナステータスを手に入れることができるかもしれません。まだ受付てくれるようなのでプラチナチャレンジ達成者は引き続きプラチナになると思いますが・・詳細は未定だったりします。

Hiltonのダイヤが無くなったのでSPGとマリオットのプラチナを目指す?

2018.04.07

mosariもスーパー悩み中です。ちょうど8月にヨーロッパへ行く予定があるのでそれまでにプラチナ持っていたら快適だろうなーなんて。

 

まとめ

最後に簡単に今回発表された内容をまとめてみると・・・

  • 統合は2018年8月1日から開始
  • リッツカールトン、SPG、マリオットのアカウントがひとつに統合
  • 今後の実績は宿泊のみ(2018年のみSPGの滞在は残る)
  • SPGのスターポイントは3倍されてマリオットのポイントに統合
  • 2019年初旬に新プログラム名が発表、カテゴリー8とピーク、オフピーク期間が追加
  • 新プログラムは5つのステータス
  • 朝食とラウンジは50泊以上のプラチナから
  • SPGアメックスは継続
  • マイル移行レートも従来通りで5000マイルボーナスあり
  • トラベルパッケージ、ポイント&キャッシュは不明
  • 2018年中はSPG側のホテルのポイント宿泊がお得

といったところでしょうか。

SPGアメックスのポイント部分の使い勝手が変わらなくて本当に安心しました。とにかく日々のショッピングが特典航空券に近づく優秀なカードです。

会社の接待費や出張費とか建て替えられる人が本当に羨ましいです(;´∀`)

入会初年度は10,000スターポイントがもらえるキャンペーンがあるので簡単に年会費の元はとれますし、更新時は無料宿泊特典でこれまた簡単に元をとることができちゃいます。

なお、知り合いにアメックスホルダーがいらっしゃる方は紹介してもらうと入会特典が12,000スターポイントになりますよ。

SPGアメックスが気になる方はこちらの記事に詳細をまとめていますので参考にどうぞ。何か不明な点などあればお気軽にお問い合わせください。

SPGアメックスはJALマイラーにおすすめ。最強カードの実力とは

2016.12.10

いきなりの発表でびっくりした方も多いと思いますが、基本的に好感が持てる内容だと感じています。

それではよいホテルステイを!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


---旅行好きなあなたへ---
マイルを貯めてビジネスクラスはいかがですか?
mosariも愛用中のクレジットカードの魅力とは?
2017年メインカード

8 件のコメント

  • 情報ありがとうございます。
    とりあえずマイル用として使用していきます。
    追加項目が改善である事を祈るばかりです。

    • Boo様

      こんばんは〜。
      そですね。マイル用としては間違い無く便利なので。
      カミングスーンなんて期待させるような書き方なので改善だと信じてます(;´∀`)

  • おはようございます。
    等価交換で安心しました。郵送のご案内を見ると今までの
    3倍も貰えて3%マイル還元!?なんて誤解を招きそうですがw
    あとは1マイルの価値が固定されないことを祈るばかり…。

    • まつ様

      こんばんはー。
      郵送のご案内はちょっと誤解生みそうですよね。マリオット側の話を知らないと価値まで3倍されたように見えますよね(;´∀`)
      1マイルの価値は今後どうなりますかね・・・ポイントサイトでマイルが増殖されている現状、お得になるってのは考えにくいですからね┐(´д`)┌

  • mosari 様

    ご無沙汰しております。

    本日(現地時間5/10)メキシコに到着しました。

    そして今回は、マリオットに初宿泊です。

    部屋は、あっ府グレードされ最上位階から3番目の14階になりました。(^o^)
    部下はリワードメンバーでは無いので、4階のままです。申し訳ない(^_^;)

    そして、ラウンジの利用も勿論入ってました。(* ̄∇ ̄*)

    さらには、ネットで予約だと$135なのですが、客先の手配によりコーポレートの破壊力のお陰で$99にディスカウントされました。(* ̄∇ ̄*)

    夕食は、ホテル内のレストランでゆっくり摂り、今は最上階のラウンジで夜景とお酒を楽しんでます(^o^)

    これもmosari 様のブログに出会えたからこそです。ありがとうございます。

    これからも楽しみたいと思います。

    PS. メキシコは道のりが長いので自腹でアップグレードしちゃいました。
    往路はプレエコしか取れませんでしたが、復路はビジネスです。
    疲れきった身体にはとても助かります。(^o^)

    では。

    • けん様

      こんにちはー。
      おぉ。メキシコなうですか!
      先輩がアップグレードされたら後輩くんも憧れること間違い無しですな!
      先方手配の格安レートでも対応してくれるなんて素敵なホテルですね。

      それにしてもホテル内で夕食からのバーで夜景とお酒を楽しむなんて大人な過ごし方で羨ましい限りです(∩´∀`)∩
      いいなぁ!出張!全く英語しゃべれない役立たずなので無縁ですが(;´∀`)

      アップグレードの選択はGoodですね。メキシコは遠いですがその分ビジネスクラスを満喫できますもんね。
      メキシコだとANAが直行便あるんでしたっけ?
      素敵な出張になりますように!

      • mosari様

        こんにちは。

        因みに、メキシコは英語はあまり通じません。
        公用語はスペイン語なんです。
        空港・ホテル・レストラン・観光地等外国人相手の場所は
        大丈夫です。

        ANAは直行便がありますがメキシコシティなのでカンクンや他の都市への
        乗り換えは不便と聞いています。※アグアスカリエンテスもそうです。

        それにしてもダッシュナイン(787-9)は素晴らしいですね。
        フルフラットも最高ですが、直角でも全然お尻が痛くならないシートに感激です。

        シャンパンもワインも上質な物が揃っていました。
        そしてPaul&JoeのリップDuo(機内限定品)も奥さんと娘に買っちゃいました。
        猫の顔が金太郎飴みたいになってる物です。可愛いですよ。
        ついでに自分へのお疲れ様で『森伊蔵』(ファースト・ビジネス限定)を買っちゃいました。(笑)

        • けん様

          Hola!(オラ)
          公用語はスペイン語なんですね。
          ヨーロッパにまだまだ行きたい国があるのでmosariがメキシコにたどり着くのは何年後なんでしょうか・・・
          まだアメリカにすら行ったことないですからね(;´∀`)

          おぉ。楽しみにしていたビジネスクラスも満喫されたようでよかったです。
          奥様と娘様へのお土産もナイスチョイスですね。森伊蔵もゲットできたようで何よりです。
          こんな話を聞いてると私も飛行機乗ってどっか行きたくなっちゃいますね。
          8月に予約してる分があるので後3ヶ月・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です